Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤ国際花火大会が盛大に開催 初日

現在パタヤビーチで花火大会が開催されています。昨日1回目の花火を見てきましたのでその時の様子をお知らせします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤ国際花火大会

2018年6月8日、9日にパタヤ国際花火大会が開催され、タイムスケジュールは以下のようになります。両日ともに各2回の花火の打ち上げとコンサートが開かれます。セントラルパタヤロードとビーチロードの交差点が花火大会のメイン会場になります。打ち上げはパタヤビーチの会場から行われ、セントラル・フェスティバルからハードロックカフェの辺りが観戦適地になります。

■6月8日
19:00 オープニングセレモニー
19:30 オープニング花火
19:40 花火ショー1 ブラジル&イタリア
20:15 Playground コンサート
21:30 花火ショー2 スウェーデン&イギリス
22:00 Big Assコンサート

■6月9日
19:00 オープニングセレモニー
19:30 オープニング花火
19:40 花火ショー1 イタリア&ブラジル
20:15 Modern Dog コンサート
21:30 花火ショー2 スウェーデン&イギリス
22:00 25Hours コンサート

■タイムスケジュールパタヤ花火大会

花火会場の様子

昨日は様子見ということもあり、1回目の花火を見るために19時のオープニングセレモニーに合わせて出発しました。途中渋滞していましたがセントラル・フェスティバルにバイクを駐輪して、ビーチに向かいました。

ビーチロードは車両通行止めになっており、ビーチ沿いにはたくさんの露天が並んでいました。セントラルパタヤロード側に向かって歩き始めましたが、ビールメーカーのLEOがメインスポンサーになっているようで、いたるところにLEOビールの露店とLEOガールが出没していました。

セントラルパタヤロードの交差点にメインステージが設置され、オープンニングセレモニーとコンサート会場になっていました。オープンニングセレモニー時にはゲートコントロールがありましたが、コンサート時には無料で開放されていたようです。

花火の観戦場所を探し始めましたが、メイン会場の近くは有料観戦エリアになっておりビーチに入ることができません。しかし、メイン会場を100mくらいすぎると、自由にビーチに出入りできることができ、私は200mくらい通り過ぎたところで観戦しました。この辺りは、花火の打ち上げ場所の正面で、メイン会場の音声も聞こえ、人もさほど混雑しておらず、ほぼベストポジションだった思います。ビーチには40バーツでビニールシートの売り子がたくさんおり、座ってゆっくり観戦することができます。

■ビーチロードは車両通行止め メイン会場以外は人も少なく歩きやすいパタヤ花火大会

■LEOビールの露天とLEOガール 50m間隔で出没パタヤ花火大会

■モニュメントパタヤ花火大会

■メイン会場 花火大会の前パタヤ花火大会

■メイン会場 コンサート開催時 人で通行困難パタヤ花火大会

■ビーチの様子 さほど混在しておらず、特等席から花火を観戦パタヤ花火大会

花火大会の様子

19時のオープニングセレモニーに合わせて到着しましたが、安定の40分遅れでセレモニーが始まりました。セレモニーはタイ語が主体ですが、国際大会ということで英語のアナウンスも所々にあり、進行の流れは理解できます。セレモニーはパタヤ市長と軍隊の将軍と誰かの挨拶が行われ、30分くらいで終了しました。

その後は40分遅れの20時10分頃に英語でカウントダウンが始まり、オープニング花火が打ち上げらました。その後は各10分程度の休憩をはさみ、ブラジルチームとイタリアチームの花火が打ち上げられ1回目の花火は終了しました。

花火は200mくらい沖合のテトラ(?)から打ち上げられ、なかなかの大迫力でした。花火は日本の花火と違って、種類のバリエーションが少なくワビサビがありませんが、その分は数で勝負してきます。各セッションともに5分間くらい息をつく間もなく花火の打ち上げは続きました。

■花火1パタヤ花火大会

■花火2パタヤ花火大会

■花火3パタヤ花火大会

■花火4パタヤ花火大会

■花火5パタヤ花火大会

■花火6パタヤ花火大会

■花火7パタヤ花火大会

■花火8 パタヤ花火大会

正直なところ花火大会に大きな期待をしていませんでしたが、想像以上に良い花火が見れました。花火は至近距離の特等席から見ることができ、さほど混雑もしておりませんでした。風も適度にあり心地よい気候で、本日はビール片手に2回目のショーを見に行ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント