楽天マガジン:海外から日本の雑誌が200誌以上読み放題

以前に海外から日本の雑誌が読めるサービスとして、NTTドコモが運営するdマガジンを紹介しましたが、今回は楽天マガジンを紹介します。

現在私は楽天マガジンを利用していますが、両サービスの違いは読みたい雑誌が有るか無いかくらいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天マガジン VS dマガジン

楽天マガジン、dマガジンともに、オンラインで日本の雑誌が読むことができるサービスです。両サービスともに200種類以上の日本の雑誌を発売日に読むことができ、一部のバックナンバーも読めます。他にも数社が同様のサービスを提供していますが、楽天マガジンとdマガジンが使い勝手がいいように思います。

楽天マガジンとdマガジンのサービス内容を比較すると、お互いをライバル視しているようでサービス内容に大きな違いはありません。楽天マガジンのほうが少しだけ会費が安くなりますが、差別化と言うほどではありません。

月額(税込)楽天マガジンdマガジン
月額(税込み)410円432円
年額(税込み)3,888円(324円/月)なし
ポイント楽天ポイントdポイント
無料期間31日間
(日割りで課金)
31日間
(月割で課金)
取扱雑誌数200誌以上200誌以上
必要アカウント楽天IDdアカウント
使用デバイス数5台(PCは不可)5台+PC1台

閲覧できる雑誌の種類ですが両サービスともに200誌以上の雑誌を読むことができます。ざっくり8割くらいの雑誌はどちらのサービスでも読むことができ、残りの2割くらいは片方のサービスでしか読むことができません。具体的に読みたい雑誌を確認して、読みたい雑誌のあるサービスを選べば間違いないと思います。

公式には両サービスともに海外からの利用できないことになっていますが、これまで私が利用した限り問題なく利用できています。

利用した感想

これまで、dマガジンを利用していましたが、最近楽天マガジンに変更しました。変更した理由は楽天マガジンはF1速報と将棋世界が読めることだけで、dマガジンに不満があったわけではありません。私は普段iPadでベッドでゴロゴロしながら雑誌を読んでいます。また熟読するのでなく、1雑誌10分くらいの斜め読みで月に20誌くらいの雑誌を読んでいます。

楽天マガジンの使用方法はアプリをダウンロードしてログインするだけで、使用勝手はdマガジンとほとんど同じです。気になる箇所は、dマガジンはクリック後すぐに雑誌が読めましたが、楽天マガジンは読み始めまでに数秒掛かることくらいです。

私は海外(タイ)から利用していますが、50Mbpsくらいの回線スピードがでているので、日本に住んでいた頃と同様に雑誌を読むことができます。

■トップ画面楽天マガジン

■雑誌選択画面 バックナンバーも閲覧可

楽天マガジン

■実際の閲覧 フルスクリーン表示にもなる楽天マガジン

今回はdマガジンを解約して、楽天マガジンに加入しましたが、どちらも素晴らしいサービスです。両者は読みたい雑誌が有るか無いかだけの違いで、サービス内容に大きな違いはありません。

海外に住んでいても、気軽に日本の雑誌を読むことができ、日本の時事ネタを仕込むのに役立っています。10年前に海外に住んでいたころと比べるとITの進化が著しく、海外での生活がずいぶん便利になったと実感しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
携帯・パソコン
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント