DIYでコンドミニアムにカーテン取り付け

コンドミニアムのベッドルームに、自分でカーテンを取り付けました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

始めに

コンドミニアムに引っ越しましたが、ベッドルームのブラインドの遮光性が悪く、朝になると明るくなりよく眠れませんでした。

カーテンはカーテンレールをネジ止めして取り付けるのが一般的ですが、退去時にトラブルになるのも嫌なので、突っ張り棒を利用して簡易的に設置しました。

■ブラインド 朝になると光が差し込むカーテン

材料

材料はカーテン、突っ張り棒、ステーをホームセンターで購入し、丁度千バーツでした。

カーテンはUVカット素材で、バーゲン品を1枚3百バーツで2枚購入しました。通常のカーテン価格は1枚5百バーツくらいからです。タイのカーテンは大きなハトメ穴にカーテンレールに通していくタイプが多いのですが、ブラインドレールとカーテンレールの隙間が確保できなかったので、上からぶら下げるタイプにしました。

カーテンレールはお手軽な突っ張り棒を利用しました。タイにも突っ張り棒は売っていますが、いかにも強度が弱そうで、カーテンを吊るすのに耐えられそうもありません。ブラインドレールと壁に隙間があったので、そこにカーテンレールに用のステーを添えることにしました。横方向は突っ張り棒で固定、縦方向はステーで支える構造にしました。

項目単価数量金額
カーテン300THB2600THB
突っ張り棒190THB1190THB
ステー70THB3210THB
合計1,000THB

■カーテン バーゲン品カーテン

■突っ張り棒 強度は頼りないカーテン

■ステー カーテンレール用(通常はネジ止めだが隙間にハメただけ)カーテン

取り付け

取り付けは、カーテンレールと壁の間に隙間が空いているので、両端と中央にステーを差し込みました。ステーはそのままではグラグラするので、ビニールテープを巻いて調整したところ、ネジ止めなしでも安定しました。ステーの上にカーテンを通した突っ張り棒を乗せれば、カーテンの取り付けは完了です。

取り付け方法を検討するために何度かホームセンターに行きましたが、取り付け自体は簡単で10分も掛かりませんでした。

■取り付け1 ステーのL字部分を差し込んでいるだけカーテン

■取り付け2 センター部のたわみ防止カーテン

■完成図 少し上部に隙間が空いてしまったカーテン

使用感

突っ張り棒だけだとグラグラですが、カーテンの重量はステーで支えているので、思ったよりしっかりしたカーテンレールになりました。DIYの応急的なカーテン設置ですが、なかなか上手にできたと思っています。

少し失敗だったのはカーテン上部に少し隙間が空いてしまい、その部分から光が漏れることです。しかしブラインドでカバーされており薄明かり程度で、以前よりぐっすり眠れるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント