ビエンチャンからウドンタニーにバスで移動する方法

ビエンチャンからウドンタニーにバスで移動する方法

ラオスのビエンチャンからタイのウドンタニーへ、バスで移動する方法を紹介します。ホテルで送迎付きのバスを60,000KIP(235バーツ)で予約して、2時間40分の旅程でした。

バンコクからビエンチャンに鉄道で移動する方法は以下の記事を参考にしてください。

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 前編

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 後編

チケット予約

ビエンチャンのタラートサオ・バスターミナルから、中長距離バスが発着しています。バスターミナルでもチケットを買えますが、私はホテルでバスの予約をしました。ホテルから予約すると、バスターミナルまでソンテウ送迎が含まれます。ホテルからの料金は60,000KIP(235バーツ)で、バスターミナルで直接購入すると22,000KIPです。少し割高なようにも感じますが労力を考えるとリーズナブルな範疇だと思います。

ホテルからの出発時刻は8:30、10:00、11:00、1:30、2:30、5:00で各30分後がバスターミナルからの出発時刻になります。紹介したのはホテルの時刻表のため、実際の時刻表はバスターミナルで確認ください。

私は当日の朝チケット購入しましたが、特に問題ありませんした。

■ホテルのバスと鉄道の時刻表ビエンチャン ウドンタニー バス

ビエンチャン⇒ウドンタニー バス移動

ビエンチャンからウドンタニーは60kmくらいの距離で、約3時間掛かります。

移動にはラオスとタイの入出国手続きがあり、以下の手順にになります。私が実際に通過した時刻を記載しておきますので、ご参考にしてください。

1.ホテルピックアップ 11:15
2.タラートサオ・バスターミナル⇒ラオス国境 バス 11:30
3.ラオス出国審査 12:05
4.ラオス国境⇒タイ国境 バス再乗車 12:35
5.タイ入国審査 12:40
6.タイ国境⇒ウドンタニー バス再乗車 12:55
7.ウドンタニー到着 市内バスターミナル 13:55

■旅程図 ビエンチャン⇒ウドンタニー 56kmビエンチャン ウドンタニー バス

ホテルピックアップ ソンテウ 11:15

定刻を15分くらい過ぎて、ホテルにソンテウがピックアップに来ました。バス出発に合わせて時間調整しているようで、ジャストタイミングでバスにのることができました。ソンテウはカナダ人と私の2人でタラートサオ・バスターミナルに向かいました。

タラートサオ・バスターミナル⇒ラオス国境 バス乗車 11:30

10分ほどでタラートサオ・バスターミナルに到着し、バス正面に降ろしてくれました。その場でしばらく待つように促され、数分待つとバスチケットを持ってきてくれ、ホテルで貰ったバウチャーと交換しました。

手荷物を預け、バスに乗り指定された座席に座りました。3分の1程度の乗車人員で定刻にバスターミナルを発車しました。バスは老朽化が進んでいましたが、バンコク-パタヤバスよりは少し上位クラスと言ったところです。

バスターミナルで直接チケットを買う場合はここからの手順を参照ください。

■タラートサオ・バスターミナルビエンチャン ウドンタニー バス

■バスチケットビエンチャン ウドンタニー バス

■国境バスビエンチャン ウドンタニー バス

■国境バス内部ビエンチャン ウドンタニー バス

ラオス出国審査 12:05

35分ほどでラオス側に国境に着きました。荷物は車内に置いて、空身で出国審査をします。

ビエンチャンのイミグレーションは半分屋外にあるような簡素な構造です。混雑はなく5名待ちくらいで、パスポートと出国カードを提示して出国審査は完了しました。

出国審査の後に出国税(?)を支払う自動ゲートがあり、朝夕の時間帯やウィークエンドには出国税を徴収されるようです。イミグレーション手前のカウンターでチケットを買い、自動ゲートに読み込ませ出国するシステムのようですが、要領が分からずにそのまま進むと係員が自動ゲートの横のドアを開けてくれて、無料で通行できました。

出国審査に要した時間は5分くらいだったと思います。

■ラオス側国境ビエンチャン ウドンタニー バス

■ラオス側イミグレーションビエンチャン ウドンタニー バス

■出国税徴収の自動ゲートビエンチャン ウドンタニー バス

ラオス国境⇒タイ国境 バス再乗車 12:35

ラオスの出国審査が終わると、乗ってきたバスに再び乗ります。簡単な構成のイミグレーションなので迷うことはないと思います。ラオス人かタイ人の出国審査に時間が掛り、約30分後の出発になりました。バスはタイーラオス友好橋を通りメコン川を渡り、タイ側のボーダーに向かいます。

直接ラオス側国境に来た場合は、客待ちのソンテウでタイ側国境に移動することができます。

■ラオス出国審査後にバス再乗車ビエンチャン ウドンタニー バス

タイ入国審査 12:40

タイ側の国境に着くと、タイの入国審査を行います。タイ側の国境はすべての荷物を持って入国審査をします。入国は空港と同様にエントリ(入国)カードの記載が必要です。荷物検査は形式的なもので、外国人はほぼノーチェックでした。

こちらもガラガラで5分程度でタイ入国審査が終了しました。

■タイ側国境ビエンチャン ウドンタニー バス

タイ国境⇒ウドンタニー バス再乗車 12:55

タイの入国審査を終えると、再び乗ってきたバスに乗ります。すぐ近くにトイレがあるので、心配な方は行っておくといいと思います。

バスは15分ほどの待ち時間でウドンタニーに向けて出発しました。ウドンタニーまでは約40kmの距離で1時間くらいです。

ウドンタニー到着 13:55

ウドンタニーは市内のバスターミナルに到着します。セントラルプラザは繁華街は徒歩圏内なので非常に便利な位置にあるバスステーションです。

ビエンチャンのホテルから、ウドンタニーのバスターミナルまで、2時間40分の旅程でした。バスは少し老朽化が目立っていましたが、途中イミグレーションの乗り降りもあり苦痛となる旅ではありませんでした。

■ウドンタニーバスターミナルビエンチャン ウドンタニー バス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする