Twitterを始めました。よろしければフォローください。

ソイブッカオの新しい欧米人向けレストラン Chunky Monkey

ソイブッカオのTree Town前に新しいレストランがオープンしたので紹介します。Chunky Monkeyはイギリス系の欧米人向けのレストランだと思われ、メニューが豊富で値段もリーズナブルなので今後に期待が持てます。

2018年11月27日
ジャケットポテト(ボロネーゼ)とバンガーズ・アンド・マッシュの実食を追加。

Chunky Monkey

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Chunky Monkey

Chunky MonkeyソイブッカオのTree Town正面にあり、ソイ21(ソイPP)の交差点からすぐです。

Chunky Monkeyは欧米人向けのレストランで、サンデーローストやジャケットポテトがあることからイギリス系だと思います。店内は広く、エアコンの効いた屋内席と屋外席があります。もちろん店内はオープン直後のため、清潔できれいに保たれています。営業時間はGoogleマップには朝11時から23時までと書いてありますが、朝9時にはオープンしています。

Chunky Monkeyはいわゆるファラン飯屋で、欧米人の多いソイブッカオには同じようなお店が沢山あり、少し北側のCafe Pitiniがライバルになるのかと思います。

■店舗正面 屋外席Chunky Monkey

■プロモーション 右はサンデーディナーChunky Monkey

■店内1 広くてエアコンが良く効くChunky Monkey

■店内2 アルコールも豊富Chunky Monkey

メニュー

メニューは欧米人向けのレストランということで洋食が中心です。日替わりディッシュ、サンデーロースト、ステーキ、インディアンカレーはお店の看板メニューとして提供しているようです。メニューは洋食を中心に幅広く揃っていますが、イギリス系のレストランのように思います。価格は立地とエアコンの効いた店内であることを考慮すると、かなり安い方だと思います。また、ビールもシンハーの小瓶が55バーツ、大瓶が80バーツで、この界隈のほぼ最低価格です。

メニューはすべて写真付きで英語表記のみです。すべてのメニューの写真を掲載しておきますので、ご確認ください。個人的には10品くらい気になる料理があり、今後食べてみたいと思います。

■メニュー1 ステーキのプロモーションChunky Monkey

■メニュー2 表紙 パイがお勧め? Chunky Monkey

■メニュー3 サンデーディナーと日替わりメニュー Chunky Monkey

■メニュー4 ブレックファーストとアペタイザーChunky Monkey

■メニュー5 アペタイザー、サラダ、スープ Chunky Monkey

■メニュー6 スープ、ポテト、サンドイッチ Chunky Monkey

■メニュー7 メインディッシュ(洋食)Chunky Monkey

■メニュー8 メインディッシュ(洋食)Chunky Monkey

■メニュー9 メインディッシュ(洋食、タイ料理)Chunky Monkey

■メニュー10 メインディッシュ(タイ料理)Chunky Monkey

■メニュー11 魚料理?、ピザ Chunky Monkey

■メニュー12 デザートChunky Monkey

■メニュー13 ビールChunky Monkey

■メニュー14 アルコールChunky Monkey

■メニュー15 アルコール、ソフトドリンク Chunky Monkey

■メニュー16 ソフトドリンク Chunky Monkey

■メニュー17 インディアンカレーChunky Monkey

ローストビーフ 149バーツ

今回訪れたのは日曜日だったので、看板メニューのローストビーフをオーダーしました。イギリスにはサンデーローストと言う、日曜日にローストビーフを食べる習慣があるようです。飲み物はもちろんシンハーの大瓶で、会計は合わせて228バーツでした。

・ローストビーフ 149バーツ
・シンハー大瓶 79バーツ

オーダーして5分くらい待つとローストビーフが出来上がりました。ローストビーフは私のイメージと少し異なり、メニューの写真とも違います

ローストビーフを食べてみると、タイの牛肉を使用しているせいか肉が固く、正直あまり美味しくありません。脂身の少ない牛肉を使用して、中までしっかり火が通っていることも、肉が固くなった原因だと思います。ローストビーフにはソースがたくさん付いており、ビーフを薄くスライスしてたっぷりソースに浸して食べました。ローストビーフは200gくらいありそうで、標準的な量だと思います。

ローストビーフの付け合せは、ブロッコリー、人参、いんげん豆、ベークドポテト、マッシュポテトで少し変わった組み合わせです。野菜ばかりで味付けはほとんどされてないので、ローストビーフのソースか調味料セットを使用して、好みの味付けをして食べます。各野菜はどれも量がありお腹いっぱいになりますが、ベークドポテトとマッシュポテトのダブル炭水化物には注意が必要です。また、人参が茹で上がっておらず、に近い状態なのが残念でした。

総評ですが、ローストビーフについては少し期待外れで、次回オーダーすることはないと思います。しかし、他に美味しそうな料理が沢山あり値段も手頃なので、今後Chunky Monkeyにリピートする可能性は高いと思います。

■ローストビーフ サンデーディナーChunky Monkey

■調味料セット 毎度おなじみChunky Monkey

ジャケットポテト(ボロネーゼ) 149バーツ

日を改めて再訪し、ジャケットポテトを食べてみました。イギリスでは皮がついたままのベイクドポテトのことをジャケットポテトというようで、私も初めて食べてみました。

ジャケットポテトは4種類あり、マッシュルーム・ベーコンを頼んだら売り切れのため、ボロネーゼを食べてみました。会計はシンハーの大瓶と合わせて228バーツでした。

・ジャケットポテト(ボロネーゼ) 149バーツ
・シンハー大瓶 79バーツ

オーダーして5分ほどで出来上がりましたが、メニューの写真とはかなり違うようです。ポテトの上にボロネーゼソースが掛かっており、パルメザンチーズがトッピングされているようです。お世辞にもあまり美味しそうには見えないのですが、早速食べてみました。

中身が見えないので、フォークとナイフで割ってみると、底一面にポテトが敷かれており、その上にボロネーゼソースが掛かっています。いってみれば、ポテト版のボロネーゼ・パスタといったところです。

ボロネーゼソースはひき肉たっぷりで、お店で作ったソースだと思われます。また、トマトソースなのでパルメザンチーズとよく合います。ポテトですが、ベイクドポテトではなく、蒸しポテトに近いもので、歯ごたえがなく残念でした。オーブンでカリカリに焼き上げたベイクドポテトを期待していたのですが、電子レンジに近い調理法のようです。ポテトにボロネーゼソースで想像通りの味ですが、ポテトの食感が物足りないことが残念でした。

これがイギリスのジャケットポテトと同じかどうか分かりませんが、たぶんリピートはしないと思います。マッシュルーム・ベーコンのジャケットポテトも食べてみたいのですが、この食感のないポテトでは期待薄かなと思ってしまいます。

■ジャケットポテト(ボロネーゼ) よくわからない外観Chunky Monkey

■ジャケットポテト(ボロネーゼ) 割ってみるとポテト版のミートソースパスタChunky Monkey

バンガーズ・アンド・マッシュ 159バーツ

3回目の訪問ではバンガーズ・アンド・マッシュを食べてみました。こちらもイギリス料理でソーセージとマッシュポテトにグレービーソースが掛かっています。グレービーソースは肉汁の含まれたソースのことです。会計はシンハーの大瓶と合わせて238バーツでした。

・バンガーズ・アンド・マッシュ 159バーツ
・シンハー大瓶 79バーツ

しばらく待つと料理ができあがりましたが、こちらもソースが大量に掛かっており中身がよく分かりません。ナイフとフォークで解体すると、大量のマッシュポテトにソーセージが2本乗っており、その上にグレービーソースが掛かっていました。

ソーセージは臭みもなく、ジューシーで歯ごたえもあり、十分に美味しいソーセージです。グレービーソースも飴色に焼き上げた玉ねぎとよく合い、ソーセージとマッシュポテトによく合います。マッシュポテトの味はごく普通ですが、量が少し多すぎと行ったところです。タイで食べるソーセージとしては想像以上に美味しくグレービーソースもソーセージとマッシュポテトによく合い、満足できる一品でした。

バンガーズ・アンド・マッシュについては、機会があればリピートしてもいいかなと思うレベルでした。Chunky Monkeyにはまだ気になるメニューが数品あるので、再訪して食べてみようと思っています。シンハー大瓶が79バーツで、ソイブッカオ最強のファラン飯レストランのような気もしてきました。

■バンガーズ・アンド・マッシュ ソースでソーセージが埋もれるChunky Monkey

■バンガーズ・アンド・マッシュ ソーセージを掘り起こすChunky Monkey

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント