Twitterを始めました。よろしければフォローください。

ターミナル21の丸亀製麺で日本式うどん

2018年10月にターミナル21がオープンし、パタヤにも丸亀製麺ができました。丸亀製麺は2017年7月にビッグC内のフードコートが丸亀製麺Expressができましたが、約1年で撤退に追い込まれていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

丸亀製麺 ターミナル21

丸亀製麺はターミナル21の3階サンフランシスコフロアーにできました。吉野家の隣でフロアーほぼ真ん中にあります。営業時間は年中無休で11時から23時までです。

ビッグは簡易版の丸亀製麺Expressとしてフードコート内で営業していましたが、ターミナル21は丸亀製麺として再出店しています。丸亀製麺はお腹の調子が悪い時などに、気軽にうどんを食べられるので、今後も継続営業してほしいお店です。

■3階サンフランシスコフロアー 吉野家の隣丸亀製麺 パタヤ

■店舗 オープンスペース丸亀製麺 パタヤ

メニュー

メニューは日本の丸亀製麺のメニューに、一部タイバージョンのメニューが加わっています。

うどんは日本と同じようなメニューで、79バーツから139バーツです。うどんのサイズは20バーツで大盛りにできます。日本は並、大、得盛りのサイズですが、タイの大盛りが日本の並サイズくらいに思います。

ご飯物は親子丼、カツ丼、天丼、カツカレーなどがあり、79バーツから149バーツです。また、スープ、サラダセットを49バーツで追加できます。

他にベストセラーとしてタイバージョンのメニューもありますが、あまり食指は動かないのが正直なところです。また、現在は餃子が無料になる肉玉辛味噌うどん(大盛りのみ)のプロモーションを行っています

■うどん 大盛りは20バーツ追加丸亀製麺 パタヤ

■どんぶりとカレー スープ、サラダセットは49バーツ追加丸亀製麺 パタヤ

■ベストセラー 日本人感覚ではキワモノ丸亀製麺 パタヤ

■プロモーション 大サイズオーダーで餃子無料丸亀製麺 パタヤ

■メニュー一覧丸亀製麺 パタヤ

オーダー方法

オーダー方法は日本の丸亀製麺と同様に、カウンターを移動しながらセルフスタイルでオーダーします。

注文カウンターうどんやご飯物のメインメニューをオーダーします。私がオーダーした時は店員が前にいたので、メニューを見ながら指差しで頼みました。オーダーすると番号札を貰えますが、店員がすべて行ってくれました。

その後はカウンターに沿って、天ぷらのセルフトッピングのコーナーに進みます。天ぷらは7-8種類あり、19-39バーツだったと思います。また、希望の天ぷらがなければその場で揚げてくれると思います。但し、おにぎり、いなり寿司などはありませんでした。

次にレジに進み、飲み物をオーダーし、会計します。タイのレストランは水が有料になるのが基本です。

会計が終わると、箸やレンゲを取り薬味などのセルフトッピングをし、好きな席に座ります。なお、トッピングコーナーのポットに入っているのが天つゆです。

■注文方法 日本と同じ丸亀製麺 パタヤ

■手順1 メインディッシュを注文丸亀製麺 パタヤ

■手順2 天ぷらを選ぶ丸亀製麺 パタヤ

■手順3 レジで飲み物をオーダーして会計丸亀製麺 パタヤ

■手順4-1 セルフトッピング ポットには天つゆ丸亀製麺 パタヤ

■手順4-2 セルフトッピング丸亀製麺 パタヤ

温玉ぶっかけうどん+天ぷら+水 168バーツ

今回は少し体調が悪かったので、温かい温玉ぶっかけうどんの大盛りとマッシュルーム天ぷらを頼みしました。野菜かき揚げが食べたかったのですが、おいていないようでした。

・温玉ぶっかけうどん(温)+大盛り 119バーツ
・マッシュルーム天ぷら 29バーツ
・水 20バーツ

会計後はトッピングコーナーで天カス、ネギ、ゴマ、七味をトッピングし、天つゆも小皿に取りました。日本の丸亀製麺に比べると麺の腰が少し弱いように感じましたが、十分に美味しい日本のうどんでした。

天ぷらは揚げてから少し時間が立っていたようでしたが、こちらも立派な日本の天ぷらでした。天つゆは、トッピングコーナーの天つゆよりも、テーブルに置いてあるだし醤油のほうが美味しく感じました。

総括ですが、パタヤに住みながら手頃な値段で美味しいうどんと天ぷらが食べることができ十分満足しました。値段は日本の丸亀製麺とあまり変わらなくなってしまいますが、この価格がどこまでタイ人に受け入れられるかが今後のポイントだと思います。ともあれ、丸亀製麺には頑張っていただき、パタヤにも定着してもらいたいものです。

■温玉ぶっかけうどん+天ぷら+水丸亀製麺 パタヤ

■温玉ぶっかけうどん丸亀製麺 パタヤ

■マッシュルーム天ぷら丸亀製麺 パタヤ

■調味料セット丸亀製麺 パタヤ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント