Twitterを始めました。よろしければフォローください。

入門編:パタヤ・バービアの遊び方 前編

パタヤ・バービアの仕組みや遊び方について、入門編として整理しましたが、所詮は場末のバーに過ぎず皆様が好きなように遊べばいいのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤ・バービアの概要

バービア(Bar Beer)とはタイにある格安バーのことで、多くはエアコンのない店舗で営業しています。英語ではビアバー(Beer Bar)と呼ぶのが普通ですが、タイではバービアと呼ばれています。パタヤにはいたることころにバービアがあり、ビーチ側が高くビーチから離れるにつれて安くなる傾向があります。高いと行ってもビールが100バーツ以下で飲めます。

バービアの客層は殆どが欧米人で、欧米人に連れ添っているタイ人がチラホラいる程度です。東洋系はたまに日本人を見かける程度で、韓国人、中国人は殆ど見ません。また、ビーチに近いほどツーリストが多く、セカンドロードを渡ると沈没組の欧米人が多くなります。

バービアは欧米人で成り立っているので、会話は自然と英語かタイ語になります。バービア嬢次第なところもあります、どこでも簡単な英語は通じます日本語はまったく通じないので、日本語でのサービスを求めるのであれば、日本人向けカラオケにでも行ったほうがいいと思います。

バービアでの楽しみ方は人それぞれですが、お酒を飲みながら、バービア嬢と話をしたり、ゲームをして遊ぶことなどが一般的です。また、気に入ったバービア嬢がおれば、店外に連れ出すことができます。

いろいろと説明が長くなりましたが、所詮場末のバーに過ぎないので、自分の好きなように遊べば問題ありません。パタヤのバービアは価格も安くボッタクリもないので、気軽にお店に入ればいいと思います。

システム

バービアに関するシステムを説明します。

営業時間

バービアによって昼頃から営業を始め、原則深夜2時に閉店します。但し、閉店は客次第で、深夜2時以降もダラダラと営業を続けるバービアはたくさんあります。

原則年中無休ですが、年に数回あるタイの禁酒日はアルコールが飲めないので、ご注意ください。

ドリンク価格

バービアの飲み物の価格は概ね以下の価格帯だと思います。ビールがポピュラーですが、それ以外にも色々なドリンクがあります。但し、安酒がメインで、輸入ビール、高級酒、カクテルなどは期待しないほうがいいと思います。

ソフトドリンクを頼んでもまったく問題ないので、アルコールの苦手な方でも安心です。

種類金額備考
ビール50-90バーツシンハー、ハイネケン、タイガー、サンミゲル、レオ、チャーンなど
タイウイスキー40-90バーツウイスキーソーダ、ウイスキー・コークなど
輸入酒100-150バーツブランデー、テキーラ、ウォッカ、ジン、ラムなど 飲み方各種
ソフトドリンク30-50バーツ水、コーラ、ソーダ、コーヒーなど

レディードリンク

レディードリンクバービア嬢にご馳走するドリンクです。話し相手になってもらったり、気に入ったバービア嬢にはレディードリンクをご馳走してあげましょう。もちろん、レディードリンクをご馳走しなくても問題なく、そちらのほうが圧倒的に多いです。

レディードリンクの価格は客が頼むドリンク代にバービア嬢の取り分の50-100バーツ加えた金額が一般的です。1杯120から180バーツが多いように思いますが、大量にレディードリンクをご馳走する場合はご注意ください。

バービアによっては、客と同じ単価のタマダーと言うドリンクをご馳走することもできますが、所見のお店では少し無粋な行為だと思います。

バーファイン

バービアでは気に入ったバービア嬢を店外に連れ出すことができます。連れ出す際にはお店にバーファイン(罰金)を支払う必要があります。ソイブッカオのバーファインは300バーツが相場ですが、500バーツのところもあります。

バービア譲へのチップの支払いは交渉になりますが、私がソイブッカオの相場と思っている金額を記載しております。お姉さん遊びは専門外なので、気になる方はご自身でお調べください。

バーファインバービア嬢
ショート300バーツ1,000バーツ
ロング300バーツ2,000バーツ

会計

会計は完全明瞭会計で、飲み物の料金だけを請求されます。オーダーの都度、伝票をテーブル上の容器に入れてくれるので、伝票を確認すればいつでも値段がわかります

チェックビン(Bill)というと、伝票を集計して会計してくれます。テーブルチャージ、サービス料、諸費税などは一切不要で、ビールを1本だけ飲んで退散してもまったく問題ありません。

チップ

私の考え方ですが、バービアのチップはあまり気にしなくてもいいように思います。通常はお釣りのコインか20バーツ札を置いてくる程度で、チップなしでもあまり問題はないように思います。

お店に払うチップですが、私の場合はたくさん飲んでも、チップ額は最大20バーツくらいであまり変えていません。たくさん飲むことがお店への貢献で、多額のチップは不要だと考えています。

一方で、ビールの安いバー、1本だけ飲んだ時、食べ物を持ち込んだ時は、少しだけ気を使う(最大20バーツ)ようにしています。

バービア嬢へのチップは、親身に話し相手になってくれたバービア嬢に、気が向いたら20バーツをあげる程度です。レディードリンクを奢ってあげれば、飲み物にバービア嬢のチップも含まれると考えれ、チップなしでもあまり問題ないと思います。よくタマダーで一緒に飲んでいるバービア嬢には、飲み友達みたいなものであまりチップは払わず、たまに酔っ払ってお釣りの20バーツ札を渡すくらいです。また、ママにはお店の売上が最大なチップなので、不要でいいと考えています。

チップについては気持ちの問題なので、気持ちよく払える場合に限り20バーツ程度を渡すくらいで、問題ないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バービア
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. KAIS より:

    バービア、いいですよね。

    私のバービアの認識も、同じです。
    最近は、GOGOより、バービア嬢とのコミュニケーションが、楽しいですね。

    また、盛り上がりたいです。

    • Shepard より:

      KAIS様

      バービアは私のような酒好きには最高な場所です。
      安くて気軽に飲みながらバービア譲と遊べて楽しいですね。
      ゴーゴーバーはうるさくて会話にならず最近は行っていません。
      昨日も懲りずに鐘を鳴らしてきました。