パタヤでバイクを買いました2 バイクショップ訪問&車種決定編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤでバイクを買いました2 バイクショップ訪問&車種決定編

本日はバイク購入記事の2回目です。バイクショップ訪問から車種決定までを紹介します。

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました1 基本方針編

バイクショップ訪問 1回目

昨日の記事のようにバイクの購入方針を決めてから、バイクショップに向かいました。基本方針は昨日ご紹介した、以下の3項目です。

1.車種にこだわらない
2.信頼できるお店で購入する
3.スクーター&ヘルメットイン

バイクショップはアパート近くのMityon Pattayaにしました。ホンダの看板が掛かっており、ホンダ系の量販店のようです。Mityonはパタヤの大手バイクショップで支店が何店かあり、整備工場も併設しています。

■Mityon Pattaya

■整備工場

候補バイク3車種

この日は実際にバイクを見て候補に当りをつけて、カタログを持ち帰るのが目的です。店内のバイクの値札を見て、安いバイクを3車種ほど候補にしました。この日は店員から簡単な説明を聞き、カタログを持ち帰りました。諸経費について確認したところ、盗難保険無しで2,000バーツくらいで、あまり高くないことがわかりました。

候補の3車種は、いずれも108ccの同じエンジンを積んでおり、ホンダの廉価版のバイクです。値段は記憶によるもので、アバウトですのでご了承ください。

ZOOMERーX 55,000バーツ

ZOOMERはスタイリシュで若者に人気のバイクだと思います。改造パーツもたくさん売られており、ZOOMERのカスタムバイクがたくさん走っております。

スタイル的にはもっとも気に入っていましたが、オッチャンが乗るには少し小っ恥ずかしい気もします。価格が少し高いのと、ヘルメットインのスペースが狭いのが難点です。

■ZOOMERーX

SCOOPY-i 46,000バーツ

SCCOPYは廉価版のバイクとして人気があります。丸いヘッドライトが特徴的でレトロ調のスタイルを表現しています。スポークホイルなどでコストダウンを行っており、価格的には申し分ないのですが、独特なスタイルを受け入れられるか否かは好み次第だと思います。

■SCOOPY-i

MOOVE 49,500バーツ

MOOVEはもっとも普通のスクーターです。125ccのCLICKや150ccのPCXの下位バージョンになります。排気量が小さい分だけ、車両も小型になり価格も安くなります。廉価版ながら無難なデザインとメットインのスペースが大きかったことから第一候補としました。

■MOOVE

バイクショップ訪問 2回目

アパートに帰り、カタログやウェブサイトをみてMOOVEを軸に購入検討をしました。MOOVEのカタログ(タイ語)が手元になくうろ覚えですが、セールスポイントは以下の項目だったと思います。

・空冷単気筒 108cc
・最大燃費 64Km/リットル
・アイドリングストップ
・12インチキャストホイル
・チューブレスタイヤ
・LEDヘッドライト
・メットインスペース18リットル(?)

数日間考えた末に、MOOVEの購入を決断しバイクショップに向かいました。2回目の訪問はバイクショップの店員も覚えているため、話はスムーズに進みます。実車の確認をしたうえで、最終的な見積りを依頼しました。初めは54,500バーツ程度の提示でしたが、最終的には52,800バーツになりました。特に値切らなかったのですが、ショップからディスカウントのオファーを受けてすんなり同意しました。私としては最安値でなくても、フェアプライスで購入できればいいので異存はありません。希望カラーを伝え在庫を確認してもらい、バイクが来たら電話をくれるとのことでした。この日はデポジットして10,000バーツを支払い終了です。

この日の手続きはアパートの名刺カードとパスポートを提示するだけです。他にはタイ語の書類2枚にサインを求められました。また、後日に居住証明書を取ってくるように言われました。バイクショップ側で登記の手続きはすべて行ってくれますので特に自分でやることはありません。

続いて住所を確認してデポジットに対する書類をバイクショップで作ってくれました。タイの商慣習かどうか分かりません、契約書の類はありませんでした。誤解を避けるためにも、デポジットの伝票の裏に、バイクの型式、カラー、見積り内容を手書きで記載してもらいました。

価格については後談がありまして、納車日の残金支払い時にバイクの仕入れ価格が安かったとの理由でで、1,000バーツの値引きがあり、最終的に51,800バーツになりました。通常は契約後の値引きなど考えられないのです、このあたりのタイらしさだと思いました。黙っていれば分からないと思うのですが、販売価格に反映してくれて正直なバイクショップだと思います。

見積り明細

最終的な購入価格は以下になります。1,000バーツの値引き後の金額です。

項目費用備考
車両本体48,000始めは49,500バーツ
登記、強制保険、税金1,300
盗難保険(2年間)2,500始めは2,700バーツ
ナンバープレート0始めは200バーツ
ヘルメット、ポロシャツ0納車時にサービス
合計51,800

車両価格は最終的に48,000バーツになりました。盗難保険を除く諸経費は全部で1,300バーツですので、日本に較べるとかなり安いように思います。登記費用、強制保険、税金、ナンバープレート交付費のすべてが含まれています。強制保険と税金は1年分ですので、毎年発生します。

盗難保険は2年間で2,500バーツでした。保証内容は盗難時に1年目は車両価格の80%、2年目は60%の保険金が支払われます。任意加入ですが盗難は心配ですので、加入することにしました。

必要書類 ビザと居住証明書取得

バイクの登記に必要な書類はビザと居住証明書です。免許証の提示は必要ありませんでしたが、国際免許証かタイ免許証の取得をしましょう。無免許運転では事故発生時に保険請求できませんので注意しましょう。

登記にはビザが必要と言われましたが、有効なビザの種類は確認しませんでしたので分かりません。長期ビザであれば問題ないと思いますが、観光ビザなどでは微妙だと思います。私は90日間のリタイアメントビザ(7月末まで)で問題ありませんでした。

他に登記に必要な書類として居住証明書が必要です。ジョムティエンビーチのイミグレーションオフィスで取れます。取得方法は以下の記事を参考にしてください。リタイアメントビザのページのコピーが追加になっただけで、前回と同じ方法で取得できました。

リンクはこちらから:タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 中編(居住証明書、健康診断書取得など)

他に購入したもの

バイク以外に購入した備品は以下の3点です。

項目費用備考
ヘルメット419ハーフタイプ
バイクカバー260
雨合羽60
合計739

ヘルメットとバイクカバーはビッグCで購入しました。ヘルメットは安全を考慮してジェットタイプが欲しかったのですが、ビッグCには良いものが置いてなく、暫定的にハーフタイプのヘルメットを買いました。バイクカバーはアパートの駐輪場が屋根なしのため、バイクの保護と盗難防止のために購入しました。雨合羽はダイソーで買い、バイクに積みっぱなしにするつもりです。

■ヘルメット

■バイクカバー

■雨合羽

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました最終回 納車編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント