台湾でバス乗車時に利用して欲しいアプリ、台湾公車通の紹介

本日は台湾でバスに乗る時に、是非利用して欲しい便利なアプリ、台湾公車通を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾のバス事情

台湾のバスは比較的システマチックに運行されており、東南アジアでは分かりやすい方だと思います。バスには路線番号がついており、路線番号を頼りにバス乗れば、目的地に到着することができます。バスは頻繁に運行にしており、運賃も安いため、慣れれば便利な公共交通機関です。

注意事項として、運賃の支払い(交通カードのタッチ)が、乗車時、降車時、乗降車時の3パターンあることです。バス内に表示されていますが分かりにくいので、運転手に聞くか他の乗客を真似るのがいいと思います。以下の電光掲示板の表示は、上車収費:乗車時支払い、降車収費:降車時支払い、乗降車収費:乗降車時支払いを表しています。

台湾公車通

また、時刻表がない路線が多く、その場合は「〇〇時から○○時まで混雑時は〇〇間隔で運行」のように表示されます。

台湾でバスに乗るときに便利なTips

台湾でバスに乗る時にスマートフォンと悠遊カードを準備することをお勧めします。

スマートフォンは海外滞在中の必須のアイテムで、渡航前に海外でスマホを利用する準備をすることをお勧めします。SIMフリー携帯を持っていれば現地でSIMを購入するのをお勧めしますが、なければ日本でポケットWiFiを借りたり、ローミングプランに加入するのがいいと思います。

また、台湾到着後に悠遊カードと言われる交通カードを購入することをお勧めします。悠遊カードは日本のスイカなどと同様の交通カードで、電車、バス料金の支払い以外にもコンビニでも使用できます。台湾のバスは料金が分かりにくいうえに、お釣りが出ないので交通カードを持っていたほうが便利です。

1.スマートフォン
2.悠遊卡(悠遊カード)
3.台湾公車通アプリ

台湾公車通アプリ

台湾公車通はGPSでバスの運行状況が分かるアプリで、iPhone、Androidともに無料で利用することができます。アプリはGPSと連携しており、1分間隔でバスの現在位置が分かります。現在は中国語のアプリしかありませんが、漢字文化なのでなんとなく意味はわかると思います。

リンクはこちらから:Apple Storeの台湾公車通のサイトへ

リンクはこちらから:Google Playの台湾公車通のサイトへ

台湾公車通のアプリはGPSと連携しており、バスの現在位置や降車バス停を確認するときに特に便利です。但し、目的地から路線番号の検索はできないので、路線番号は事前に調べておくことをお勧めします。

○:乗車バス停の位置把握
◎:降車バス停の位置把握
◎:バスの現在位置の把握
◎:バス路線図の把握
○:バス運賃の把握
アプリの操作方法は直感的に分かると思いますが、簡単に説明しておきます。

バス検索

アプリをインストールして立ち上げるとバスの検索画面が表示されます。地域ボタンをクリックし、路線番号を入力して、目的のバスを選択します。長距離バス路線は公路客運から、主要6都市以外は下部の其他地区から検索できます。

台湾公車通

台湾公車通

路線図

バス番号を選択すると路線図のが画面に切り替わり、上から2列目の往〇〇で往路と復路の切り替えができます。

路線図の画面で赤色表示のところにバスが走行しており、空色表示の欄にバス停までの到着時刻が表示されます。但し、始発のバス停などで出発前のバスの到達時刻が上手く表示されないことがあります。

他には上部のiマークをクリックするとバスのインフォメーション、資料マークをクリックすると地図が表示されます。

台湾公車通

インフォメーション

インフォメーションは上から乗車区間、運賃徴収方式、平日運行時刻、休日運行時刻が掲載されています。内容が理解できなくても問題はないと思いますが、興味があるようでしたらご自身で解読してください

以下の例では、運賃は重陽橋/土林国中を跨いで乗車するときには、乗降車時には各15台湾ドルを氏支払う。また、平日は4時40分から21時45分まで運行しており、混雑時は3-6分間隔、通常時は7-10分間隔、21時30分以降は12-15分間隔で運行と書いてあります。

台湾公車通

地図

地図画面からはGPSでバスの走行している場所を確認できます。地図を確認しながらバスに乗れば現在位置が分からなくなることや降車バス停を間違えることはなくなると思います。

台湾公車通 台湾公車通

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント