炭水化物主体のチートデイをやったらダイエット失敗???

ダイエット中に炭水化物主体のチートデイを取り入れてみましたが、あまり良い結果にはなりませんでした。

飲酒によるチートデイ(?)の結果はこちら↓

リンクはこちらから:ダイエット中の飲酒の影響を実験

以前のダイエットのチートデイの結果はこちら↓

リンクはこちらから:ダイエットにチートディを取り入れた結果 成功

リンクはこちらから:ダイエットにチートディを取り入れた結果 2回目 結果微妙

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チートデイの効果は?

基礎代謝が戻る

ダイエットを続けていくと体が低エネルギー(カロリー)に慣れてしまい、基礎代謝が低下すると言われております。例えると体が飢餓の時代を感じ取って、自動的に省エネ運転モードに切り変えるようなものです。

このようにダイエットを続けると基礎代謝が少しずつ落ちて痩せにくくなりますが、一気にどか食いをすると体が飽食の時代が来たと勘違いして、基礎代謝が戻り痩せやすくなると言われています。

私の体感ですが、ダイエットを続けていくと次第に基礎代謝が低下するのは事実で、ダイエット終盤になるほど痩せにくくなります。しかし、1日どか食いをしただけで基礎代謝が元に戻ることには、科学的なエビデンスも乏しく懐疑的に思っています。個人的には基礎代謝が戻るには数日から1週間程度の期間が必要だと思っています。

精神的な影響

一方でダイエット中は食事の制限が多くストレスが溜まり、1週間に1度くらい好きなものを食べることは悪いことではないと思っています。

こちらは精神的な効果で、人それぞれでいいと思いますが、私の場合は「自分に負けた」感じと少しだけ「罪の意識」を感じます。もともと期間を決めた短期的なダイエットなので、チートデイを入れて一時的に停滞するよりは、1日でも早くダイエットを終えたい気持ちのほうが強いようです。

チートデイを試した理由

チートデイの効果については諸説あるようですが、私はどちらかというと否定的な考え方を持っています。しかし、人間の身体は複雑で科学で解明できないこともたくさんあり、また多くの先人達がチートデイを実践されていることも事実なので完全否定もすべきでないと思います。私の感覚ですがボクサーやボディビルダーなどストリクトに減量をしている人で、チートデイを取り入れているのは半々くらいのように思います。

今回はダイエットの停滞期が訪れていたので、思い切って実験的にチートデイを取り入れてみました。但し、油まみれのジャンクな食べ物を食べるにはどうしても抵抗があったので、炭水化物主体のクリーンなチート食を食べることしました。

チートデイの実施と結果

チート・ミール

チートデイに食べた食事について紹介します。私の場合は朝:パン、昼:オートミール、夜:パスタを主食としていますが、同じ量の炭水化物を基本して、食事の回数を倍に増やしました。具体的には10時、15時、21時に間食時間として、炭水化物を追加補給しました。

カロリー的には普段は1700kcalを摂取していますが、3000kcalくらいまで増やしました。詳しくPFCバランスは計算していませんが、炭水化物が1000kcal、タンパク質で300kcalくらいの増加だったと思います。

時間メニュー備考
107:30パン、ハム、カッテージチーズレギュラー
210:00パンチート
312:30オートミール、ヨーグルトレギュラー
415:00オートミールチート
518:00パスタ、ツナ、ハムレギュラー
621:00パスタ、ツナチート

1日だけチートミールを食べてみましたが、毎日食べているダイエット食を食べているだけなので、食事に対する美味しさは感じませんでした。また、ダイエットに慣れてくるとそれほどお腹も減らなくなるので、最後はブロイラーの餌を食べている感じになり、精神的に食事の喜びを感じるのには程遠いチートデイでした。

結果

1週間くらい前から体重が停滞気味だったこともあり、チートデイは9月30日に実施しました。また、ダイエットも中盤に差し掛かってきたので、チートデイ翌日から摂取カロリーを約150kcal減らすようにしました。

チートデイを行い翌朝体重を量ると前日より0.7kg増えていましたが、単純に食べたものの質量(排便されてない)と水分量の増加が殆どだと思います。炭水化物は体内で食べた質量の3-4倍の水分を溜め込む性質があるので、ほぼ体重増加の説明はつくものだと思っています。ちなみに1kgの脂肪を貯め込むには7200kcalのオーバーカロリーが必要なので、純粋に体脂肪が増加することはないと思っています。

翌日の体重増加までは予定通りで、翌々日以降にどれだけ体重が減るかがチートデイの効果になります。しかしながら、今回のチートデイでは翌々日になっても体重は戻らず、チートデイ前日の体重まで戻るには6日間もかかりました。もともと、停滞期だったこともあり、チートデイだけが原因とも言い切れませんが、期待した効果には至りませんでした。一部のアスリートが行っているカーボデプリートは3日間くらいが多いので、遅くても4日目以降には体重が戻ると考えていましたが、そのようにはいきませんでした。もしかしたら、炭水化物は私が考えていた以上に体重増加をもたらすような気がしてきました。

ダイエット

日付体重増減
-19/2964.1kg
X9/3064.2kg+0.0kg
110/164.9kg+0.7kg
210/264.7kg+0.5kg
310/364.6kg+0.4kg
410/464.5kg+0.3kg
510/564.2kg+0.1kg
610/664.1kg+0.0kg
710/763.9kg-0.2kg
810/863.6kg-0.6kg
911/963.7kg-0.5kg
1011/1063.6kg-0.6kg

1回だけの炭水化物チートデイの結果なのでなんとも言えませんが、少なくても私にはあっていないように感じました。体重減少の結果が出なかったばかりか、チートミールを食べていても精神的な喜びも感じなかったので、無駄な時間を過ごした感しかありません。今後チートデイはやらないつもりですが、やるとすれば私の場合は酒飲みチートデイにしたほうが、満足感を得られるような気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイエット
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント