パタヤソンクラーンレポート9 総括

長かったパタヤのソンクラーンも4月19日をもって終了し、平和なパタヤが戻ってきました。本日の総括を持って2017年のソンクラーンレポートを終了します。

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート1 開戦速報

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート2 開戦しました

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート3 2日目

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート4 3日目

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート5 4日目

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート6 5日目

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート7 6日目

リンクはこちらから:パタヤソンクラーンレポート8 最終日

総括

始めての参加になりましたが、ソンクラーンに出会えて本当によかったと思います。1週間フルに参加しましたが、当初の想像を遥かに超える、盛り上がりを見せていました。クレージなウォーターファイトに加え、ダンスや飲みも含めて本当に楽しい1週間でした。また、多くのタイ人で盛り上がっていた、ソンクラーン最終日の様子も印象的でした。

年甲斐もなく久しぶりに馬鹿騒ぎをしてしまいましたが、お祭りとはこうあるべきだと思っています。また、いろいろな国の人や普段接することの無いタイ人と会えたことは幸運でした。言葉が通じなくても十分楽しめるお祭りですので、時間とお金に余裕のある方にはお勧めできるお祭りだと思います。

パタヤソンクラーンの様子

今年のパタヤのソンクラーンは、幸運にも晴天続きで一度も雨がふることがありませんでした。ソンクラーン中は毎日盛り上がっていましたが、日程をあえて整理すると下記のようになります。あくまでも相対的な比較で、中盤の比較的激しくない日でも、びしょ濡れになりますのでご注意ください。

4月13日/14日/15日 各地でソンクラーン開戦
4月16日/17日 少しだけ休憩気味
4月18日 タイ人も混じり再び激しくなる
4月19日 グランドフィナーレ(ワンライ)

4月13日から本格的なウォーターファイトが始まり、強弱はありましたが基本的には最終日まで激しいファイトが続きました。前半と中盤は外国人と一部のタイ人(バービア関係者)が中心となっていました。中盤は少しだけ攻撃が緩みましたが、後半は一般のタイ人も参加して再び盛り上がりました。特に、最終日は大勢の人が参加してパタヤの街中が楽しいお祭りになりました。タイ人に限っていえば、最後の2日間が特別の日のようでした。

時間的には最終日以外は昼過ぎから水掛け始まり、夜9時頃には収まっているようでした。用事を済ませるのは午前中、食事や飲みに行くのは遅めの時間帯がいいと思います。もっとも夜中でも酔っ払って、水をかけてくる輩はいますので常に注意は必要です。

各地域の様子

ソイ6、ソイ7、ソイ8は最初から最後まで激戦が続いていました。特にソイ7は非常なほど盛り上がり、バービアの底力を見ました。純粋にウォーターファイトを楽しみたい人は、上記のいずれかの場所がお勧めです。

ソイブッカオとセカンドロードまでのバービアも盛り上がっていました。多くのバービアが参加していましたが、中盤の参加を見送っているところもありました。公道に面していますので、一般の通行人、ソンテウ、バイクも攻撃対象になります。私も調子に乗ってずいぶん民間人を攻撃してしまいましたが、ほどほどにしておきましょう。

その他の地域は最後の2日間を除いて比較的平和を保っていました。

参加状況

なんだかんだいって、私は最初から最後までフルに参加しました。昼の3時頃から出かけて、7時頃に一旦アパートに戻って、夜は再び飲みにいくパターンが多かったです。

ウォーターファイトは意外と体力を使いますし、昼間から飲みながらやっていますので大変疲れました。本日も疲れが残っていますが、かろうじて最終日まで体力が持ったといったところです。

私の場合は1人で参加しましたが、皆に楽しく遊んでもらえました。普段あまり行かない地域に行ったことや、タイ人の顔見知りができたことは良かったことだと思います。

ちなみに支出は普段より若干増えた程度です。普段は質素に1日1,000バーツくらいで生活していますが、臨時支出も含めても2倍まではいっていません。

被害状況

毎日、これだけ馬鹿騒ぎをしていると、身辺に結構な被害を受けます。ソンクラーン中は夢中であまり気にならなかったのですが、冷静に振り返るとかなりのダメージを受けていました。皆様も私みたいにならないように十分に気をつけてください。

ソンクラーンの水は決して衛生的ではなく、戦闘中には水が目、耳、口にも入りますので衛生状態はよくありません。帰ってシャワーを浴びると、シャンプーをしても髪の毛はバサバサです。また、一日中水まみれのため、手の指はふやけてしわしわになってしまいます。肌も油分が抜けてカサカサになってしまいました。また、夜の氷水攻撃は寒く、アパートではエアコンを切っての体力回復が必要でした。昼間から外にいるため、日焼けで顔と手は真っ黒になってしました。

体の方は大型水鉄砲の操作で筋肉痛になりました。最近は筋トレをやっているため、軽微な筋肉痛でしたが、何もやっていない人は結構堪えると思います。また、よくみるとあちこちに小さな打撲、切り傷がたくさんできていました。一番のダメージは足の爪が剥がれそうになってしまったことです。もともとヒビが入っていて黒爪の状態でしたが、今回のソンクラーンで悪化してしまいました。少し化膿しているようで消毒して絆創膏で保護していますが、今後の経過が少し心配です。

物品面ではソイ7で700バーツの水鉄砲を誰かに持っていかれてしまいました。パタヤは比較的安全とはいえ、ソンクラーン中は混雑しており、酔っぱらいやいろいろなバックグラウンドの人がいますので所有物の管理には十分注意しましょう。また、不覚にも現金も1,000バーツくらい落としてしまいました。幸いにも現金だけをビニール袋に入れて持ち歩いていたため、最小限の被害ですみました。

以上で2017年度のソンクラーン関連の記事を終了します。これまで長文をお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソンクラーン
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント