Twitterを始めました。よろしければフォローください。

タイでお勧めのホンダバイク 5選

タイで日常の足としてお勧めできるバイクを5車種を紹介します。趣味としてバイクを購入される方は、お好みのバイクを購入すればいいのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイのバイクシェア

少し古くなりますが2016年のタイのバイク販売シェアを見つけましたのでシェアします。

ホンダが圧倒的なシェアで78.7%ヤマハが2位で14.1%を占めており、実際にタイで見かけるバイクはホンダかヤマハがほとんどです。

以上のことから、メンテナンスや売却のことを考えると、ホンダのバイクを選ぶの無難な選択肢だと思います。今回はホンダのバイクを紹介しますが、ヤマハも同じような車種を販売しています。なお、カワサキはスポーツタイプのみでスクータータイプは販売していません。

 ブランド販売台数(台)備考
 HONDA1,371,283
 YAMAHA  246,255
 GPX    28,451タイメーカー
 SUZUKI    23,505
 KAWASAKI    23,635
 Vespa    12,093ベスパ
 その他    37,891DUCATI、BMWなど
 総数1,743,113

出所:prachachat thurakitの集計による

タイバイクの種類と排気量

タイで販売されているバイクは排気量110ccからです。日本のように自動車免許証で乗れる原付(50cc)バイクはなく、日本で自動二輪の免許がないと国際免許証を取得してもタイでバイクに乗れないのでご注意ください。

バイクのタイプは日本と同様で、スポーツタイプ、スクーター、実用車(セミオートマ車)があります。バイクを日常の足として使用するのであれば、シフトチェンジの不要なスクータータイプをお勧めします。

お勧めスクーター 5選

ホンダが販売している、スクータータイプの5種類のバイクを紹介します。いずれも、タイでよく見かけるバイクなので、デザインと予算で選定すれば問題ないと思います。

車種ScoopyMOOVEZoomerCLICKPCX
排気量110cc110cc110cc125cc150cc
価格46,500B49,700B55,000B52,800B77,200B
特徴レトロノーマルスタイリッシュスタイリッシュラグジュアリー

Scoopy、MOOVE、Zoomerは排気量110ccの同じエンジンを使用しており、上位車種としてCLICKは125ccPCXは150ccです。参考までにネットで見つけたバイク価格を掲載しておきます。私がバイクを購入したときには、車両価格以外に諸経費1,300バーツと盗難保険料2,500バーツが別途必要でした。

私は110ccのMOOVEに乗っていますが、80km/hくらい(それ以上は出したことはない)まではスムーズに加速してくれます。幹線道路では少しパワー不足ですが、パタヤの街乗りでは十分すぎるくらいの走行性能を持っています。燃費はチョイ乗りで45km/リットルくらいです。

Scoopy 110cc

Scoopyは最も低価格帯のホンダスクーターです。丸目ライトの独特のレトロ調のデザインは好みが別れますが、予算重視であればScoopyをお勧めします。

Honda SCOOPY

MOOVE 110cc

MOOVEは特徴のないのが特徴といえるようなスクーターです。私はMOOVEに乗っていますが特に不満はなく、購入して満足しています。

Honda MOOVE

Zoomer 110cc

Zoomerはスタイリッシュなスクーターです。若者に大人気で豊富なオプションがあり、カスタマイズしたZoomerを街中で見かけます。デザインが気に入り、街中を乗りこなす自身があれば、Zoomerもいいバイクだと思います。

オプションのカバーを付けないと、ヘルメットインのスペース(小さめ)がむき出しになる点はご注意ください。また、運転したときにハンドリングの間隔が独特の印象を受けました。

Honda Zoomer

CLICK 125cc

CLICKは125ccのスクーターで、110ccスクーターの上位機種になります。角角した独特のデザインで、好みが別れるかもしれません。

Honda CLICK

PCX 150cc

PCXは排気量が150ccで、大きめの車体のスクーターです。車体は見た目で分かるくらい大型で、取り回しが少し大変なように思います。街中のチョイ乗りより中距離の移動に優れたスクーターだと思います。

Honda PCX

ホンダのスクーター5車種の紹介でしたが、いずれも街中でよく見かけるバイクです。ヤマハもホンダの対抗機種を発売しており、ほぼ同様のラインアップです。バイクにあまり興味はなく、実用車を求めるのであれば、今回紹介した5車種から選ぶのが無難だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント