バンコクのショッピングセンター MBK(マーブンクロンセンター)の紹介

本日はバンコクのショッピングセンター、MBK(マーブンクロンセンター)を紹介します。携帯ショップで有名ですが、タイの土産物を買うにも適した場所だと思います。

バンコクのショッピングセンター MBK(マーブンクロンセンター)

MBK(マーブンクロンセンター)

マーブンクロンセンターはバンコクの巨大ショッピングセンターで、MBKと呼ばれています。バンコクの携帯電話ショップの集積場所としても有名ですが、携帯以外の多くのモノも売られています。アクセスはBTSのナショナル・スタジアム駅と直結していますので迷うことはないと思います。

1985年開業。地上8階建て幅は約330m。89000m2の売り場面積を持ち、携帯電話や電気製品、家具などを中心として約2500の店が入居している。開業当時はアジア最大のショッピングモールであった。ドゥシュタニ・グループ(Dusit Thani Group)が経営する。毎日平均で約10万5千人が訪れる。

出典:Wikipediaより

MBKは1985年開業の89,000平米の売り場面積をもつ巨大な老舗デパートです。創業から、30年以上経つために、建物には老朽化は見られますが、エアコンもほどよく効いており、ショッピングを楽しむことができます。新しくできたセントラル・ワールドやサイアム・パラゴンなどの現代的なショッピングモールに比べれば見劣りしますが、タイらしさを感じることのできる場所だと思います。

ショッピングモールは巨大で、ゆっくり見て回ると半日くらいは必要になります。気になるショップを見つけても、次回訪問時に場所がわからなくなるほどです。テナントは有名ブランド店よりも、小さな小売店が多く入居していることが特徴です。

MBKで最も有名なのは携帯ショップで、携帯電話・SIMカード・アクセサリーなどの販売や修理を行っています。携帯ショップ以外にも、電気製品、家具、雑貨、土産物、ファッション、化粧品、貴金属、レストランなど、ありとあらゆる店舗が入居してます。映画館、ボーリング場、ゲームセンターなどのアミューズメント系の施設もあり、タイ人にも人気があります。日系の東急デパートが入居していますが、日本のモノを探すのであれば、セントラル・ワールドの伊勢丹に行ったほうがいいと思います。

タイ雑貨、土産物などもたくさん売られておりますので、多くの観光客も訪れています。基本的にはローカル価格ですが、一部は観光地価格になっていますので一応注意しましょう。私は同じモノをチャトゥチャック・ウイークエンドマーケットで半額以下で売られているのを見たこともあります。東南アジアですので、挨拶代わりに値切ってから買えばいいと思います。

■BTS駅から直結しています。外装は白基調にリノベーションしていました

■内部は広大です。迷子にならないように注意しましょう

売り場案内

場内の案内図がありましたので、簡単にフロアー案内を転記しておきます。内部は非常に広く、私も4階の携帯ショップと最上階の映画館以外はよく把握できていません。

英語日本語
1階
(Gl)
Tokyu department
Tops market
Fashion & Beauty
Food & Beverage
Golf & Jewelry
東急デパート
Topsスーパーマーケット
ファッション・化粧品
レストラン・喫茶
ゴルフ・貴金属
2階Tokyu department
Fashion & Beauty
Food & Beverage
Golf & Jewelry
東急デパート
ファッション・化粧品
レストラン・喫茶
ゴルフ・貴金属
3階Tokyu department
Fashion & Beauty
Food & Beverage
Golf & Jewelry
東急デパート
ファッション・化粧品
レストラン・喫茶
ゴルフ・貴金属
4階Tokyu department
Electronics
Money park
東急デパート
携帯電話
銀行・両替
5階The fifth food avenue
Camera master
Furniture
Outlet in town
レストラン
カメラ
家具
アウトレット
6階MBK food island
Fashion & Beauty
Craft village
The foodies
フードコート
ファッション・化粧品
工芸品
レストラン
7階SF Cinema city
SF strike bowl
Food & Beverage
映画館
ボーリング場
レストラン・喫茶

■MBKの場内案内図です。

■1階(グランドフロアー)

■2階

■3階

■4階

■5階

■6階

■7階

MBK内部の様子

ほんの一部分ですがMBK内部の雰囲気を紹介しておきます。タイのざわざわした、ローカル感あふれる雰囲気が満載です。

■携帯ショップ1 小さな携帯ショップがところ狭しと並んでいます

■携帯ショップ2 プレミアムナンバーのSIMカードを売っています

■カメラ店 日本のビックカメラとは関係ありません。電気製品はたいてい日本で買うほうが安いです

■タイ雑貨1 多くはコピー品ですので注意しましょう

■タイ雑貨2 タイシルクのお店です

■テーラー 時間の有る方はスーツを作ってみてはいかがでしょうか

■貴金属店 タイでもゴールドは人気があります。金の時価で値段は変わります

■家具 オフィス用から重厚な家具まで売られています

■マツモトキヨシ 始めて海外で見かけました

■ゲームセンター 日本の古いゲーム機が大活躍しています

本日はMBKセンターの紹介でした。携帯ショップで有名ですが、複合ショッピングセンターとしてタイらしさを感じることのできる場所だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする