タイから日本へ現金を持ち帰る方法 銀行送金、ハンドキャリー他

日本帰国に伴い、タイから日本へ現金を持ち帰った方法をまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイから日本へ銀行送金

タイからの銀行送金について

通常タイから日本へ現金を銀行送金する場合は、ワーキングパーミット(労働許可証)の提示を求められます。私のようなリタイアメントビザ取得者にはワーキングパーミットは発行されないので、外貨の送金証明書を提示して送金をしました。

送金する通貨は日本円からUSドルが現実的な選択肢です。タイバーツは日本の銀行で受け取りできないケースがほとんどで、受領できても日本円への両替手数料が高くなります。

受け取りに必要な日本の銀行情報

日本円の送金であれば通常の日本円口座でも受取可能ですが、USドルで受け取る場合は外貨口座が必要になります。私の場合は新生銀行にUSドルで送金し、その時の事例で説明しますが、他の銀行でも大きな手順の違いはないと思います。

新生銀行はマルチカレンシー口座になっており、通常の総合口座の口座番号でそのまま外貨を受け取れます。また、USドルから日本円への両替手数料も15銭(スタンダードクラス)と格安なので、USドルで送金しました。また、18USドルの外貨の受け取り手数料も、全額キャッシュバックされます。

受け取りに必要な日本の口座情報は以下のとおりです。また、外貨の受け取りにはマイナンバーカードの登録が必要になるのでご注意ください。

口座番号、受取人、銀行名、銀行住所、SWIFTコード
※.いずれも英文(英数字)

タイから銀行送金

タイの銀行はSCB(サイアムコマーシャルバンク)を利用しました。銀行に出向きワーキングパーミット無しでの海外送金の可否を確認すると、海外から外貨送金して持ち込んだ範囲内では可能とのことでした。

私の場合はリタイアメントビザ所得時の外貨送金証明書を提示しましたが、銀行に送金記録は残っているので証明書なしでも可能かもしれません。また送金可能金額は送金時の外貨額で、私の場合はUSドルで1万ドル送金したのを、そのまま1万ドル送り返すことにしました。

また、現金をハンドキャリーした時に空港のイミグレーションで申告した外貨の持ち込み証明書も見せましたが、こちらについては送金不可でした。

外貨送金の手続きは送金依頼表(少し面倒くさい)に記入すると、その場で端末に入力してオンライン処理してくれます。必要事項を入力したモニターを見せてくれて、内容を確認して手続き終了です。手続きには30分くらいかかりましたが、係員がやってくれるので特に難しいことはありません。

送金にかかった費用は銀行の送金手数料が500バーツとタイバーツ→USドル/USドル→日本円の両替手数料です。送金は午前中に手続きしたら翌日朝には着金していました。

両替商で日本円に両替してハンドキャリー

タイでタイバーツから日本円に両替する場合は以下の記事を参考にしてください。私はバンコクのSIAMエクスチェンジとVASUで何回か両替していますが、1回に100万円程度あれば問題なく両替できています。

日本で100万円相当を超える現金を持ち込む場合は、税金は不要ですが税関申告が必要になります。通常の「税関申告書」に加え「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」が必要になります。用紙は空港にあり、申告金額は100万円単位の切り捨てで申告すればいいようです。申告は通常の無申告のレーンで受け付けてもらえ、申告するとスタンプを押した半券をもらえます。申告は特に何も言われませんでしたが、もしかしたら税務署から問い合わせがあるのかもしれないと思っています。

番外編:KT ZMICOの証券口座から銀行送金

番外編としてタイの証券会社KT ZMICO(現KTZに社名変更)から外貨送金をしたときの状況も紹介しておきます。KT ZMICOはタイの証券会社ですが、流暢な日本語を話す日本人対応のスタッフがおり、非居住者でも口座開設できる不思議な証券会社です。

KT ZMICOのオフィスに行って確認してきましたが、証券会社で取引した実績(取引量は不明)があれば海外送金可能とのことでした。口座に入金しただけで株式などの取引実績がないと海外送金は不可能と言っていました。

手続きは証券会社のパソコンを使って自分のオンライン口座にログインして、スタッフに日本語で教えてもらいながら行いました。必要な口座情報は銀行送金時と同じで、日本円かUSドルで送金するのがいいと思います。

日本からでもオンライン手続きでの送金もできるので、緊急時の資金回収には使えると思います。送金費用は銀行送金の手数料に加えて、証券会社の手数料が数百バーツだったと思います。送金日数は手続きから2-3営業日後にでした。

これまで日本に一時帰国の都度、あまり考えずにハンドキャリーで現金をタイに持ち込んでいましたら、結構たくさんのタイバーツがありました。タイ撤退時に現金の持ち帰りには意外と苦労したので、皆様も計画的にタイに現金を持ち込むことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
shepherdをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント