タイでバイク運転においての注意事項

タイでバイク運転においての注意事項

タイでバイクを運転する時に、知っておいてほしい注意事項をまとめてみました。

免許証

タイでバイクを運転するには日本で国際免許証を取得するか、タイの運転免許証を取得する必要があります。スクータータイプであっても原付き(原動機付自転車)ではありませんので、自動二輪の免許証が必要になります。

免許証なしでもレンタルバイクは借りられますが、事故の際に保険は降りないのでご注意ください。

国際免許証

国際免許証は最寄りの運転免許センターか警察署で手数料を払い発行してもらえます。有効期限は1年間になります。

日本で自動二輪(クラスは不問)の免許を持っていないと、国際免許証もバイク無しの免許証になるのでご注意ください。。

タイ免許証取得

外国人でもタイで運転免許証を取得することができます。初回は2年間有効な仮免許が交付され、2回目からは5年間有効の本免許になります。

・新規に免許証を取得
・国際免許証からタイ免許証に書換

現在は分かりませんが、パタヤではツーリストでも簡単に国際免許証からタイの免許証を取得することができました。

リンクはこちらから:タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 前編(概要と日本での準備)

リンクはこちらから:タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 中編(居住証明書、健康診断書取得など)

リンクはこちらから:タイ・パタヤで運転免許証を取得しました 後編(陸運局で免許証取得)

レンタルバイクorバイク購入

タイでバイクを運転するには、レンタルバイクかバイクを購入するのが一般的だと思います。

レンタルバイク

パタヤには数多くのレンタルバイクショップがあります。レンタル時にはパスポート(免許証は不要)とデポジットが必要になります。

現在のパタヤは1日当り150-200バーツがレンタルバイクの相場だと思います。月借りであれば交渉によって、3,000バーツ程度で借りられると思います。

ガソリンは自走できる状態で返却すれば、満タンにする必要はありません。

リンクはこちらから:パタヤでレンタルバイクの借り方

バイク購入

タイでバイクは5万バーツくらいから購入することができます。中古バイクもありますが、程度の割に割高だと思います。登録にはビザ(ビザの種類は未確認)が必要だったと思います。

リンクはこちらから:タイでお勧めのホンダバイク 5選

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました1 基本方針編

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました2 バイクショップ訪問&車種決定編

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました最終回 納車編

ガソリン給油 91、95、E20

タイのガソリンは91、95、E20の三種類あります。91はレギュラー、95はハイオク、E20はエタノール混合ガソリンです。通常は91のレギュラーを入れれば問題ないと思います。ガソリン価格は1リットルで30バーツくらいなので、日本よりは若干安くなります。

給油はバイクの給油キャップを自分で開けて、店員に給油してもらいます。店員には単語で91(Ninety-one)、満タン(Full)などといえば通じます。給油量は50バーツなどと金額指定することも可能です。

交通ルール

タイの交通ルールは日本と同じ左側通行ですの、大きな混乱はないと思います。

タイでは車とバイクが入り混じっており、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。タイ人は空きスペースがあれば早い者勝ちのような運転をしますが、総じて緩慢な動きをします。少しイライラしますが、あまり急な動作はしないので、車の動きは読みやすいと思います。

殆どは日本の運転と同様ですが、特に注意すべき点を記載しておきます。

赤信号で左折可能

タイでは赤信号でも止まらずに左折できます。最初は少し戸惑いますが、慣れれば非常に便利なルールです。目的地には時計回りのルートでいくと、若干早く行くことができます。

パタヤでは赤信号の左折に関して、一部例外がありますのでご注意ください。サードロードなどで左折時にも停車が必要な標識があります。

信号待ち

タイの信号待ちは長いので気長に待ちましょう。日本は対面と左右の2段階で切り替わるのがほとんどですが、パタヤでは1方向ずつ4回に分けてローテーションする信号が多くなっています。

駐車禁止

白と赤のゼブラにペイントされた縁石は駐車禁止エリアになっています。駐車禁止の標識もありますのでご注意ください。

高速道路通行禁止

タイでは排気量のいかんに関わらず、バイクの高速道路は通行禁止になっています。遠出の際には頭に入れておいてください。

検問、罰金など

タイでも日本と同様に、交通違反による罰金はあります。ノーヘルメット、無免許、信号無視、一旦停止無視、強制保険切れ、飲酒などが、主な取締対象になっています。飲酒以外は軽微な違反とされているようで、最大1,000バーツ程度の罰金か警官への裏金ですむようです。

また、特定の場所で検問もよくやっています。検問で止められても免許証と強制保険の期限(ステッカー)が確認できれば、放免されると思います。真偽は分かりませんが、警官の小遣い稼ぎのために頻繁に検問を行い、裏金はタイ人と外国人で異なるとも聞いたことがあります。

以上のタイのバイク事情についてでした。交通ルールを遵守して、楽しいバイクライフを送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする