Twitterを始めました。よろしければフォローください。

チェンライからパタヤまでの行き方 VIPバス

チェンライからパタヤにVIPバスで行く方法を紹介します。ナコンチャイエア(NCA)のバスがメーサイからラヨーンまで運行しており、そのバスの途中区間に乗車します。約14時間の長旅で、運賃は764バーツでした。

ナコンチャイエア VIPバス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェンライからパタヤまでVIPバスで移動

ナコンチャイエア(NCA)の長距離バス

今回は飛行機を使用せずに陸路移動にこだわった旅をしました。始めはチェンライからチェンマイ経由で、バスか鉄道でバンコクまで帰ってこようと思っていました。その後調べていくと、メーサイからラヨーン行きのバスがでており、途中区間を乗車すればパタヤまで直接帰れることが分かりました。バスの運行会社はナコンチャイエア(NCA)で、タイでは評判のいいバス会社です。

メーサイからラヨーン行きのバスは、メーサイを夕方出発して翌朝ラヨーンに到着する長距離バスで、1日4便運行しています。バスにはゴールドとシルバーのクラスがあり、ゴールドは4列シート×8列シルバーは4列シート×10列のシート配列です。なお、3列シートのファーストクラスはラヨーン線で運行していません

チケット購入 チェンマイ アーケードバスターミナル

私は事前にチェンマイのアーケードバスターミナル2で購入しましたが、チェンライのバスターミナルなどもで購入できます。

チケットカウンターではモニターで確認しながらチケットを買うことができますので、間違えることはないと思います。チケット購入には名前、パスポート番号、電話番号が必要です。ゴールド(VIP)クラスのバスで、運賃は764バーツです。2日前のバス予約でしたが、既に8割くらいは予約済みでした。バスは17時53分にチェンライを出発し、翌朝7時頃にパタヤに到着します。

■ナコンチャイエア チェンマイナコンチャイエア チェンマイ チケットカウンター

■チケット ゴールドクラスナコンチャイエア チケット

チェンライ バスターミナル2

チェンライの長距離のバスは、郊外のバスターミナル2から発着します。私はUberでタクシーを呼び、チェンライ中心地から約15分で、70バーツでした。

バスターミナル2の一番奥側にナコンチャイエアーのチケットカウンターとバス乗り場があります。更に奥にはナコンチャイエアー専用の待合室(エアコン付き)があります。

バス乗り場付近にナコンチャイエアーの仮設デスクがあり、確認(英語通じず)すると次の次のバスだと言っているようでした。自分の乗るバスが到着後に改めてチケットを見せると、預入荷物にタグをつけて預り表をもらえました。

■地図 パタヤ・バスターミナル

■チェンライ・バスターミナル2
チェンライ バスターミナル

■チェンライ・バスターミナル2 チェンライ バスターミナル

■ナコンチャイエアの屋外デスクチェンライ バスターミナル

■ラヨーン行きバス乗り場チェンライ バスターミナル

ラヨーン行きVIPバス乗車

メーサイ発のバスには、到着した時に8割程度の乗客が乗っていました。チェンライから私を含めて5名くらいの乗客が乗るとほぼ満席になりました。バスには添乗員が乗っており、座席まで案内してくれます。運転手は2名で交代で運転しているようです。

バスはゴールドクラスで4列シート×8列のため、足元のスペースは十分にあります。隣とは圧迫感は少しありますが、前評判通り乗っていて快適な長距離バスでした。

メーサイからラヨーンまでは約1,000kmの距離です。途中たくさん停留所がありますが、乗降車のある停留所のみにストップします。停留所に停まるためにわざわざ高速道路から降りるので、場所によってはかなり時間をロスします。バスは乗降車と給油のための停車以外は、途中休憩なしでラヨーンまで走り続けます。何度かトイレ休憩があり、食事チケットを渡される長距離バスが多いのですが、ナコンチャイエアはバスから降りての休憩はありませんでした。

道中に検問が一箇所ありパスポートの提示を求められましたが、問題なく通過しました。メーサイ発のバスのせいか、乗客の半分以上はミヤンマー人の出稼ぎ労働者のようでした。

食事は乗車時に水とお菓子夜の10時頃に質素なタイ飯弁当朝の降車直前にサンドイッチと豆乳が提供されました。少し物足りないので、スナックや軽食を持ち込んだ方がいいのかもしれません。

■旅程 もう少し距離のある道を走行 908km 12時間チェンライからパタヤ

■車内 4列シート×8列ナコンチャイエア VIPバス車内

■水とお菓子 乗車してすぐ配給ナコンチャイエア スナック

■夕食 夜10時頃配給ナコンチャイエア 夕食

■朝食 停車寸前に配給ナコンチャイエア 朝食

パタヤ バスターミナル

バスは夜通し走り続け翌朝パタヤに到着しました。途中、チョンブリとシラチャに停車し、半分以上の以上の乗客が降車し、パタヤには8時ごろの到着でした。

パタヤの降車はサードロード沿いのナコンチャイエアーの営業所で降ろしてもらえます。客待ちしているバイタクはふっかけてくるので、道路を渡ってセントラルパタヤロードからバイタクに乗ったほうがいいと思います。

■地図 パタヤ・バスターミナル

■パタヤ・バスターミナル
ナコンチャイエア パタヤバスターミナル

チェンライからパタヤまで14時間ノンストップの長距離バスでした。道中はグーグルマップで位置を確認しても、なかなか距離が減らずに気が遠くなりましたが、翌朝なんとかパタヤまで戻ってこれました。今回は陸路の旅にこだわりましたが、この距離であれば飛行機を使うのがファーストチョイスです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント