Twitterを始めました。よろしければフォローください。

タイで買った安物電気ケトルは今ひとつ 1年で買換

昨年コーヒーを飲むために安物の電気ケトルを買いましたが、品質に問題が有り買い直すハメになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電気ケトル購入

ペーパーフィルターでコーヒーをドリップするために、昨年秋にビッグCで安売りの電気ケトルを399バーツで購入しました。よく分からないメーカー製で、多分タイ製品だと思います。ブランド品の電気ケトルも売っていましたが1500バーツくらいするため、ローテク製品なので、価格の安いローカル製品で十分だと思って購入しました。

これまで1年弱使用していて、お湯は問題なく沸きますが、ポットの底にサビのようなものが固着するようになりました。何度かメラミンスポンジで清掃しましたが、すぐに再発してしまいます。ポットの材質がステンレスでなく、アルミかなにかの金属製で、腐食などに対する耐性が足りないようです。お湯を沸かすだけなら問題なく使えますが、身体への害が懸念されるため、新しい電気ケトルに買い替えました。多分、200杯くらいはコーヒーを飲んだので元は取ったと思いますが、「安物買いの・・・・・・・・」と行ったところでした。

新しい電気ケトルもビッグCで店員に進められて499バーツで購入しました。ポットは一応ステンレス製のようですが、使っているとどうも耐性がイマイチのように感じます。こんなことなら素直にブランド品を買っておけばよかったと思う次第です。

■電気ケトル 左が新 右が旧電気ケトル

■古い電気ケトル 底にサビのようなものが付着電気ケトル

■新しい電気ケトル 一応ステンレス製だが耐性はイマイチな様子電気ケトル

パタヤでいつまで暮らすのか分からいので、これまで現地で購入するものはすべて価格で選んでいました。また、50代になってモノに対する執着心がメッキリ少なったと感じる今日この頃です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パタヤ便利帳
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. サミー より:

    シェパード様

    はじめまして。
    サミーと申します。
    いつも楽しくブログ読ませていただいています。

    ケトルの画像を見る限り
    サビというよりも石灰分に見えます。
    本当にサビだったらごめんなさい。

    私は、以前イギリスに住んでいたことがあるのですが
    その時に使っていたケトルに同じような現象が現れていました。

    現地の人に聞いたのですが
    イギリスの水は石灰分が多くてケトルでお湯を沸かすと
    白い粉が浮いてくるのだとか。

    日本の水は軟水で石灰分は少ないので
    そのような成分は浮いて来ないようです。

    ただ硬水のミネラルウォーターだと同じような現象も現れるようです。

    タイの水(ミネラルウォーター)事情は詳しくないし、素人の知識なので
    的外れな情報かもしれませんが
    ご参考までに。

    これからも応援しています。
    頑張ってください。

    • Shepard より:

      サミー様

      いろいろと詳細な説明をいただき勉強になりました。
      ミネラルウォーターを使用していますが、ご指摘のように石灰分なのでしょうかね?
      新しいケトルではこれまで発生していないので、アルミ(?)と水の中の鉱石成分が化学反応を起こしたのでしょうか?
      お湯はコーヒーのペーパーフィルターを通して飲んでいるので、結晶がそのまま体内に入ることはないとは思いますが、気持ちのいいものではありませんでした。
      今後とも応援賜りますように、宜しくお願いします。