台湾旅行:庶民派の小籠包レストラン 黄龍荘

台湾の庶民派の小籠包レストラン黄龍荘を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黄龍荘

台湾の小籠包といえば鼎泰豊(ディンタイフォン)が有名で、一度は行ってもらいたいお勧めのレストランです。しかし、鼎泰豊は大人気のお店で、原則予約もできないため、いつ行っても店先で並ぶ必要があります。また、小籠包も10個入りで200台湾ドルと少し高めの価格設定になっています。

今回紹介するのはMRT中正記念堂駅から徒歩5分くらいのところにある、黄龍荘です。ローカル色を感じる小さな小籠包レストランですが、いつも地元の人で賑わっているようです。営業時間は朝10時から夜9時までで、月曜日が定休日になります。

リンクはこちらから:黄龍荘のFaceBookサイトへ

■黄龍荘 小さなお店に見えるが2階席もあり黄龍荘 小籠包

■店内の様子 庶民派レストランで客の回転は早い黄龍荘 小籠包

■厨房黄龍荘 小籠包

メニュー

メニューは写真付きのものと日本語のメニューもあります。注文はオーダーしたい料理を、自分で注文表に記入していきます。

基本となるプレーンな小籠包は蘇式小籠包で10個入り140台湾ドルです。他にも小籠包はエビとヘチマ入りやカニ味噌入りなどもあります。小籠包以外の点心メニューには蒸し餃子シュウマイなどがあります。もちろん、炒めもの、焼き飯、スープなどの、中華メニューもあります。飲み物はビール大瓶が90台湾ドルコーラが25台湾ドルと安いのが台湾のいいところです。

■写真付きメニュー黄龍荘 小籠包

■日本語メニュー黄龍荘 小籠包

■注文表黄龍荘 小籠包

小籠包+エビ蒸し餃子+ビール 450台湾ドル

お店に着いたのが平日の夜8時頃で、夜の早い台湾ではこの時間をすぎると急速に客が少なくなります。一人なので中華メニューは量が多すぎて頼めないので、小籠包とエビ餃子とビールを注文しました。小籠包や蒸し餃子は店内で作られており、10分ほどで出来上がりました。

まずは小籠包からですが、鼎泰豊に比べると少し大きめです。味は少し癖のある味で、鼎泰豊の方が日本人受けする味かもしれませんが、黄龍荘の小籠包もやみつきになる味です。エビ蒸し餃子は一つ一つにエビのむき身が入っており、文句なしの味です。日本では焼餃子が一般的ですが、セイロで蒸した蒸し餃子は油っぽくなく、たくさん食べられます。

黄龍荘ではビールを飲みながら小籠包と蒸し餃子を10個づつ食べて、かなり満腹になりました。鼎泰豊の小籠包も文句なしに美味しいのですが、それ以外にも美味しい小籠包レストランはたくさんあるようで、台湾旅行の楽しみが一つ増えました。

■小籠包 10個入り140台湾ドル黄龍荘 小籠包

■エビ蒸し餃子 10個入り220台湾ドル黄龍荘 小籠包

■取り皿と薬味 生姜たくさんは嬉しい黄龍荘 小籠包

■調味料黄龍荘 小籠包

■小籠包 少し大きめの小籠包黄龍荘 小籠包

■晩餐 小籠包と蒸し餃子10個づつとビールで満腹黄龍荘 小籠包

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント