Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤでレンタルバイクの借り方

パタヤでレンタルバイクを借りる方法を紹介します。パタヤのタクシーはメーターを使用しないため都度交渉が必要になるため、レンタルバイクを借りると便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイでバイク運転に必要な免許証

タイでバイクを運転するには国際運転免許証かタイの運転免許証が必要です。国際免許証は日本の運転免許センターや警察署などで申請すれば取れ、有効期限は1年間です。日本で自動二輪(限定は不問)の免許がないと、国際免許証を持っていてもバイクは運転できません

パタヤでは無免許でもバイクを貸してくれますが、事故の際には保険請求ができないため、必ず有効な運転免許証を用意しましょう。パタヤではノービザでも国際免許証から簡単にタイの免許証を取得できるので、頻繁に訪タイされる方はタイ免許を取得するのも一考です。

バイクをレンタル

パタヤにはレンタルバイク屋はたくさんあります。店頭にバイクが並べられていて「Bike for Rent」などと書かれているので、すぐに見つかると思います。私は、ソイブッカオ沿いのセントラルパタヤロード側のお店でレンタルバイクを借りました。

1日当り150-200バーツくらいが現在のパタヤのレンタルバイクの相場だと思います。月借りなら、交渉により3千バーツくらいで借りることはできると思います。バイクを借りるときにはレンタル代とは別に、1,000バーツ程度のデポジットが必要です。1日はバイクを借りてから24時間以内のことです。私のが借りたレンタルバイク屋は、1日目が200バーツ、翌日からは100バーツ/日で、2日間300バーツで借りました。

バイクは日本メーカーのスクータータイプ(シフトなし)がほとんどです。スクータータイプでも排気量は110-150ccあるので、パワー不足で悩まされることはないと思います。

レンタルに必要なものは、パスポートとホテルの住所がわかれば、免許証がなくても借りられると思います。書類に必要事項を記入して、パスポートを提示し、レンタルバイク代とデポジットを支払います。控えの書類を受け取りますが、デポジット返却時に必要になります。私が借りたときはパスポートの預け入れは必要ありませんでしたが、パスポートを預ける必要があるところもあるようです。ホテルのチェックインにパスポートが必要になるので注意しましょう。

手続きが終わると、2つまで無料でヘルメットを借りることができます。その後はバイクの傷などの状態を確認し、気になる所があれば確認し、念のためスマホで写真を撮っておくといいと思います。ガソリン量もタンクを揺すって確認し、あまりにも少ない場合には追加してもらいます。準備ができたらキーを受け取り、簡単なバイクの操作説明を受けて完了です。

ガソリンは必要であればガソリンスタンドで給油しますが、長距離を走行しない限り50バーツも入れれば十分だと思います。また、ガソリンは道端で酒瓶などに入れて小売りしているので、そこで1瓶か2瓶買って補給してもいいと思います。

バイクを返却する時は満タンにする必要はなく、自走できる状態であれば問題ありません。バイクを返却し、デポジットを返してもらいます。

タイは日本と同じ左側通行のため、運転で戸惑うことは少ないと思います。しかし、ノーヘル、短パン、サンダルは当たり前で、信号を守らない人も大勢いるのでにご注意ください。また、事故や交通違反の取締りにも十分ご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント