Twitterを始めました。よろしければフォローください。

タイで外貨の送金証明書と残高証明書を入手する手順

リタイアメントビザを取得の際に必要になる、タイの外貨の送金証明書の入手方法をご紹介します。入手する際に送金証明書の意図がなかなか伝わらず、かなり苦労しました。

また、最後に残高証明書の入手方法についてもポイント付きで紹介しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外貨の送金証明書とは

タイでリタイアメントビザを取るには、タイの銀行に80万バーツ以上の預金がある必要があります。その際にタイ国内で不法に取得したお金ではないことを証明するため、外貨の送金証明書か持込み証明書が必要になります。銀行経由で国際送金(振込み)すればタイの銀行から外貨送金証明書渡航時に現金をハンドキャリーすれば税関で外貨持込み証明書を入手する必要があります。

外貨の送金証明書を入手

外貨の送金証明書を取得するには、日本の銀行からタイの銀行に外貨送金(振込み)を予め行っておく必要があります。銀行送金の方法は、三井住友銀行の例ですが以下の記事を参考にしてください。

外貨の送金証明書は銀行で発行してもらいますが、SCB(サイアムコマーシャルバンク)は口座の開設支店でないと発行不可能です。私の場合はバンコクで手続きすることになりました。

今回最も苦労したのは、銀行員に外貨の送金証明書の意図をなかなか理解してもらえないことでした。残高証明書は比較的簡単に理解してもらえるのですが、送金証明書はその存在を知らない銀行員もいました。最終的にはネットで見つけた以下の単語をスマホに表示させて銀行員に見せて理解してもらいました。私が入手した送金証明書のタイトルは「Advice for customer – Inward Transfer」で、発行手数料は無料でした。

英語:Bank Transfer Certificate from abroad
タイ語:ใบรับรองการรับเงินโอนต่างประเทศ
「Sabaijai Consulting Co.,Ltd様のWEBより引用」

失敗1

パタヤの銀行に外貨の送金証明書を発行してもらいに行きました。銀行員が送金証明書のことをよく理解しておらず、他の銀行員に聞いたり、ネットで調べながらの対応になりました。

結果は外貨の送金証明書は銀行口座の開設支店でないと発行できないとのことで、バンコクの口座開設支店で手続きすることになりました。発行には預金通帳とパスポート(運転免許証不可)が必要になります。

失敗2

バンコクの銀行口座支店まで送金証明書をもらいに行きましたが、今回も銀行員に送金証明書の意図が伝わりませんでした。私はさんざん違うと言ったのですが、閉店間際に押し問答の末にこれで間違いないと、誤って残高証明書を発行されてしまいました。残高証明書は過去にも取得したことがあるのですが、タイ語の書類のためその場では明確に否定できませんでした。

バンコクまでわざわざ出かけ、銀行では待ち時間と合わせ2時間も掛かりましたが、成果のない1日でした。

成功

日付をおいて、バンコクの銀行まで改めて出直しました。今回はネットで英語とタイ語の送金証明書の言い方を調べスマホに表示させて望みました。

今回は上級職らしい銀行員が対応してくれて、言葉で説明しながらスマホの画面を見せるとスムーズに理解してくれました。その後は端末から銀行送金のトランザクションをプリントアウトしてくれて、発行手数料は無料でした。

残高証明書を入手

残高証明書はパタヤの銀行支店でも発行してもらえます。こちらは、「BANK CERTIFICATE」などと言えば、比較的簡単に理解してもらえると思います。

残高証明書はタイ語のカバーレターと取引記録の2ページ構成になっており、発行手数料は200バーツです。

カバーレターは、タイ語の文書を手入力して作成するため、名前、口座番号、預金残高などの英数字の箇所(イミグレ確認項目)を確認したほうがいいと思います。

取引記録は期間を指定できるので、最低でも過去3ヶ月分の取引記録を記載するように指定します。また、取引記録には前日までの分しか記載されないので、当日預金額を移動させると預金通帳と残高証明書の金額が一致しなくなります。

注意事項として、以下は残高証明書関連でパタヤのイミグレで私が指摘を受けた項目です。

・残高証明書は発行後3日間有効
・2日以内の通帳記録が必要

有効期限は発行後3日間なので、ビザ申請時の朝に取得するのがいいと思います。その際には前日にATMなどで金額を引き出すなどして資金移動をしておくのがいいと思います。そうすることによって、通帳残高と残高証明書の金額が一致します。パタヤのイミグレでは金額が一致しなくても問題ありませんでしたが、可能であれば合わせておいたほうがいいのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント