バイクのあるパタヤの生活 バイク購入1ヶ月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクのあるパタヤの生活 バイク購入1ヶ月

パタヤでバイクを購入して1ヶ月が経過しましたので、簡単にレビューをしておきます。

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました1 基本方針編

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました2 バイクショップ訪問&車種決定編

リンクはこちらから:パタヤでバイクを買いました最終回 納車編

バイク購入から1ヶ月を終えて

以前にもお伝えしたとおり、6月にHONDA MOOVE 110を51,800バーツで購入しました。MOOVEはホンダの廉価版スクーターで、排気量は110ccです。

購入後、約1ヶ月間で走行距離は272kmでしたので、1日10kmくらいの距離を走行しているようです。基本的にはパタヤ市内の移動ですので、よく走った方だと思います。このペースで行けば年間3,000-4,000kmの走行距離になりそうです。

最初はバイクの運転に不慣れな部分もあったのですが、だいぶ慣れてきました。赤信号でも左折可などのタイの交通ルールにも、ずいぶん慣れてきました。しかし、慣れかけた頃が一番危ないと思いますので、引き続き交通安全には注意していこうと思います。

バイクインプレッション

バイクの乗車インプレッションですが、至って普通でした。レンタルバイクに比べて、新車特有の良い部分があるのかと期待していましたが、特に違いは感じられませんでした。もちろん、車の流れに沿って走ることは可能で、必要にして最小限、まさに日常の足といったところです。スタイリッシュなカラーリングでデザインは気に入っていますが、盗難、悪戯などは常に気になっています。この辺りは新車バイクを購入することの善し悪しだと思います。

バイクは廉価版だけにメーター類や装備は簡素なものです。特筆すべきはアイドリングストップがついているくらいだと思います。もっとも私はアイドリングストップをオフにして使用しています。ライトのオンオフスイッチはなく、走行中は常時点灯する仕様のようです。

走行中にバックミラーが少し見にくいように感じますが、他には特に不満はありません。夜間の駐輪時にバイクカバーを掛けているせいか、バックミラーの位置が時々ズレてしまうのが難点です。バイクが所狭しと走っているパタヤでは、バックミラーは最重要保安部品です。また、ヘルメットインのスペースは大きく、大変便利に使用しています。常に合羽を入れており、そのうえでハーフタイプのヘルメットも余裕で収納できます。シートの開閉はハンドル下のスイッチで行います。

ガソリンはオクタン価95のハイオクを入れており、満タンで70バーツ程度です。燃料タンクが小さく、満タンでの走行距離は140kmくらいです。給油はいがいと面倒くさいので、できればもう少し大型の燃料タンクのほうがいいのかと思います。気になる燃費を計算すると約58kmでした。パタヤ市内のノロノロの低速走行でしたが、4サイクルのエンジンですので燃費はそこそこいいみたいです。

燃費:140km÷(70バーツ÷29バーツ/リットル)≒58km

■HONDA MOOVE 110

■積算距離計 272kmパタヤ バイク

生活の変化について

従来は徒歩とソンテウの生活でしたので、バイクを購入してから行動範囲が劇的に拡大しました。これまで徒歩とソンテウで行きにくかったところも、バイクで簡単に行けるようになりました。特に昼間は暑く行動が制限されていましたので、昼食の選択肢が増えたのは嬉しいことです。

他によかったことはスポーツジムへのアクセスがソンテウからバイクになりました。ソンテウ利用ではスポーツジムでシャワーを浴びても、アパートに帰ってくると汗だくになり、再度シャワーを浴びる必要がありました。また、ベッドで横になり汗が引くのを待っている間に寝てしまうことも減りました。

しかしながら、昼間のパタヤは暑すぎて、バイクに乗ってのツーリングは不敵な時間帯です。最近は夕方の時間帯にバイクに乗って、パタヤ市内の散策やジョムティエンビーチ辺りにツーリングに行ってます。シラチャやラヨーンなどにも足を伸ばしたいのですが、昼間は暑すぎて実現しておりません。また、夜は危ないのであまりバイクに乗らないように努めています。

悪い点としては、日常の歩行数が大幅に減少しました。これまで、毎日平均1万歩くらい歩いていたのが、半分くらいに減りました。もしかしたら、そのうちの半分くらいは酔っ払って歩いているかもしれません。

最後に費用面ですが、これまでソンテウに1日平均2回くらい乗っていたのが、バイク購入後はほぼゼロになりました。バイクのガソリン代が月に150バーツくらい増え、ソンテウ代が600バーツくらい減りました。

以上、バイク購入のレビューでした。今ではバイクなしの生活が考えられなくなっています。これからも安全運転に注意して、楽しいパタヤライフをエンジョイしようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント