Twitterを始めました。よろしければフォローください。

え~:アルコールとタバコが近日中に増税? 続報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

え~:アルコールとタバコが近日中に増税? 続報

一昨日にアルコールとタバコの増税についてのニュースを紹介しました。その後、パタヤワンのニュースサイトに関連する記事が掲載されていましたのでフォローします。

リンクはこちらから:え~:アルコールとタバコが近日中に増税?

Pattaya Oneの報道内容 続報

まずはPattaya Oneサイトの続報ニュースの原文を転機しておきます。

New taxes not that bad after all

After all the panic about how the new taxes that came in over the weekend would make everything so expensive, it turns out they aren’t that bad after all.

New tax laws on alcohol, cigarettes, and sugary drinks came into effect over the weekend. There was much panic in the city since the government made no announcements about how much the rate was going to increase. Some Thai news stations predicted astronomical new rates that led to hoarding by individuals, shop, and bar owners.

However, the panic was unfounded as the increased rates are not terribly high for the products purchased by most people.

The new prices for sodas and soft drinks will be just 13-50 satang more per unit and 32-90 satang higher for energetic drinks.

For local beers, buyers will be paying 50 satang more for a can of beer, THB2.66 for a bottle of beer. For more expensive imported beers, the price will actually go down by THB1-2 per bottle.

The price of whisky will increase by THB8-30 for local whisky, and THB3-26 for imported whisky bottles, according to Thai PBS.

Imported wines costing over THB1,000 will go up by THB110 per bottle, while local wines and cheaper imports will go down by THB25, according to Bangkok Post.

Cigarettes costing under THB60 will see a price hike of THB4-15 per pack. Those costing over THB60 will see a THB2-14 increase in prices.

The government expects these new taxes to net about THB12 billion for the government annually.

リンクはこちらから:Pattaya Oneサイト(オリジナルソース)

適当に意訳しておきますが、英語は不得意でひどい訳だと思いますので、詳細は原文を確認ください。

新しい税金はそれほど悪くなかった

新しい税金は高額になると予測され皆がパニックになっていたが、実際にはそれほどひどくなかった。

新しい、アルコール、タバコ、砂糖入り飲料の増税は、週末から適用された。これまでタイ政府は具体的な増税額を示さなかったため、市民の間でパニックがおきていた。幾つかのニュースで天文学的数字の値上げになると報じられ、個人の買い溜めも起きていた。

しかし、殆どの人にとって、予想されていたほどひどい新税制ではなかった。

タイ政府は増税により約120億バーツの増税を見込んでいる。

項目値上げ金額備考
ソフトドリンク0.13-0.5バーツ
エナジックドリンク0.32-0.9バーツコーラ類?
缶ビール0.5バーツ
瓶ビール2.66バーツ大瓶?
輸入ビール1-2バーツ値下げ
タイウイスキー8-30バーツ
輸入ウイスキー3-26バーツ
輸入高級ワイン110バーツ1,000バーツ以上
ローカルワイン
輸入安価ワイン
25バーツ値下げ
タバコ(60バーツ未満)4-15バーツ
タバコ(60バーツ以上)2-14バーツ

一昨日のブログでも紹介しましたが、タイ政府は今年の3月に酒税とたばこ税の増税を発表していました。しかし、具体的な増税額のアナウンスがなく、現在40バーツ以下のビールが120バーツ以上になるような噂となり、フェイクニュースとして流れていたようです。

このような噂が先行して週末に増税が実施されたわけですが、実際の増税幅はリーズナブルな範囲と判断されて、前半パートのニュースが書かれているのだと思います。

具体的な増税額については表にまとめておきました。「satang」と書かれているのはタイの少額通貨のことでで、1バーツ=100サタンです。一昨日のニュース内容と若干増税額が違うような気もしますが、これが最終的に消費者の受ける影響だと思います。

今回の税制変更は酒、タバコに加え、砂糖入り飲料も対象になっているようです。缶ビールと瓶ビールで増税額が矛盾しているように感じますが、致命的な増税にはなっていないのでまずは一安心です。また、ビールよりもウイスキーとワインのほうが嗜好品とみなされ、増税幅が大きいように思えます。タバコに関しても一昨日のニュースよりは増税幅が少なくなっているようです。

いろいろと噂に振り回された増税のニュースでしたが、最終的には落ち着くところに落ち着いたようです。

バービアの影響

最近あまりで飲み歩いていないのですが、昨日馴染みのバービアで影響を聞いてきました。ビールが50-65バーツの安バービアですが、数日中に5バーツづつ値上げすると言っていました。40バーツのウイスキーコーラなども5バーツの値上げをするみたいです。

2017/9/30追記 結局値上げはされず増税の影響はありませんでした。

50バーツのビールが55バーツに値上がりしますので、値上げ率は10%になります。便時値上げそのものですが、殆どのバービアは経営的に厳しいので、ある程度は致し方ないのかと思います。他のバービアは確認していないのですが、5-10バーツの値上げは覚悟しておいたほうがいいのかと思います。

ちなみに、本日パタヤ・アベニュー(少し値段が高めのスーパー)でシンハー・ビールの値段を確認してきましたが、小瓶が40バーツ、大瓶が61バーツでした。元々の正確な値段はわかりませんが、私は近くの雑貨屋でシンハー大瓶を60バーツで買っていたので、大きな値上げではないと思います。

最終的に今回の増税は収まる範囲に収まり、生活に直撃するような大きな影響はないようでした。しかし、便乗値上げを含めたレストラン、バービアなどの最終消費価格で考えると、それなりの影響はあります。私の場合。月に100本くらい(レディードリンク含む)はバービアでビールを飲んでいますので、年間6,000バーツくらいの影響でしょうか。今回の増税は好ましいことではありませんが、まずは一安心といったところです。これ以上の増税がないことを願っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント