Twitterを始めました。よろしければフォローください。

大失敗! パタヤでリタイアメントビザ取得を却下されました

2017年1月25日にパタヤのイミグレーションオフィスに、リタイアメントビザの申請に行ってきましたが、80万バーツの預金期間が60日に満たないため却下されました。お恥ずかしい限りですが、失敗体験談として情報共有させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ リタイアメントビザ概要

タイのリタイアメントビザの概要と私が準備した書類を紹介します。

必要要件

主なリタイアメントビザの主な発給要件は下記の通りです。

・年齢が満50歳以上
・タイ国内に80万バーツ以上の銀行預金か、月額6万5千バーツ以上の年金収入がある

銀行預金はタイの銀行に3ヶ月以上の預金期間が必要との説もありますが、初回は90日の仮ビザになるため不要というのが私の見解です。また、正式にタイ国内に外貨を持ち込んだ証明として、送金証明書か持ち込み証明書が必要になります。

申請に用意した書類

リタイアメントビザの申請のために備えた書類は以下のとおりです。

・パスポート原本
・パスポートのコピー(顔写真、入国スタンプ、出国カード)
・写真 1枚
銀行の残高証明書
外貨の持ち込み証明書
・預金通帳
・預金通帳のコピー
・アパートの賃貸契約書

銀行の残高証明書は前日にSCB(サイアム・コマーシャル・バンク)に行き、200バーツで発行してもらいました。私の場合バンコクで開設した銀行口座ですが、パタヤでも問題なく残高証明書を入手することができました。

外貨の持ち込み証明書はハンドキャリーで現金を持ち込み時に、ドンムアン空港の税関で発行してもらいました。私は40万バーツ分の証明書しか持っていませんが、パタヤは証明書不要との情報もあるのでこの金額で挑戦してみました。

リタイアメントビザ申請失敗

パタヤのイミグレーションオフィスでリタイアメントビザの申請を却下された時の経緯です。

イミグレでの失敗経緯

イミグレーションオフィスに行って、受付でリタイアメントビザの申請書(ビザなし入国はTM8.7)をもらいます。申請書を記入したら、再び受付で記載内容と書類の簡単な確認をしてもらい、整理番号を受け取ります。パタヤの初回リタイアメントビザ申請はカウンターではなく7番の部屋で行うため、直接部屋に入っていく(番号は呼ばれない)必要があります。

部屋の中には上級職らしい職員がリタイアメントビザの申請者対応をしているようです。リタイアメントビザを取りたいと告げて書類を提出すると、パスポート(年齢)と入国スタンプの確認が終わり、銀行通帳の確認へと進みました。しかし、ここで銀行預金の60日間(90日ではない)の預け入れ期限を満たしていないと告げられて、リタイアメントビザの申請は失敗に終わりました。

その後はVIPビザという銀行預金無しで取れるビザの提案を受けましたが、怪しげなビザのため断りました。ちなみにVIPビザは15ヶ月のリエントリーパーミット付きのビザで、1万6千バーツと言っていたように思います。

今回はビザ取得を一旦出直すことを決意し、係員に30日間のビザ延長をしたあとでマレーシアなどに出国して帰ってくれば問題ないことを確認して退散しました。

リクワイアメント(要件表)の内容

申請書と一緒にリクワイアメント(要件表)をもらいましたので共有しておきます。5番が預金に関する記載内容です。

5-1.銀行の送金証明書が必要
5-2.預金通帳の全ページコピー(80万バーツを下回らないこと)が必要
5-3.外貨の送金証明証が必要

私が見る限り預金期限について何一つ記載されていませんが、60日の預金預け入れ期限が必要というのが現在のパタヤ・イミグレのローカルルールのようです。法令と運用が一致しないとか、運用方法が頻繁に変わるのは、東南アジアではよくあることなので諦めることにしました。

今後の対応

今後はノービザから30日間のビザ延長を行い、延長期限ぎりぎりまで滞在した後で、一旦隣国に出国し、再度リタイアメントビザの申請をする予定です。私の場合、送金証明書を40万バーツ相当しか持っていないので、このままで再挑戦するか、不足分の送金証明書を取得するか、もう少し情報収集してみます。

パタヤに到着してから、アパート探し、免許証取得とトントン拍子で進んできましたが、ビザ取得で大きくつまずいてしまいました。幸いにも私の場合はノービザでもまだ入国できると思われるため、ビザエージェントに頼らずに自力で再チャレンジしてみます。

本日は失敗体験記でしたが、進展がありましたらまた報告したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビザ・行政手続
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. スナフキン より:

    初めまして、こんにちは。私も最近パタヤへ越して来ましたが、こじんまりして良い街ですね。

    Oビザですが、パタヤは特殊らしく、初回申請時も入金後60日経過していないと受付していないようです。パタヤのペラ紙も、「or 」以降にある肝心な説明が割愛されており、わかりにくいですな。(バンコクでは、イミグレサイトの通りで、初回申請時の預入期間指定はなく、申請後60日間残高を維持することにより、Oビザの延長許可がもらえます。)

    新設予定の10年ビザでは、今の申請資金80万バーツが、300万バーツへ変更されるらしいので、取得はお早めにどうぞ。
    http://www.newsclip.be/article/2016/11/23/31279.html

    • Shepard より:

      スナフキン様
      当ブログ開設以来の記念すべき初コメントをありがとうございます。また、ご近所様ということで今後とも宜しくお願いします。
      貴重な情報を提供いただきありがとうございました。私も決して語学が得意な方ではないので、自分の理解で正しいのか不安でした。
      60日間(90日間と認識)はこれまで聞いたこともなく、文書で見たこともなかったので心配でした。私の理解で正しいようですのでノービザ30日間延長したあとで再入国して、トライしてみます。ビザ要件が緩いのもパタヤを選んだ理由の一つですが裏目に出てしまいました。パタヤでは不要とされる送金証明書を持っていないのが一抹の不安ですが。
      10年ビザ新設後もOビザは維持されると解釈していたのですが、実際の運用はどのようになるのでしょうかね。貴重な情報をいただきありがとうございました。

  2. スナフキン より:

    再びこんにちは

    送金証明書ですが、本ビザは外国資金が目的ですので、持込証明書等は必要です。軍政権で厳しいおり、運任せにしてわざわざ断わられる理由を作るより、書類を揃えて行くほうが懸命です。

    私も諸処手続きは自分で行いましたが、持参書類は残高、送金証明書ぐらいですし、それもタイ銀行の発行物だけで十分との事でした。

    • Shepard より:

      スナフキン様
      再び有益の情報をいただきありがとうございました。
      軍事政権発足はパタヤでも影響がありましたか。
      40万バーツくらいはハンドキャリーした時に税関で発行してもらった外貨持ち込み書がありますので、残りをどうする考えてみます。
      ありがとうございました。

  3. J‐kyoko より:

    はじめまして

    私も去年9月に日本でロングステイビザを取得し、タイに来ました。それまで地方の友人宅にホームステイしていましたが、4月からチェンマイでタイ語を習っています。
    たまたまブログを拝見し、時々読ませていただいてました。

    で、今回はお聞きしたいことがあって、コメント欄をお借りして質問させていただきました。

    7月に日本に帰るのですが、9月のビザ延長をどうしようか思案中です。
    日本で取るなら、また一からの手続きになりかなり面倒なので、チェンマイでどうにか延長したいのですが、80万バーツがネックです。預金期間は必ず3か月必要なのでしょうか。ネットの情報ではいろいろで不確かです。

    9月のロングステイビザの期限後、更新手続きのために、30日の延長とかできるのでしょうか。
    もしご存知なら教えていただけませんでしょうか。

    近々、チェンマイのイミグレーションに問合わせにはいく予定ですが・・・。
    よろしくお願いいたします。

    • Shepard より:

      J‐kyoko様

      私の理解の範囲で回答させていただきます。

      英語のビザ要件を読む限り、初回リタイアメントビザ(90日)申請時に3ヶ月の預金期間は不要というのが私の理解です。
      しかし、チョンブリ(パタヤ)のイミグレでは明確に3ヶ月の預金期間は要求されました。
      この辺りは地方、時期によっていろいろな運用がされているようです。

      詳しい事情がよくわかりませんが再入国時にノービザで入国すれば、30日延長で合計60日滞在できると思います。
      現在のロングビザで再入国するのであれば、たぶんビザの有効期限前に新しいビザを更新(切替え)する必要があるのかと思います。

      タイではローカルルールが頻繁に適用されるので詳細はチェンマイのイミグレに確認するのがいいのかと思います。