ご不便おかけしております:只今ウェブサイトのリニューアル中

つれづれ放牧記82 毎週土曜日はパタヤ雑感記を書いています

本日は土曜日なのでいつものようにつれづれな話題を書いていこうといこうと思います。お時間のある方は最後までお付き合いください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風、地震で被害に合われた方にお見舞い申し上げます

今週は立て続きに台風と地震が日本を直撃し、大きな被害をもたらしました。また、少し前の豪雨や酷暑などと合わせ、今年は自然災害の多い夏のようでした。災害の被害に合われた方には、心からお見舞いを申し上げます。

さて、パタヤの自然災害についてですが、幸運にも私が移住してから大きな災害はありません。地形的には台風が来そうな気がするのですが、何故かパタヤに台風は来ません。また、地震や火山の心配もありませんし、暑さも日本の酷暑ほどでもなく冬の豪雪もありません。海抜ゼロのビーチリゾートなので津波が心配なのですが、タイランド湾の中で大津波は来ない(真偽は不明)と言われています。

一方で、大雨と洪水についてはリスクがあるのかと思っています。パタヤは排水システムがプアで、道路の膝下までの冠水はしょっちゅうなので、豪雨が続けば大変なことになりそうです。

忘れて頃にやってくるのが災害なので、私自身今一度用心をしようと思います。

訪タイ時にはデング熱にご注意

少し前にパタヤのローカル新聞の記事で、タイでデング熱が蔓延していることを知りました。いたずらに不安を煽るつもりはありませんが、情報として提供しておきます。

英語ではデング熱のことを「dengue」と言い、タイでは今年に入ってから、すでに5万人以上の感染者がいるです。タイの66の県でデング熱の感染が報告され、そのうちの65人が亡くなったようです。ツーリストが訪れるやすいところでは、プーケットが含まれています。

私も詳しくは知りませんが、デング熱は蚊を媒体として感染するウイルスで、東南アジアではよくある感染症です。症状は発熱、関節痛、発疹などで、致死率はそれほど高くないようです。ちなみにバンコクやパタヤの繁華街では殆ど蚊を見たことがないので、少しは気休めになるのかもしれません。デング熱に対しても過度な心配は不要だと思いますが、どうしても気になる方は予防接種を受けるなどの措置をお勧めします。

リンクはこちらから:PattayaOneのウェブサイトへ

第3回目のダイエット 9/3から

既にブログでもお伝えしているように、今週の月曜日から3回目のダイエットを始めました。今回の減量幅は4.4kg(7.1%)のため、楽勝かと思いきやスタートダッシュで失敗してしました。しかし、スタート後3日経っても一向に体重がまったく減らず少し焦りましたが、現在はなんとか0.6kg減少しています。ダイエット初期は食生活と酒にさえ気をつければ、始めの5日で1kgは簡単に減ると思っていただけに、少し予定外のスタートになりました。ちなみに禁酒が4日で飲酒が1日のみでした。

一方で嬉しいこととして、1回目のダイエットのゴールが65.7kgでしたが、今回は5日間でほぼ同じ水準に到達しました。最初のダイエット終盤はもがき苦しみ、ヘロヘロで動けなくなりましたが、現在はまだ元気一杯です。また、その時のウエストは84cmでしたが、現在はほぼ同体重で82cmになっています。これは筋トレを1年間続けたおかげで少しは筋肉が付き、同じ体重でも脂肪が少ない身体になってきたのかと思われます。これまで試行錯誤を繰り返しながら、いろいろと苦しい思いをしてきましたが、ようやく少しは自分の体質が変わってきたように感じます。

ダイエット終了までには、あと6-7週間くらい掛かりそうですが、今回も気合を入れて頑張ってみます。

 日付体重減少ウエスト
9/366.4kg83cm
9/865.8kg-0.6kg82cm
目標62.0kg-4.4kg78cm

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。今後共応援をよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
つれづれ放牧記
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. Lucky man より:

    先日、親日トルコ人のケバブ屋さんに行ってきました。
    ケバブはおいしく、フレンドリーでとても良いですね。
    昨日の夕食もこちらで済ませました。
    次回はスパゲティを食べてみようと思います。

    私はあまり出歩かないのでシェパードさんの情報は助かります。

    • Shepard より:

      Lucky man様

      少しはお役に立てたようで嬉しく思います。
      私も食べに行きたいのですが、ダイエット中のためしばらくは行けません。
      パタヤのケバブ業界は競争が激しいので、お店が長く続けばと祈っています。