ジョホールバルからクアラルンプールにマレー鉄道(KTM)で移動する方法

マレーシア内をジョホールバルからクアラルンプールまでマレー鉄道(KTM)で移動する方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョホールバルからクアラルンプールにマレー鉄道(KTM)で移動する方法

近年、マレー鉄道は汽車から電車への切り替えを行っており、頻繁に運行方法が変わっていますのでご注意ください。2017年3月時点の体験記です。

マレー鉄道(KTM)概要

マレー鉄道(KTM)は近年、ディーゼルエンジンの汽車から電気を使った電車に切り替えている最中です。バックパッカー御用達の沢木耕太郎さんの深夜特急(1巻から6巻)の舞台となった寝台電車は、マレーシア内は廃線になりました。以前は、シンガポールからバンコクまで時間を掛けて寝台電車の旅ができたのですが、現在ではタイ国内のみの寝台電車が運行されています。イースタン& オリエンタル・エクスプレスという、世界の車窓からに出てきそうな豪華列車も同路線を運行しています。もっとも値段は30万円以上するため、私には縁がありません。

私は昨年バンコクからペナン島まで約24時間掛けて、寝台電車の旅をしました。その後バスでクアラルンプールまで行きましたので、今回の旅を含めると陸路でマレー半島を縦断したことになります。

 

時刻表と運賃

鉄道でジョホールバルからクアラルンプールに行くには、直行便はなくジェームス駅で乗り継ぎが必要になります。JBセントラル発は昔の汽車、ジェームス発は最新の電車になります。

1.JBセントラル(JB Sentral)→ジェームス(GEMAS) 汽車
2.ジェームス(GEMAS)→KLセントラル(KL Sentral) 電車

電車は1日に数本しかなく、1日でジョホールバルからクアラルンプールに行くには下記の電車になりました。KLセントラルまで、ジェームス駅(GEMAS)での乗り継ぎ時間を含めると、7時間以上の長旅になります。ちなみにシンガポールからクアラルンプールまでバスで5-6時間で行けます。マレーシアの場合は電車よりもバスの方が、一般的だと思います。運賃は合わせて52リンギットでした。

区間出発到着運賃
JB Sentral GEMAS10:0014:2521リンギット
GEMAS KL Sentral15:0017:1231リンギット

路線図(駅は省略) 下から上に向かいます

KTM時刻表 便数はあまりありません(不鮮明ですみません)

チケットの買い方

チケットはマレー鉄道(KTM)の公式WEBサイトから列車と座席を予約できます。ユーザー登録をしてから、電車と座席を指定して、クレジットカードで決済します。Eチケットが発行されますのでプリントアウトすれば実券として使えます。隣の人はプリントアウトせずにスマートフォンに表示させて乗車していました。

リンクはこちらから:マレー鉄道(KTM)予約

予約の手順は以下のサイトが参考になり、サイトを見ながら行えば問題ないと思います。

注意:予約サイトが変更になっているようです。(201//9/28追記)

リンクはこちらから:マレー鉄道の予約方法と料金|マレー鉄道シンガポール~バンコク体験記

予約は10分位で完了し、特に難しいところはありませんでした。約1週間前の予約でしたが半分くらいのシートは既に埋まっていました。各駅で乗降がありますので、通しでシートを確保するには事前に予約しておいたほうがベターだと思います。運賃も安いので、乗れなくても諦めれる範囲だと思います。

Eチケット 印刷して実券として使えます

JBセントラル(JB Sentral)→ジェームス(GEMAS)

チケットには30分前と書いてありますが10分位前にJBセントラル駅に行けば問題ないと思います。マレーシアらしく電光掲示板が消灯しており、機能を果たしておりませんが、電車の発着が少ないので迷うことはないと思います。イミグレーションオフィス側のプラットフォームがシンガポール行き、反対側がククアラルンプールの行きです。改札は日本の様に常時オープンしておらず、電車の出発時間の少し前に開きます。改札が開いたらEチケットを提示し、エスカレーターを降りて停車している電車に乗り込みます。

JBセントラル駅外観 ショッピングモールから見ると巨大です

JBセントラル駅内部 巨大な空間でコンビニなどは内部にあります

JBセントラル駅待合室 マレーシアらしく電光掲示板が消えています

JBセントラル駅改札 Domestic Arrival & Departure Hallと書いてある方に進みます

電車は非常に古いもので、特に機関車は年季が入っています。客室車両はそこまで古くはなく、シートはリクライニングして座り心地もよく、長旅に対して不快ではありませんでした。シートは前後に向きが変わりませんので、進行方向か否かは運次第です。列車の中にはドアが無いものや開けたまま走っている列車もありました。

機関車 機関車トーマスではありませんが年代物で迫力満点です

客車 機関車ほどではありませんが年季は入っています

客車社内 中は意外とキレイでしたが、シートの向きは変わりません

旅程 11駅、4時間35分の旅程です

列車には車掌と清掃員が乗務しており、車掌による検札は出発直後にありました。車掌は親切で、降りる駅の少し手前で教えてくれます。弁当などの車内販売はありませんでしたので、KLセントラルに着くまでの、食料と飲料はジョホールバルで買い込んでおいたほうがいいと思います。道中は見渡す限り一面のジャングルで、都市らしいところは殆どありません。マレーシアらしい風景を見ることができると思います。スケジュールは初め20分くらい遅れていましたが、ジェームス駅には10分位前倒しで到着しました。

景色1 一面を覆い尽くすジャングルです

景色2 ジャングルと広大な大陸です

ジェームス(GEMAS)→KLセントラル(KL Sentral)

終点のジェームス駅は何もない所で、殆どの客は次の電車に乗り継ぎしていました。マレーシアの鉄道は頻繁に遅れるため、乗り継ぎを心配していましたが、ある程度は時間調整されそうな感じでした。ジェームス駅は改札を出る必要はなく、降りたプラットホームでそのまま待てば、反対側のプラットフォームからKLセントラル行きの電車に乗れました。電車の発車後に車掌が回ってきて、検札を行いました。

ジェームス駅 ジャンクション駅ですが、周りには何もない田舎街です

ジェームス駅からはETS(ElectricTrainService)と呼ばれる、電気で動く最新式の電車が運行しています。車両は運行が始まったばかりで、とてもキレイで快適でした。こちらもシートの前後の向きは変わりませんでした。車内販売はありませんでしたが、軽食と飲み物の販売所が列車内にありました。

道中はこちらもジャングルが多くなっていますが、クアラルンプールに近づくと、都市が多くなってきました。こちらの電車も時間通りに、KLセントラル駅に到着しました。

ETS列車 ピカピカの電気駆動の新電車です

車内 車内はキレイですが、こちらもシートの向きは変わりません

車内モニター 最高スピードは140Km/時で、マレー語の映画を映していました

旅程 2時間21分の旅程です(止まらない駅あり)

KLセントラル駅 クアラルンプール到着 おつかれさまでした

今回は乗り継ぎを含めると7時間超えの鉄道の旅になりましたが、退屈もせずに快適に過ごせました。私としては昔の寝台特急も並行して運行してほしいという願いもありますが、これも時代の流れだと思います。

飛行機と違って鉄道、バス、船の長旅は、乗っている時から気分が高揚し、旅をしている実感がします。今後も機会があれば、鉄道、バス、船の旅を続けようと思います。長文を読んでいただきありがとうございまいした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント