Twitterを始めました。よろしければフォローください。

アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第3回

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第3回

9月からアパートの部屋の前でコンドミニアムの工事が始まりました。先週基礎のパイル打ちがようやく終わり、基礎部分の総掘りが始まりました。

リンクはこちらから:アパートの前に高層コンドミニアムが建つみたいです

リンクはこちらから:アパート前のコンドミニアム建設工事の様子 第2回

パイル打ち完了

パイル打ちは前回のブログでお伝えしたとおり、ヤグラを組んで手作業で打ち込んでいました。ヤグラを使ったパイル打ちは非常に巧妙な作業ですが、非効率的で1ヤグラで一日1-2本の打ち込みペースです。2ヶ月以上の期間を掛け、100本以上のパイル打ちが、先週ようやく終了しました。コツンコツンとパイル打ちの騒音に悩まされていましたが、ようやく開放されそうです。

パイル打ちの期間は建築作業員が建築現場の片隅で粗末なテントで飯場暮らしをしておりました。小さな子どもをつれて家族連れの住み込みで、タイの庶民生活の底辺をみたような気がします。現在は飯場のテントも撤去され、次の建築ステージに進んでいます。

総掘り開始

先週後半からユンボを使った基礎の総掘りが始まりました。10台以上のダンプカーがピストンで土を搬出しており、こちらはかなり効率的に行われています。土壌が柔らかいせいかユンボで簡単に土を掘り起こせ、かなりのペースで工事が進捗しています。

現在は先週末に降った雨がたまった状態で、今後どのように対処するのか気がかりです。総掘り工事を見る限り、アパートの前一面にコンドミニアムが建ちそうで、景観がまったくなりそうです。

写真は工事が始まって2日半くらいのもので、総掘りはそれほど時間がかからないような気がします。明後日から2週間ほど日本に一時帰国するので、戻ってきたときにはかなり進捗があるように思います。

コンドミニアム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント