Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤのイミグレオフィスで90日レポート 2回目は更に簡単

パタヤのイミグレオフィスに90日レポートをしてきました。2回目からはバーコードを利用した手続きになり、より簡単な届け出になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

90日レポート

90日レポートとは

90日レポートは、外国人が90日以上連続してタイに滞在する場合に、イミグレオフィスに所在を届ける必要があります。90日レポートはオーバーステイではありませんが、届け出を怠ると最大で5,000バーツ+200バーツ/日の罰金が課せられることがあるようです。

90日レポートのポイントは以下のようになります。

1.90日以上連続してタイに滞在する場合は、90日レポートが必要
2.タイから出国すればリセットされ、再入国日を起点にして90日の日数計算を行う
3.90日レポートはタイ滞在90日目の15日前から7日後までに届け出可能

90日レポートは難しい手続きではありませんが、制度をよく理解して日程管理を自分で行う必要があります。出国すると期日がリセットされますが、再入国日から自分で90日をカウントする必要があります。

また、途中でビザの更新をしても、90日レポートの期限は延長されないのでご注意ください。私の場合は、ノービザ入国から初回のリタイアメントビザ(90日)の期間は90日レポート不要で、1年ビザに更新したき時から90日のカウントが始まりました。

90日レポート届け出

前回の90日レポートから期間が経っていますが出国のためで、再入国日から90日は自分でカウントしています。90日レポートはジョムティエンビーチのイミグレオフィスで、無料で行うことができます。必要なものはパスポート、出国カード、前回の90日レポートです。

必要な書類
・パスポート
・出国カード
・前回の90日レポート

正面のカウンターで90days reportなどといい、整理券をもらいます。初回はTM47のフォームに記入が必要でしたが、2回目からは前回の90日レポートのバーコードを使用して手続きするので、書類は不要です。

■前回の90日レポートと整理券90日レポート

90日レポートは右奥側の4番のカウンターで行います。自分の順番になり、係員にパスポート、出国カード、前回の90日レポートを渡すだけです。バーコードで前回のデーターを読み取り、コンピューター照合して、新しい90日レポートの書類を作ってくれます。私の90日レポートには、9月4日が90日レポートの期限ですが、7月末にビザの有効期限が切れることが手書きで追記されていました。7月にビザを更新しても、出国しない限り90日レポートの期限は変わらないのでご注意ください。

■右奥の4番窓口で受付90日レポート

■新しい90日レポートの書類90日レポート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビザ・行政手続
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. ken@ より:

    無料何ですね。
    大変勉強になりました。
    有り難うございます。

    • Shepard より:

      ken様

      90日レポートは許認可でなく、ただの届けですので手続きは簡単なようです。
      形骸化していることも否めませんが遵法精神は持つようにしています。