パタヤでコンドミニアムの借り方4 ネットでコンドミニアムの探し方

今回はネットでコンドミニアムの部屋を探す方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

タイでコンドミニアムを借りるには不動産会社経由以外にも、直接オーナーと交渉して借りる方法も一般的です。家賃は不動産会社経由のほうが10%くらいは高くなりますが、入居後や退去時のトラブルなどを考えると不動産会社を通しておいたほうが安心感があり、ここでは不動産会社を通して借りる方法を前提にします。

不動産会社に訪問する前に、事前にネットを利用して具体的な部屋候補を見つけておくことをお勧めします。不動産会社で希望の条件を伝えて紹介してもらうこともできますが、不動産会社同士の連携が少なく、すべての空き部屋を紹介してもらえるわけではありません。

■コンドミニアム探しの手順
1.ネットでコンドミニアムの候補を探す
2.コンドミニアムの実地調査
3.ネットで部屋の候補を探す
4.不動産会社訪問

ネットでコンドミニアム探し

やみくもにコンドミニアムを探し回るより、ネットで各コンドミニアムの立地、予算帯、築年数などを事前に把握することをお勧めします。ネットでコンドミニアムを検索できるサイトはいくつかありますが、私はhipflatのサイトを主に使用していました。hipflatのサイトは予算などでスクリーニングして、地図上に表示できるため網羅的にパタヤのコンドミニアムを把握するのに便利です。

リンクはこちらから:hipflatのサイトへ

立地、予算などで絞り込み、まずは候補のコンドミニアムを何箇所かを探します。この段階ではコンドミニアムの部屋までピックアップする必要はなく、コンドミニアムの建物全体としてよさそうな候補を選んでいきます。

私は2ヶ月間くらい毎日hipflatのサイトをウォッチしてきましたが、あまり物件が動いている様子はなく、常に空き部屋はたくさんありました。

コンドミニアムの実地調査

よさそうなコンドミニアムが見つかったら実地調査に行き、建物の外観、アクセス、周辺の飲食店、騒音状況などを確認します。私は敷地の外から確認する程度で、敷地内の確認は部屋の内見時にしましたが、守衛に頼んで共用エリアを見せてもらってもいいのかと思います。

タイでは騒音問題が多く、昼間は静かでも夜になると騒々しくなる場所もあるので、昼間と夜の様子を確認することをお勧めします。

ネットでコンドミニアムの部屋探し

住めそうなコンドミニアムが見つかったら、更にhipflatのサイトで具体的な候補となる部屋をピックアップします。部屋の装備、予算、諸条件などを一つづつ確認して、具体的な部屋候補を選定します。掲載されている部屋がすべて不動産会社で内見できるとは限らないので、10部屋くらいピックアップしておくといいと思います。

部屋の選定が終了したら不動産会社に行きますが、内見から契約までの方法は次回にお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント