Twitterを始めました。よろしければフォローください。

2018ビエンチャン・タイ東北部旅行3 ビエンチャン観光

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018ビエンチャン・タイ東北部旅行3 ビエンチャン観光

ビエンチャンの観光スポット7箇所をレンタサイクルで観光してきました。今の季節のビエンチャンはパタヤの日中よりいくぶん気温が低いようですが、それでも汗だくになりました。自転車では駆け足で回っても2.5時間くらいかかり、誰にでもお勧めできるようなものはありませんが、観光後のビアラオは格別の味でした。

私の中でのベスト3はパトゥーサイ、タート ルアン、COPEビジターセンターです。

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行1 パタヤ→ビエンチャン移動

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行2 ビエンチャンの印象とお役立ち情報

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 前編

リンクはこちらから:バンコクからビエンチャンに鉄道(SRT)で移動する方法 後編

リンクはこちらから:ビエンチャンからウドンタニーにバスで移動する方法

タートダム(That Dam)

タートダムはロータリーの中心にある仏塔で、表面を草が覆い尽くしています。

■草で覆われた仏塔ビエンチャン観光

パトゥーサイ(Patuxay) 3,000KIP

パトゥーサイはビエンチャンのランドマークで、パリの凱旋門をモチーフに作られました。3,000KIPの入場料を払うと上部まで登ることができます。観光地化されており、自転車の駐輪料も3,000KIP必要でした。

■ビエンチャンランドマークラオス旅行

■上部より市内を一望ビエンチャン観光

タート ルアン(That Laung)他 10,000KIP

タート ルアンには高さ45mの仏像があり、ラオス紙幣のデザインにも使用されています。現在世界遺産の暫定リストに登録されており、将来世界遺産に登録される可能性があります。入場料は外国人料金で10,000KIPです。

タート ルアンのすぐ横に入場料無料の寝大仏のあるお寺があり、個人的にはこちらの方がお勧めです。

■尖塔ビエンチャン観光

■寝大仏 ここからタートルアンの隣の寺院ビエンチャン観光

■仏像群ビエンチャン観光

■本堂の内部ビエンチャン観光

■隣接する建物ビエンチャン観光

COPEビジターセンター(COPE Visitor Centre)

COPEビジターセンターはベトナム戦争時のクラスター爆弾(集束爆弾)に関するビジターセンターです。爆弾の模型や義手などの展示があり、戦争の痛ましさを深く感じる場所です。いろいろと考えさせられることが多く、個人的には行ってよかったと思える場所でした。

場所はリハビリセンターの敷地の右奥にあり、無料で入館できます。(募金箱あり)

■COPEビジターセンタービエンチャン観光

■クラスター爆弾模型ビエンチャン観光

■義足の展示ビエンチャン観光

ワット シームアン(Wat Simuang)

タイでよく見かける仏教寺院です。

■本堂ビエンチャン観光

■本堂内部ビエンチャン観光

■仏像ビエンチャン観光

ワット・ホーパケオ(Wat Ho Phra Keo) 10,000KIP

こちらもタイでよく見かける仏教寺院です。入場料は外国人料金で10,000KIPです。

■本堂
ビエンチャン観光

■境内ビエンチャン観光

ワット・シーサケット(Wat Sisaket) 10,000KIP

こちらもタイでよく見かける仏教寺院です。入場料は外国人料金で10,000KIPです。

■本堂ビエンチャン観光

■大仏像ビエンチャン観光

■仏像群ビエンチャン観光

ビエンチャンはラオスの首都ですがこじんまりとした都市で、今回紹介した7箇所とメコン川沿いを回れば、観光地巡りはほぼ終了すると思います。

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行4 ビエンチャン食事

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行5 ウドンタニー

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行6 コラート

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行7 コラート⇒パタヤ移動

リンクはこちらから:2018ビエンチャン・タイ東北部旅行8 総括

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2018ビエンチャン・タイ東北部
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント