バンコクからパタヤへの行き方 バス

バンコクからパタヤへの行き方を、2018年度版としてお伝えします。今回紹介するのはバンコクのエカマイ・バスターミナルから、バスを利用してパタヤに移動する方法です。運賃は108バーツで頻繁に運行しているため、事前予約(予約不可)は不要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バスターミナル

まず始めにバンコクとパタヤのバスターミナルを紹介します。バンコクはエカマイとモチートのバスターミナルからパタヤ行きのバスが運行していますが、公共交通手段での移動を考えるとエカマイのバスターミナルをお勧めします。

バンコク エカマイ・バスターミナル

エカマイ・バスステーションは正式には東バスターミナルと呼ばれますが、当ブログでは便宜的にエカマイと表記させていただきます。場所はBTSのエカマイ駅(Ekkamai)で降りて徒歩1分の距離なので、バンコク中心部から簡単に行くことができます。

■エカマイ・バスターミナル 入口辺り

パタヤ ノース・パタヤ・バスターミナル

パタヤからバンコク行きのバスは、ノースパタヤのノース・パタヤ・バスターミナルから発着します。ジョムティエンビーチ方面にある、エアポートバスの乗り場とは異なりますのでご注意ください。バスターミナルの位置はパタヤ中心地からそれほど離れていないのですが、交通アクセスは少し不便な場所にあります。

パタヤ市内からソンテウでバスターミナルに行くには、セカンドロードとノースパタヤロードの交差点(ドルフィン・ロータリー)で乗り継いで行きます。セカンドロード沿いからなら20バーツ(10バーツ×2)で行けますが、ドルフィン・ロータリーからのソンテウの本数は少なくなります。バイタクで行くならソイブッカオからで80-100バーツが相場です。

バスターミナルからパタヤ市内に向かうにはいくつかの方法があります。バスターミナルの敷地内で客待ちしているのは、乗り合いソンテウ(50バーツ)、チャーター・ソンテウ(150バーツくらいから)、バイタク(100バーツ程度)です。少しでも安く済ませたいのであれば、バスターミナルを出て道を渡ったところから流しのソンテウ(本数少ない)に乗れば、ビーチロード沿いまで10バーツで行けます。

費用面を考えれば流しのソンテウが安いのですが、時間帯によっては利便性が悪いので私はバイタクを使ってしまうことが多いです。また、パタヤに拠点があれば、バスターミナルのビーチ側の駐車場(バイク:30バーツ/日)を利用するのが便利です。

■ノース・パタヤ・バスターミナル

バンコクからパタヤ

チケットの買い方

エカマイのバスステーションに向かって、右の一番手前がパタヤ行きにチケットカウンターです。カウンターに出発時刻が掲示されており、夜11頃まで頻繁に運行しています。運賃は108バーツで、希望すればモニターを見ながら座席の指定もできます。

バスは混雑状況により適時運行しており、10分から60分くらいの待ち時間で乗れることが多いです。なお、バスに予約システムはないので、乗れるバスに順番に乗っていきます。

■チケットカウンター 右側(一番手前)がパタヤ行き

■チケット(写真はバンコク行き) 48-11がバス番号 右側は英語表記あり

バスの乗り方

バス乗り場はチケット売り場から建物の後ろに抜けたところになります。一番手前の1番乗り場がパタヤ行きのバス乗り場です。表示はタイ語表記が主体で分かりにくいのですが、チケットにバスの車体番号が書いてあります。

バスが到着したら、チケットを係員に提示してバスに乗ります。また、大きな荷物を持っている場合は、荷物を預けて半券を貰います。シート番号は自分のシートの背もたれの裏に表示している番号になるので間違えないようにしましょう。

バスは途中1箇所で乗客を拾い、パタヤ近郊では何箇所か停車し、終点がノース・パタヤ・バスターミナルです。パタヤまでは120kmくらいの距離で、乗車時間は混雑状況により2時間半から3時間くらいです。

バス車内は極端な冷房(最近はだいぶ緩和?)が効いていることがあるので、寒さに苦手な方は長袖を持ち込むのがいいのかと思います。また、バスにはトイレ(たまに故障中)がついています。

■パタヤ行きバス乗り場 一番手前の1番乗り場

■出発時刻版 最近できたばかりで表示板の運用は流動的エカマイ バスターミナル

パタヤからバンコク

チケットの買い方

バスターミナルの中に向かって歩いて行き、左手のチケット売り場の一番手前がエカマイ行きのカウンターです。購入方法はエカマイ・バスターミナルと同様ですが、シート指定のモニターはありません。運行時間は朝の4時半から夕方11時までです。

■チケットカウンター 手前(道路側)の1番がエカマイ行き 隣がモチート行き

■運行時間 運行時刻は混雑状況により30分間隔程度

バスの乗り方

チケットカウンターから更に奥側に進み、左手の一番手前がエカマイ行きのバス乗り場です。乗車要領はエカマイ・バスステーションと同じです。なお、ノース・パタヤ・バスターミナルは3バーツの有料トイレになっています。

パタヤからエカマイのバスターミナルまでは2時間から2時間半くらい掛かることが多いです。バンコクの途中何箇所かで降車することができ、渋滞が激しければBTSのウドムスック(Udom Suk)駅で途中下車するのも選択肢です。

■待合室 一番右側がエカマイ行き乗り場 奥が有料トイレ

■時刻表 最近リニューアルされて見やすくなるパタヤ バスターミナル

■バス 右のバスがエカマイ行き 左がモチート行き

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント