ダイエットにチートデイは必要か? 実体験体重データー付き

ダイエット中のチートデイの効果について、自分なりに検証した結果をまとめておきます。あくまでも私自身の実体験に基づいた結果で、チートデイの是非については人によって異なるのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チートデイとは

ダイエットを続けていくと少しずつ体の代謝が落ちてきて、体重が減りにくくなります。その際にチートデイと言われる爆食い日を設けると、体の代謝量が戻り、その後に再び痩せやすくなると言われています。ちなみにチートは英語のCheatのことで、だます、インチキ、カンニングなどの否定的な意味を持っています。

・体の代謝量が戻る
・精神的なリフレッシュ

チートデイを取り入れると体の代謝量が戻ると言われていますが、私は科学的な論拠を見たことがなく、私はどちらかというと懐疑的に思っています。代謝がもとに戻るには1週間くらいは必要と思われ、たった1日くらい爆食いしたところ、代謝量はあまり変わらないのでは思っています。

一方でダイエットを長期間続けていると様々なストレスが溜まってくるので、1週間に1回くらいは気分転換のために、好きなものを食べたいだけ食べるのも悪いことではないと思っています。

チートデイの効果については私はどちらかというと否定的ですが、先人たちの知恵や経験が積み重なり多くの人がダイエット中にチートデイを取り入れているのも現実です。私の感覚ですが体重別スポーツなどで厳しい減量をやっている人の、ざっと半分くらいの人がチートデイを設けているように思います。

体重推移比較 前回と今回ダイエット

私が実際に行ったチートデイ有りと無しのダイエット記録を掲載します。どちらのダイエットも開始時の体重が同じなので分かりやすいとグラフだと思います。

前回ダイエットは前半のみチートデイを取り入れていました。チートデイは夕食のみの時が多く、もそれなりに飲んでいました。今回のダイエット始めから最後までチートデイなしで、基本的に同じものを毎日食べていました。食事内容は低脂質、高タンパク質のカロリー制限食で、前回と今回であまり変えていません。

結果はチートデイ有りは59日間で5.2kg体重減少に対し、チートデイ無しが50日間で6.3kg減少し、減量期間が短くなり、減量幅は大きくなっています。チートデイを行うと翌日に体重が1.0-1.5kg増加し、翌々日にもとに戻り、その後は減ったり減らなかったりでした。一方でチートデイを止めた前回のダイット後半と、今回のダイエットはコンスタントに体重が減っています。

チートデイを入れても入れなくてもダイエットは可能ですが、私の場合は明らかにチートデイなしのほうが好結果を残すことができました。

ダイエット

結論:私の考えるチートデイの効果は?

チートデイは食べた分だけ停滞する

チートデイを取り入れると翌々日にもとの体重に戻ることが多く、チートデイを入れるたびにダイエットが2日間くらい停滞するように感じます。チートデイ終了後の減量ペースは、上がる時、下がる時、変わらない時と様々で、体の代謝が良くなったと体感することはできませんでした。

チートデイ後にもとの体重に戻るまで2日間くらい掛かり、チートデイ後にこのロスを取り戻す速度でダイエットが加速することはないというのが今回の私の結論です。

1日くらい爆食いしてもダイエットは失敗しない

チートデイ翌日には一時的に体重が1.0-1.5kg増加しますが、殆どは食べた食事自体の質量や水分だと思われ、一夜にして体脂肪が増えるわけではありません。体脂肪を減らすのに時間がかかりますが、増やすのにも時間がかかり、1日くらいの爆食いでは体脂肪はそれほど変わりません。

仮に欲求に負けて1日くらい爆食いしてしまっても、そこでダイエットが失敗するわけではないので、翌日から再び気持ちを切り替えてダイエットを続ければ問題ありません。また、食事や飲み会などなどに誘われても、チートデイだと思って楽しめばいいのかと思います。

精神的な意味でのチートデイは有効

私の場合は1日でも早くダイエットを終わらせたいので、積極的にチートデイを入れることはありません。しかし、この辺りの考え方は人それぞれで、その人にあった方法でダイエットを続ければいいのかと思います。特に長期間のダイエット甘いものを食べたくなる人は、あまり無理せずにチートデイを取り入れればいいのかと思います。仮にチートデイでダイエットの進行が数日遅くなったとしても、体にストレスを溜め込むよりは遥かにいいのかと思います。

私の場合はダイエットを何回かやっているうちに、チートデイなしでも苦痛をあまり感じなくなってきました。チートデイについては賛否両論でいいと思いますが、たまに爆食いするくらいでダイエットは失敗しないので、その人にあった方法で行えばいいのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康管理・ダイエット
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント