2019年パタヤソンクラーン3 ビーチロード他 最終日

パタヤのソンクラーンの最終日の様子を写真でお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概況

タイのソンクラーンは一般的に4月13日から16日になりますが、パタヤは19日がワンライと言われる地域の休日となり、クライマックスとフィナーレを迎えます。これまでの水掛けは外国人と外国人向け商売の関係者のみでしたが、ワンライの最終日は一般のタイ人が大勢参加して盛り上がります。

昨日は徒歩でサードロード⇒セントラルパタヤロード⇒セカンドロード⇒ソイ6⇒ビーチロード⇒WS⇒セカンドロード⇒ソイニュープラザ⇒ソイブッカオ⇒ソイPPを様子を見てきました。多くのタイ人が参加してパタヤ中が賑やかでしたが、コンサートの開催、露天商の数、水掛けの水力などを比べると、一昨年や昨年と比べて少し下降気味になっている印象を受けました。

サードロード

昨日はサードロードからですが、最終日は各所で水掛けを行っていました。多くは常温水での攻撃なので、炎天下に心地よく水を浴びることができます。ワンライの日はピックアップトラック軍団が出没し、道路は大渋滞します。

■タイ人が多数水掛け 殆どが常温水だが、白い粉を塗られる

■ピップアップトラック軍団 禁止されていたような気もするが???

セントラルパタヤロード

セントラルパタヤロードもあちこちで水をかけられますが、タイ人が殆どで常温水なので余裕です。

■常温水ならほどよい清涼剤

■路面はウェットコンディション

セカンドロード(北側)

セカンドロードでも多数水掛けが繰り広げらます。セントラルマリーナの周りが派手にやっていると思われます。

■ボウリング場の交差点の前

■ソンテウ軍団 道路はどこも渋滞

ソイ6

ソイ6はパタヤ有数の激戦地で、外国人とタイ人が入り乱れて、大量の氷水攻撃を受けるので危険です。激戦はいつものことですが、昨日は昨年ほどの派手さはないように感じました。

■ソイ6入り口 足早に駆け抜けるに限る

■このくらいなら余裕だが、ソイ6の攻撃はたいてい氷水

ビーチロード(北側)

毎年ワンライの最終日は、ビーチロードが歩行者天国になります。通行止めのため氷を売りに来る車が入れず、炎天下に適度に水を浴びながら散策することができます。昨年まではたくさんの露天商が並んでいましたが、今年はありませんでした。

■ソイ6入り口から北側 この辺りは平和

■ソイ6入り口から南側

■ハードロックカフェ 毎年ヌレヌレのコンサートで大盛り上がり

ビーチロード(南側)

ビーチロード南側は警察署の前にタイ政府主催のステージがあり、最も賑わっていました。しかし、セントラルパタヤロードの交差点やMIKEショッピングモールのステージはありませんでした。

■交差点からセントラルフェスティバル方面 ここから混雑

■ソイ8入り口の激戦地

■警察署前 この辺りが一番混雑

■セントラルフェスティバル 水掛けサービスとコンサート 20バーツ

■セントラルフェスティバルを抜ける ここまで来るとほのぼのと平和

■MIKEショッピングモール 例年はコンサートが開けれていたが今年はなし

■WS側のバービア 殆どが常温水攻撃で余裕

■消防車出動 もちろん給水用

WSからセカンドロード

WSからセカンドロードまでが歩行者天国になります。

■路面はあまり濡れておらずほのぼのとした光景

■これは毎年のお約束 ご苦労様です!

セカンドロード(南側)

セカンドロードは一般車が通行し大渋滞します。氷水攻撃はあまりありませんが、あちこちから狙われます。

■最終日はタイ人が主役

■バービアはどこもこんな感じ

ソイニュープラザ

ソイニュープラザは馴染みのバービアで少し長居をしました。普段は激しい応戦が繰り広げらるはずですが、3時頃には水は使いすぎでチョロチョロ、氷も売り切れ続発でやや沈静化しておりました。

■激しい応戦のあとで、水不足で沈静化

■ソイニュープラザのソイブッカオ側

ソイブッカオ

ソイブッカオは4時頃通りましたが、ソイニュープラザと同様でやや沈静化しておりました。それでも氷水攻撃は何箇所かでくらいました。

■ソイニュープラザから曲がったところ 大渋滞

■この辺りがソイブッカオの激戦地

■クランクの辺り

ソイPP

普段は平和なソイPPもワンライの日は水掛けが行われます。

■マッサージ店からの攻撃

2019年のソンクラーンも昨日で終了しまし、本日から普段の平和はパタヤに戻っています。私は3日間の参戦に留まりましたが、多くの方に楽しく遊んでもらいありがとうございました。ご縁がありましたら、また来年お会いすることを心待ちにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント