急募! 日本帰国に伴いバイクをお譲りします ホンダ Moove 25,000バーツ

コロナ騒動の最中にパタヤからセントレア帰国 2020年3月7日

コロナ騒動の最中にパタヤからセントレアまで、ベトナム航空のハノイ経由で帰国した時の様子を紹介します。今回は日本帰国のためゴルフクラブと多額の現金を持っての移動になりました。

空港は通常と比べるとかなり閑散としていましたが、それでもSARS直後に上海まで移動したときに比べると、遥かにマシと言った印象でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤ→スワンナプーム空港

いつもはエアポートバスで移動していますが、今回は荷物が多いためベルトラベルを利用しました。運賃は300バーツと少し高くなりますがコンドミニアムまでの送迎付きなので便利なサービスです。

チケットはノースパタヤバスターミナルのオフィスで予約しましたが、オンライン予約もできます。予約時にホテル名などを伝えれば、乗り合いのハイエースでピックアップに来てくれます。

私の場合はバス発車の30分前に送迎が指定されており、定刻ぴったりに迎えが来ました。ゴルフバッグの持ち込みは100バーツの超過料金を運転手に支払う必要があります。ノースパタヤバスターミナルに着くと運転手からバスチケットを渡され、エアポート行きの大型バスに乗り換えます。バスはほとんど高速道路を走るため、渋滞もなく1時間40分くらいで到着しました。

パタヤからセントレア

スワンナプーム空港

最近はエアアジアが多かったのでスワンナプーム空港へは1年半ぶりですが、中国人がいなくなり静かで閑散としていました。

ベトナム空港のチェックインですが、ハノイまでは予約時にシート指定ができましたが、ハノイ-セントレア間はチェックイン時に通路側のシートを指定しました。また、レガシーキャリアはゴルフバッグなどのスポーツ用品は通常無料で持ち込め、ベトナム空港は事前予約(たぶん予約無しでも可?)が必要です。ただし、スワンナプーム空港の大型荷物は、チェックイン後に搭乗口近くの専用ゲートまで自分で荷物を運ぶ必要があります。

その後の手荷物検査とイミグレですが、空いている以外には、特に変わった様子もなくいつも通りの手続きでした。

搭乗時間まではいつものようにプライオリティパスで入れるエアフランスのラウンジで、ビールを飲みながら休憩です。

パタヤからセントレア

バンコク→ハノイ

バンコク-ハノイ間は予約時から機体が変更されたようで、幸運なことに最前列の足を伸ばせるシートでした。

機内で出発を待っていると突然フライトアテンダントに降機を命じられるハプニングがありました。何事かと思いながら、タラップの途中まで行くとイミグレ職員が待っており、出国スタンプの日付を押し間違えたとのことでした。タイに住んでいるとこのくらいで驚くようなことはありませんが、とりあえず出発客のトレーサビリティーは機能しているようです。

機内の乗車率は60-70%くらいでしたので、思ったよりは混んでいるといった印象でした。また、食事はドギーバッグとペットボトルの配給食に変わっていました。

パタヤからセントレア

ハノイ空港

ハノイ空港ではイミグレ入り口で人だかりができており、健康申告カードの提出が必要になっていました。カードが周りに置いてなく、申告場所の列に並んでカードをもらい、記入後にもう一度列に並ぶ必要がありました。申告カードは英語(日本語もある?)でしたが、パスポート情報、最近行った場所、健康状態などを書くだけです。その後は申告場所で提出するとスタンプを押してもらい半券を受け取ります。半券には健康問題が発生した時の連絡先などが書いてありましたが、搭乗手続きで必要になることはありませんでした。

健康申告を済ませて乗り継ぎ用の手荷物検査に向かいますが、何故か手荷物検査で止められ、別室でパスポートチェック(私は待機)していました。私はベトナムに入国をしていないので、トヤカク言われる筋合いはないのですが、ハノイ空港はトランスファーと出国の手荷物検査が同じレーンになっていることが原因だと思います。

なんとか手荷物検査を終えると新しくできたプライオリティパスのラウンジで休憩です。予約時は3時間半待ちの乗り換えでしたが、スケジュールが変わり5時間半待ちになりました。ハノイ空港のラウンジは時間管理が厳しく、滞在時間が2時間を超えると再チェックインが必要と言われました。プライオリティパスなのでもう一度無料でチェックインすればいいだけですが、ラウンジでこのようなことを言われたことは初めてでした。

パタヤからセントレア

パタヤからセントレア

ハノイ→セントレア

ハノイ-セントレアは私にとって鬼門のANAとの共同運航便です。個人的には深夜便の場合はなるべく眠りたいのですが、このフライトはいつも過剰なサービスの強要を受けます。乗客はベトナム人が多く70-80%くらいの乗車率で思ったより多くの人が乗っていました。

早朝3時半の出発で離陸後にウトウトしかけると、突然機内の電気が点灯してミールサービスが始まりました。現地時間の朝4時ですが何故か朝食が始まり、ドリンクもフルサービスで提供されます。以前の1時半出発のときは離陸直後にドリンクサービスが始まり、着陸の2時間前には朝食が出てきたので、今回は朝食の一回だけになったのがせめてもの救いでした。

セントレア

セントレアの入国ではサーモグラフィーの体温チェックがあるだけで、特に検疫を強化しているようには見えませんでした。

今回は現金を200万円強持っていたので、規則通りに税関申告しました。申告は通常の入国カードの他に支払手段等の携帯輸出・輸入申告書が必要になります。申告は無申告のレーンで受け付けてもらえ、スタンプを押した半券をもらえます。申告額は100万円以下切り捨ての金額でよく、簡単に理由を説明したら、事務的に受け付けてもらえました。もしかしたら、今後税務署から問い合わせが来るかもしれませんが、空港では問題なく現金を持ち込めました。

その後はゴルフバッグが邪魔なので楽天プレミアムカードのカードの無料特典で、手荷物の無料宅配サービスを利用してキャリーバッグのみで実家に帰りました。

今回はハノイ空港での乗り換え時間が長く疲れましたが、コロナ騒動の影響もそれほどなく無事に日本まで帰ってくることができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
shepherdをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. kais より:

    無事帰国、お疲れ様です。
    こんな状況下での貴重なレポート、ありがとうございます。
    大変参考になりました。

    あとエアアジアが、6月まで運休するらしいですね。
    しばらく様子見という感じでしょうか。

    • Shepard より:

      kais様

      私の帰国時は思ったよりもマシでしたが、現在は更に状況が悪化しているようですね。
      今月末にタイに戻りコンドの引き上げがあるのですが、どうなるのわかりません。