アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第5回

昨年の9月からアパートの部屋の前で高層コンドミニアムの工事が始まりました。前回から約2ヶ月経過しましたの現在の状況をお知らせします。

リンクはこちらから:アパートの前に高層コンドミニアムが建つみたいです

リンクはこちらから:アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第2回

リンクはこちらから:アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第3回

リンクはこちらから:アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第4回

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでの工事状況

昨年の9月から、高層コンドミニアムの工事が始まり、約半年間が始まりました。

2017年9月から11月 整地(草刈り)・基礎パイル打ち
2017年12月 基礎部総堀り、工事クレーン設置
2018年1月から 基礎工事(地下部分)

 

コンドミニアムの工事が始まると、整地(草刈り)をしたあとに、基礎のパイル打ちを延々と行っていました。パイル打ちは日本のように重機を使用するのではなく、手作業で一つづつ時間を掛けて行っていました。作業員も10名程度でパイル打ちのピッチは上がらず、完了するのに3ヶ月くらい掛かりました。

その後はダンプカーが集結して基礎部分の総堀りが始まり、正月明けにパタヤに帰国した際には工事用クレーンが設置されていました。

今年に入ってからは、地下部の基礎工事を延々と行っています。写真を時系列に掲載しておきますのでご参考にしてください。

■2017/9/15の様子 草地
アパート前の開き地

■2017/10/12 基礎パイル打ち
コンドミニアム工事

■2017/12/15の様子 総堀り(1回目)コンドミニアム工事

■2018/1/22の様子 基礎工事開始コンドミニアム工事

現在の工事状況

今年に入ってからは地下部分の基礎工事を行っています。地上から4mくらい掘り下げられて、最近ようやく底部のコンクリート打ちが終わりつつあります。

作業はユンボで1区画ずつ整地しながら、鉄筋を設置し、コンクリートを流し込んでいます。基本的に手作業で、お世辞にも効率的だとは言えませんが、ようやく少しずつ形になってきたようです。

工事は土日含めて突貫で行っており、時々夜遅く(時には12時頃)までライトを点けて工事をしています。しかしながら、作業員が20名程度しかおらず、思うようにピッチが上がらないようです。もう少し、作業員を増やせばと思うのですが、タイといえども3K労働者を見つけるのは容易なことではないのかもしれません。昼間の炎天下での建設作業は、アパートの窓から見ているだけで過酷そうに見えます。

基礎工事にまだ1-2ヶ月は掛かりそうで、コンドミニアムの完成には更に2年くらい掛かりそうな気がします。その時まで今のアパートに住んでいるか分かりませんが、しばらくは工事の行方を見守ろうと思います。

■2018/4/4の様子 基礎工事70%?
コンドミニアム建設

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント