つれづれ放牧記4 毎週土曜日はパタヤ雑感記を書いています

本日は4回目のつれづれ放牧記を書こうと思います。単独で記事にするには至らない雑感記ですが、お時間の有る方はお付き合いください。

つれづれ放牧記 第4回

パタヤに来て、始めて本格的な雨が振りました

昨日、2月24日ですが午後から3時間くらい本格的な雨が振りました。私がパタヤに付いたのが1月17日ですが、雨が降ったのは10分くらいの短い雨が一回だけでした。

思えば、過ごしやすかった気温も幾分上昇したように感じます。昼間の陽射しは常に暑いのですが、夜の気温がずいぶん上昇したように感じます。来た時は夜間は結構涼しく、暑さを全く感じずに外で気持ちよくビールを飲むことができました。現在は夜飲んでいると、不快とまでは行きませんが、蒸し暑さを感じることがあります。冬の過ごしやすい時期に終わりを告げ、春の酷暑シーズンに向かいるのだと思います。パタヤの酷暑期と雨季は未経験ですので少し心配しています。

下痢について耐性がついてきました

汚い話題で恐縮ですが、下痢に対する耐性がついてきたように思います。パタヤに到着した時はひどい風邪を引いており、2週間くらい下痢が止まらない状態でした。その後も食べ物には気を付けていたつもりですが、治っては下痢の繰り返しでした。1ヶ月を超えた辺りから、かなりお腹の調子が良くなってきました。屋台の食べ物を食べたり、飲み過ぎたりしても、軽度の下痢で収まり、すぐに治るようになってきました。

タイに来るといつも下痢をするのですが、ようやく慣れてきました。真偽は分かりませんが、タイの菌に対する耐性がついてきたように感じます。そうはいってもここはタイ、タイ人でも結構下痢をしていますので、油断しないようにします。

白髪を自分で染めてみました

オッチャンネタで恐縮ですが、私は40代を超えた頃から白髪が目立つようになり、髪の毛を染めています。外見を気にするような年齢でもないのですが、少しでもおねえさんからの好印象を得るために髪の毛を染めてみました。サロンは高いのでケチに徹し、市販の白髪染め剤を買ってきて、自分のアパートで染めてみました。

スーパーで一番安いタイメーカーの白髪染め剤を70バーツ位で買ってきました。白髪染め剤の箱を開けたのですが、二種類の溶剤のみでクシと混合するトレイが入っておらずに、仕方なく、別のクシ付きの白髪染め剤を買い直す羽目になりました。少ないとは思いますがタイで白髪染め剤を買う方は注意しましょう。

肝心の髪を染めた結果ですが、びっくりするくらいキレイに染まりました。普通は白髪の部分はグレーになってしまうのですが、髪の毛全体が黒く染まっています。ブラウン系のカラーを購入をしたのですが、真っ黒に近い色になってしまい、バービア嬢から髪を染めたのかと言われてしまいました。染めている時は匂いが少しキツかったですが、その後は日本のものと変わりません。これだけよく染まると、体への有害性や髪へのダメージなどの副作用が気になります。いまのところ、出来栄えには大満足しています。

膝痛でアンメルツヨコヨコを塗ってみました

こちらもオッチャンネタですが、スポーツジムの会員になりトレッドミルで張り切ってしまったまではいいのですが、早くも膝痛になってしまいました。薬局で消炎剤を買ってきて、塗ったらかなり回復してきました。日本で有名な小林製薬のアンメルツヨコヨコのクリームタイプのタイ生産品です。製品名はベタにヨコヨコと記載してあります。

タイでは薬に限らず、輸入品は関税などで日本で買うより割高になります。次に安いのが外資メーカーでタイ向けにローカライズを行った製品です。最後はタイ現地会社の製品で全般的にかなり安く買えます。当然信頼性は値段の高い順番だと思いますが、私は現地に溶け込んだ生活を目標にしていますので、基本的に輸入品の購入は避けるようにしています。タイではすべての物価が安いと思っている方もいる思いますが、輸入品は高いので注意されたほうがいいと思います。余裕があれば輸入品は日本で購入して、持ち込んだほうがいいのかと思います。

今日も最後までヨタ記事を読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする