Twitterを始めました。よろしければフォローください。

日本からタイへの外貨送金のやり方 送金手続き編

日本からタイの銀行へ海外送金する手順を紹介します。個々の細かな操作手順は割愛しますので、金融機関に確認するなどしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金融口座の開設と準備

送金手続きに必要な金融口座は以下のようになります。三井住友銀行はオンライン総合口座、外貨口座の開設と外貨送金サービス申込み後、送金先の事前登録が必要になります。いずれの口座も無料で開設することができます。

・三井住友銀行:インターネットバンキング口座、外貨口座、外貨送金サービス、送金先事前登録
・YJFX:FX口座
・タイ銀行:普通口座

三井住友銀行

まずは三井住友銀行のインターネットバンキングの総合口座を開設してください。口座開設手続きは店頭かネットからできると思います。

総合口座が開設されたら、外貨送金サービスの開始申し込みをします。WEBサイトから申込用紙をダウンロードして郵送するか、店頭で手続きします。登録印鑑と身分証明証のコピーが必要になりますので、私は日本の家族に代筆、押印、郵送を依頼しました。申込み後2日くらいで、サービスを使用できるようになりました。

外貨送金サービスが開始されると、オンラインで送金先の銀行情報を事前登録します。送金先は送金通貨毎に登録する必要があります。登録情報は現地の銀行直接行って確認しました。銀行で国際送金を受け取りたいというと、SWIFTコード、銀行名、支店名、口座番号、銀行住所などの情報を教えてもらえます。SWIFTコードは本店の情報しか登録されていないので、支店の住所は自分で登録する必要があります。登録内容に不備があると銀行から電話が掛かってきて、申込みの翌日に登録が完了するようです。

私のようにYJFXでUSドルに両替して送金する場合は、外貨口座の開設も必要になります。外貨口座はオンラインで外貨の買付け(1ドルで可)をすれば、自動的に開設されます。通貨毎に外貨の口座番号が与えられますが、オンライン通帳のみで、紙の預金通帳は発行されません。手数料が高くなりますが、三井住友銀行でUSドルに両替して送金する場合は外貨口座は不要です。

YJFX

YJFXはYahooグループが運用するFX(外国為替証拠金取引)会社です。FX口座を開設して現受という手続きをした後に、USドルを三井住友銀行の外貨口座に出金します。FX口座の開設はオンラインで申し込みできます。

外貨出金する場合には口座開設後に送金先(三井住友銀行)の外貨口座番号と英文の住所登録が必要になります。

タイ銀行

私は昔作った銀行口座を使用していますが、最近は銀行口座の開設が難しくなっているようです。私も具体的な方法を知りませんので、ご自身でお調べください。

外貨送金の手順

外貨送金の大まかな手順は下記になります。事前準備さえできていれば、それほど複雑な手順ではありません。

1.YJFXで日本円からUSドルに両替し、現受後に三井住友銀行の外貨口座に送金する。
2.三井住友銀行の外貨口座から、USドルをタイのSCBに国際送金する。
3.SCBでUSドルを受け取り後に、タイバーツに自動的に両替される。

YJFXでUSDに両替

YJFXのFX口座に両替用の日本円を送金します。国内の銀行からであれば即時入金サービスを使って、24時間手数料無料で送金できます。両替後は手数料無料で残金を銀行に再送金できるので、少し多めに送金するといいと思います。

両替用の資金が入金されたら、送金に必要なUSドルを買建てします。現在のレートで両替したいなら、成り行きで注文します。レバレッジは何倍でもいいのですが、両替目的なら1倍でいいと思います。ここまでは通常のFXの取引手順です。

UDドルを買建てしたらが、このままでは証券(証拠金)なので、現受けという方法でUDドルに交換します。現受けはオンラインから、即時に手続きできます。

現受が完了したら、USドルを三井住友銀行の外貨口座に出金します。出金手数料は1,500円です。買建てした時から時間が経つとと為替による差益、差損が発生するので、なるべく早く現受けして、銀行口座に出金します。

最後に、買い建て時に余った日本円を、元の口座に再出金すれば完了です。

1.FX口座に両替用の日本円を送金
2.FX口座でUSドルを買い建てする
3.現受でUDドルを手に入れる
4.三井住友銀行の外貨口座に出金します
5.余った日本円を元の銀行に再送金する

三井住友銀行から外貨送金

YJFXで外貨の送金手続きをすると、2営業日後に三井住友銀行の外貨口座にUSドルが入金されます。

USドルの入金を確認したら、外貨送金手続きをします。口座準備の段階で送金先の事前登録が完了していれば送金手続きは簡単です。送金金額、送金先、送金元口座を指定して、送金ボタンをクリックするだけです。送金元口座を日本円の総合口座にしてしまうと、日本円口座から送金されてしまうのでご注意ください。

1.タイの銀行に外貨口座に受け取ったUSドルを送金する

タイ銀行でのタイバーツ受取り確認

日本の銀行から送金して数日したらタイの銀行で、入金の確認をします。入金はタイバーツに自動的に両替され、送金の翌日には入金されていました。

リタイアメントビザの取得などで、送金証明書が必要な場合は銀行口座の開設支店で入手します。

1.タイの銀行で入金を確認する
2.必要であれば外貨の送金証明書を入手する

総括

今回はタイに滞在中に国際送金を行いましたが、無事に完了しました。何回か三井住友銀行に問い合わせをしたのですが、銀行側から要領を得ない回答を与えられ、苦慮しました。送金自体は5日で完了しましたが、事前準備に1週間くらいを要しました。

2月17日(金) YJFXでUSドルに両替 ⇒ YJFXから三井住友銀行に外貨出金指示
2月21日(火) 三井住友銀行にUSドル入金 ⇒ 三井住友銀行からタイ銀行に外貨送金指示
2月22日(水) タイ銀行に入金

海外送金は1回目の手続きが大変ですが、次からは簡単にできます。海外送金の予定がある人は、日本に滞在中に送金手続きをされることをお勧めします。

今回は緊急で銀行送金を行いましたが、手数料を考えるとハンドキャリーがメインになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント