Twitterを始めました。よろしければフォローください。

ウドンタニーからコラートまで鉄道で移動する方法

ウドンタニーからコラート(ナコンラチャシーマー)に各駅停車の鉄道を使って移動する方法を紹介します。

同区間はバス移動が一般的で、鉄道移動は時間が掛かる、便数が少ない、エアコン車両がないなどのデメリットばかりです。正直お勧めできる移動方法ではなく紀行記としてお読みいただければ幸いです。

注意:コラート駅の一駅(2.6km)手前の「Thanonchira Junction駅(旧市街地)」で降車してますが、便宜的にコラートと表記した箇所もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウドンタニーからコラートに鉄道移動 各駅停車

時刻表、運賃

ウドンタニーからコラートまでの鉄道は1日に3本運行しています。早朝と深夜を除き昼間の利用しやすい時間帯は、ウドンタニー駅13:40発、コラート駅19:00の普通電車だけです。普通電車はエアコンなしの車両で、3等席のみです。

■ウドンタニー駅⇒コラート駅

ウドンタニーThanon(旧市街)コラート備考
05:5511:2111:25普通
13:4018:5319:00普通
18:5222:3422:39寝台特急

■コラート駅⇒ウドンタニー駅

コラートThanon(旧市街)ウドンタニー備考
06:2006:2611:31各駅停車
16:0016:0721:40各駅停車
23:2822:3303:30寝台特急

同区間の営業距離は305.19kmで、普通電車の3等運賃は56バーツです。運賃は激安ですが、バスでも200バーツ程度なので、節約メリットは少ないと思います。

3等電車に定員などないため、当日駅でチケットを購入すればいいと思います。

■チケット 格安56バーツウドンタニー コラート

ウドンタニー駅

ウドンタニー駅は市の中心部にあり、セントラルプラザからも徒歩10分程度の距離です。

駅に向かう途中にコンビニで飲料とお菓子を購入し、出発定刻の20分くらい前に駅でチケットを購入しました。その後、プラットホームで電車が来るのを待ち、電車が定刻に到着すると乗り込みました。タイの鉄道に改札はなく、自由にプラットホームに出入りできます。

■旅程(地図は道路用)ウドンタニー コラート

■ウドンタニー駅ウドンタニー コラート

■プラットホームウドンタニー コラート

■ウドンタニー駅ウドンタニー コラート

■運行案内 分かりやすいウドンタニー コラート

ウドンタニー駅⇒コラート駅

どんな電車がくるのか楽しみにしていたのですが、到着した電車は朽ち果てたボロ電車でした。4両編成で建造後少なくても60年は経っていると思われ、私がこれまでに乗った電車の中ではダントツのボロ電車でした。エアコンなしの硬いボックスシートで、5時間20分の長旅に耐えられるのか、かなり不安になってきました。

車両は想像通り、エアコンなし、シートがボロボロ、うるさい、ホコリまみれ、運行遅延などの問題だらけでした。ボロ電車にしてはスピード(80kmくらい)だけは出ますが、単線のためすれ違いで何回か停車を余儀なくされて、約1時間遅れでコラートに到着しました。

現在は線路の拡張工事を延々と行っており、砂ボコリで髪の毛がバサバサになってしまいました。もし、電車に乗ろうとする人がおりましたら、マスク、サングラス、帽子、耳栓などを準備することをお勧めします。なお、列車内に食べ物、飲料の売り子は頻繁に回ってきました。

厳しい環境での長旅になりましたが、車両はガラガラに空いており4名掛けのボックスシートを独占できたのがせめてもの救いでした。

■各駅停車電車(汽車)ウドンタニー コラート

■列車内の様子ウドンタニー コラート

■朽ち果てたシートウドンタニー コラート

■扇風機ウドンタニー コラート

■連結部のドア 壊れていて閉まらないウドンタニー コラート

■車窓からの長め タイの平原ウドンタニー コラート

コラート駅

ホテルをコラートの旧市街に予約したため、コラート駅の1つ手前のThanonchira Junction駅で降車しました。私はバイタクで移動しましたが、旧市街なら徒歩圏内の駅です。新市街なら次のコラート駅で降りるのがいいとと思います。

ウドンタニーからコラートまで、心身ともに疲れてた電車の長旅で苦行でした。皆様には決してお勧めしませんのでご注意ください。

■Thanonchira Junction駅地図

■コラート駅地図

■Thanonchira Junction駅1ウドンタニー コラート

■Thanonchira Junction駅2

ウドンタニー コラート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント