Twitterを始めました。よろしければフォローください。

ベトナム航空の格安チケットの搭乗レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベトナム航空の格安チケットの搭乗レビュー

今回の日本帰国はベトナム航空のハノイ経由でセントレアまで移動しました。レガシーキャリアとしては格安の8,365THBでチケットが取れました。初めてのベトナム航空でしたので簡単に搭乗レビューをしてみます。

予約とチェックイン

予約

予約は6月初旬にベトナム航空のウェブサイトから、ハノイ経由のセントレア便を予約しました。フライト代はプロモーション価格適用で往復8,365THBと格安でした。私の予約した格安チケットでは、予約時にシートの指定ができませんでした。ベトナム航空はスカイチームのアライアンスです。

リンクはこちらから:日本行き航空券を予約しました 8月後半/年末

スワンナプーム空港

予約時の手違いだと思いますがEチケットが届かず、ベトナム航空にメールで問い合わせしても返信も届きませんでした。予約番号から確認すると、予約は完了しているみたいなのでEチケットなしでチェックインしました。

少し早くスワンナプーム空港についてしまったのですが、ベトナム航空のチェックインカウンターは搭乗の3時間前からのオープンでした。チャックインはパスポートと予約状況のスマホのスクリーンショットを提示しました。これで問題なくチェックインでき、シートも通路側に変更してもらいました。

セントレア

セントレアのチャックインは共同運行会社のANAが代行していました。今回は電車の到着時間の確認を怠って、出発の1時間15分くらい前でギリギリのチェックインでした。

こちらはパスポートだけで問題なくチェックインできました。チェックインが遅かったため、名古屋→ハノイの通路シートが空いておらず、3列シートの真ん中にされてしまいました。ハノイ→バンコクは通路側のシートを確保できました。

オンラインチェックインでシート指定ができるか否が分かりませんが、次回はトライしてみようと思います。

往路

機体(全フライト共通)

機体はLCCでお馴染みのエアバスのA-321を使用していました。A-321は中央通路に左右3列シートの中型機で、燃費と安全性に定評のある機体です。バンコク→ハノイのみ、少し古い機体でしたが、それ以外は比較的新しい機体を使用していました。シートピッチは若干狭い気もしましたが、LCCほどでもなく許容の範疇だと思います。また、すべてのフライトで個別のシートモニターはついておりませんでした。

乗り継ぎなどの空港ラウンジについては以下の記事を参考にしてください。

リンクはこちらから:いろいろあってプライオリティーパスのラウンジが使えませんでした

バンコク→ハノイ VN612 19:05→21:05

ヴェトナム航空のバンコク-ハノイ間はカンボジア・アンコールエアー、ケニアエアウェイズ、ジェットエアウェイズ(インド)、エティハドエアー(UAE)の共同運航便です。名前を来くと少し怯むエアラインですが、運行はベトナム航空ですので、特に違和感はありませんでした。

客質はほぼ満席でベトナム人とタイ人が殆どで、韓国人と日本人も多く搭乗していました。サービスはベトナム人のフライトアテンダーで英語も上手で問題ありません。ミールサービスは東南アジア食で、上手くもなく不味くもないといったところです。また、短距離フライトですがドリンクサービスも普通にありました。

ハノイ→名古屋 VN346 00:05→06:55

ハノイ-名古屋間はANAとの共同運航便です。深夜便でほぼ満席のフライトでした。詳しいフライトの様子は以下の記事を参考にしてください。

リンクはこちらから:ANAのサービスってなんだかな~

復路

名古屋→ハノイ VN347 10:15→13:15

帰路もほぼ満席で、チェックインが遅かったため、3列シートの真ん中で少し窮屈なフライトでした。帰路はANAのフライトアテンダントは搭乗しておらず、英語とベトナム語のみのアナウンスでした。

ミールサービスではエコノミーにもかかわらすANAのメニューがでてきてびっくりしました。食事はANAだからといって特に美味しいこともなく、ごく普通の機内食です。また、ドリンクサービスにはエコノミーにも関わらずカクテルなどもありました。ベトナム人フライトアテンダントはサービスのツボを心得ており、ワインをプラスチックグラスに並々と注いでいただきました。

ANAのサービスに対して文句を言うつもりはありませんが、日本流の過剰なサービスがフライトチケット代に転嫁されないことを強く望みます。

■食事メニューANAメニュー

■ドリンクメニュー カクテルもありますANAメニュー

ハノイ→バンコク VN613 16:00→18:00

最終フライトのハノイ→バンコクは6-7割の搭乗で、後側は結構混んでいましたが私のいた前側はガラガラでした。私はフライトアテンダントに断って席を移動し、3列シートを独占することができました。往路は韓国人が多かったですが、復路は少なく、その分日本人が目立ちました。また、往路と違って復路はA-321の新しい機体で、快適なフライトでした。

総括

今回始めてベトナム航空を利用してみましたが、すべて定刻通りに発着して、なにも問題はありませんでした。安全性を心配される方もいるかもしれませんが、アクシデントレートなどから判断すれば他の交通機関より遥かに安全なため、私は気にしないようにしています。また、ベトナム航空はLCCではなくレガシーキャリアですので、遅延、欠航の際には、無料で振替便を割り当ててくれるのも利点だと思います。

これまでは、キャセイ航空で香港をハブとして東南アジア各地に行くことが多かったですが、ベトナム航空の利用も今後の選択肢して増えました。昨日の記事でも書きましたが、ハノイ空港はプライオリティパスが使えないで、ホーチミン空港をハブとしてアジア各地にフライトするのがよさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント