Twitterを始めました。よろしければフォローください。

美味しいビールを飲むために、パタヤでスポーツジムに加入しました

パタヤでスポーツジムに加入しましたのでレポートします。

パタヤに到着して一ヶ月近くなり、運動不足の解消と美味しいビールを飲むために思い切ってスポーツジムに加入してしまいた。本日は筋肉痛に悩まされながら記事を書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FITness7 パタヤ概要

まとめ

・会費は300バーツ/日、1,500バーツ/月、4,500バーツ/3ヶ月 + 100バーツ
・トレーニング機器は新しく、種類も豊富に揃っている
・タオルとロッカーキー(ダイアル錠など)、石鹸・シャンプーの持参は必要
・ムエタイジムと奥の部屋(2階の半分くらい)はエアコンが効いていない

場所

私の加入したスポーツジムはセカンドロード沿いのPATTAYA AvenueにあるFITness7という新しいスポーツジムです。ショッピングモールのテナントですので迷うことはないと思います。入り口は、スーパーマーケットの右奥の辺りです。ホームページによればバンコクを中心に5店舗を運営しています。

無料見学できますので、気になる方は内部を覗いてみましょう。困ることはあまりないと思いますが、スタッフはあまり英語を話せません。

リンクはこちらから:FITness7

トレーニング設備

1階にムエタイのリングが有り、2階がフィットネスジムになっています。2階のスペースはかなり広く、スポーツジムとしては大規模の部類に入ると思います。オープン直後だと思われ設備は新しく、24時間営業しています。

ムエタイはトレーナーがマンツーマンで指導していました。確認していませんので詳細は不明です。

トレーニング機器はどれも新しい欧州系のトレーニングマシンを使っており、一通りの設備は揃っています。トレーニングマシーン、ダンベル、バーベル、トレッドミル、エアロバイク、ストレッチエリアなど日本のスポーツジムと同様です。

スタジオ系(エアロビクス)のクラスはありませんが、同じ建物の3階にあるDance Factoryというところでやっているようです。FITness7の会員は1,200バーツ/月のプロモーション価格で利用できるようです。

残念だったのは、2階のメインホールは手前と奥に大きな2部屋に別れているのですが、奥の部屋はエアコンが効いてなく窓を開け扇風機を使用していました。エアコンのダクトは付いていたので運営は変わるかもしれません。手前の部屋も不快というほどではないのですが、もう少し空調を効かせてもいいのかと思います。平日の昼間ということも有り、利用客は20から30人程度でガラガラです。利用客はざっと欧米人7割、タイ人2割、その他1割くらいで、東洋人は見ませんでした。専門的に取り組んでいるボディービルダーもいますし、かなり真面目に取り組んでいる人が多かったです。

会費

会費は300バーツ/日、1,500バーツ/月、4,000バーツ/3ヶ月で、メンバーカードの発行に別途100バーツ必要です。1,500バーツ/月はパタヤの物価にしては少し高いかなとも感じましたが、様子見ということで1ヶ月のコースに加入しました。

メンバー加入と施設紹介

メンバー加入

1階と2階の入り口の2箇所にメンバーカードで開く、電子キー付きの扉があります。まず、1階の受付でメンバー加入したいとか見学したいと言って、鍵を開けてもらいます。入り口を入り、すぐ左側のエスカレーターで2階に向かいます。再びガラスの扉がありますが、ブザーを鳴らすかスタッフに身振りを示せば鍵を開けてくれます。

入ってすぐにカウンターが有りますのでメンバー加入したいと告げます。必要でしたら、先に施設を見学をさせてもらいましょう。

メンバー加入申込書を貰えますので、内容を記入しましょう。英語とタイ語で記載せれている申込用紙で、結構たくさんの記入事項がありました。記入内容には持病、緊急連絡先、トレーニングの目的などもありましたが、分からなければ適当か空欄でもいいと思います。その後写真を撮影して、会員証を発行してもらって完了です。入会案内には1ヶ月と書いてあったのですが、30日間使用できるようです。2月でしたので損した気分にならずにすみました。手続きは5分位で完了したと思います。

更衣室

更衣室は一階のムエタイリングの奥側にあります。使い勝手がいいとは思いませんが、なかなかおしゃれに作ってあります。ロッカーに鍵は付いていませんので、ダイアル錠や南京錠を持参して施錠します。

更衣室の奥にトイレとシャワールームがあります。シャワー室は狭く棚がないため、着替えを置くところがなく苦労しました。また、ボディーシャンプー、シャンプー類も備え付けられていませんので持参しましょう。このクラスのスポーツジムでしたら、タオルと合わせて準備してもらいたいものです。

トレーニングジム内部

トレーニングマシーンは殆どの種類が揃っています。欧米系のマシンですがどれも新しく問題ありません。

バーベル、ダンベルのフリーウェイトトレーニングもかなり充実しています。ポンド表示ですので、慣れるまでは注意が必要です。

有酸素運動系はトレッドミル(ランニングマシーン)やエアロバイクなどが揃っています。トレッドミルは大型のもので機能に問題はありませんが、台数をもう少し増やしてもらいたいです。

奥にはバランスボールやストレッチをするスペースもあります。スペースも広くスポーツジムとしては大型の部類に入り、トレーニング機器もかなり充実しています。

トレーニング機器についての不満はありませんが、奥の部屋は空調が効いておらないのが、最大の減点ポイントです。手前の空調付きの部屋だけでも施設は充実していますので、私は手前の部屋だけを利用しています。

参考 Tony’s Fitnessジム ソイブッカオ

Tony’s Fitnessはパタヤでは有名なスポーツジムのグループだそうです。ソイブッカオにもありますので見学に行ってきました。会費は一年間の長期契約コースが最もお得で、6,900バーツ/年です。

こちらは完全にエアコン無しで窓全開と扇風機です。価格は魅力でしたが、今後暑くなることや、気持ち良く運動できないと思い加入はやめました。トレーニング機器も古い型式のマシンが並んでおり、老朽化が目立っていました。機器は一通り揃っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツジム
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント