Twitterを始めました。よろしければフォローください。

チェンライからメーサイ、ゴールデン・トライアングル、チェンセーンを周遊 後編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーサイ⇒ゴールデン・トライアングル ソンテウ 40バーツ

 ソンテウ乗り場

メーサイからゴールデン・トライアングルへはチェンセーン行きのソンテウが走っており、途中降車します。

ソンテウ乗り場は国境より600mくらい南に進んだ場所にあります。乗車場所が少し分かりにくいのですがTessaban Road 8の交差点の薬屋の前で、道路左側のセブンイレブンを少し超えた辺りです。

■ソンテウ乗り場

■Tessaban Road 8の薬屋の前

■バス停 見落としやすいので注意

ソンテウ乗車

ソンテウの運転手にゴールデン・トライアングルで降車したいことを伝えて、ソンテウに乗りました。時刻表は一応あるようで20分くらいすると満席にならなくても出発し、乗客は私とミヤンマー人(?)2人のみでした。運賃は40バーツです。

道はよく整備された、平坦な道を進んでいきます。雨上がりで暑さはあまり感じませんでしたが、炎天下はかなり暑くなると思いますの脱水にはご注意ください。道中はガソリンスタンドで給油した後に、途中2箇所検問で止められましたが、ソンテウの中を覗き込むだけで通過できました。35分ほどでゴールデン・トライアングルに到着して、シンボルの記念碑の前で降ろしてくれました。

■青色ソンテウ

■旅程 28km 30分

ゴールデン・トライアングル⇒チェンセーン ソンテウ 20バーツ

 ソンテウ乗り場

ゴールデン・トライアングルからチェンライに戻るには、以下の方法があります。今回は1のチェンライ行きのミニバスが見つからず、2のソンテウでチェンセーンに行き、バスに乗り換えてチェンライに戻りました。チェンセーンまではバイタクの言い値で80バーツだったので、遠い距離ではありません。

1.ミニバスでチェンセーン経由でチェンライまで直行
2.ソンテウでチェンセーン⇒バスかミニバスに乗り換えてチェンライ
3.ソンテウでメーサイ⇒バスかミニバスに乗り換えてチェンライ(行きの逆ルート)

バス乗り場はセブンイレブンの裏側に空き地のようですが、私は最後までチェンライまでのミニバス(バス停)を見つけることができませんでした。ミニバスは夕方4時ごろが最終で、1時間おきくらいに走っているようです。

■ミニバス乗り場

ソンテウ乗車

ミニバスが見つからなかったので、バス乗り場入り口の警察署の前のベンチで、ミニバスかソンテウを待つことにしました。10分くらい待つとチェンセーン行きのソンテウが来たので、ソンテウでチェンセーンまで行きました。運賃は20バーツでした。

チェンセーンまでは約9kmの距離で、メコン川沿いに進みます。ここでも途中検問で止められましたが、そのまま通過できました。チェンセーンの町に到着して、右折してすぐのところがソンテウの終点チェンライ行きのバス乗り場です。

■旅程 9km

チェンセーン⇒チェンライ バス(エアコンなし) 37バーツ

バス乗り場

チェンセーンからチェンライへは、ゴールデン・トライアングル発のミニバスに合流するか、チェンセーン発のエアコン無しのバスで行くことができます。

バス乗り場はメコン川沿いの道から曲がってすぐの所(ソンテウ降車場)です。

■チェンライ行きバス乗り場

■バス、ミニバス乗り場 後方に見えるのがメコン川

■チェンライ行きのミニバスの時刻表

バス乗車

道路にチェンライ行きの緑のバスが停車しており、運転手に確認すると30分後に出発するとのことでした。駆け足で、チェンセーン市内を観光し、定刻少し前にバスに乗りました。バスには車掌が乗っており、出発後に運賃を回収に来ます。

バスはエアコン無しで、窓とドアは全開で走行します。炎天下だとかなり暑くなることが予測されますので、ミニバスを選択したほうが懸命かもしれません。チェンライまでは約60kmの距離で1時間50分で到着しましたが、途中多くの乗客が乗り降りしました。

■緑のバス フロントガラスに英語表示あり

■バス車内の様子 窓、ドアともに全開で走行

■ルート図 61km

今回はチェンライからメーサイ、ゴールデン・トライアングル、チェンセーンを日帰りで周遊する方法の紹介でした。普通の旅行に飽きてしまったら、タイ北部の望郷の旅もいいものだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント