Twitterを始めました。よろしければフォローください。

日本でデスクトップパソコンを購入→持ち帰り

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本でデスクトップパソコンを購入→持ち帰り

始めに

年末日本に一時帰国したときに、デスクトップパソコンを購入しパタヤに持ち帰りました。

これまでパタヤではノートパソコンに外付けのモニターを接続して使用していました。パソコンの速度には満足していましたが、24インチ2台のデュアルモニターの環境を構築することができませんでした。また、故障に備えて予備のパソコンも欲しいと思っていたので、新規デスクトップパソコンの購入を決意しました。

タイでパソコンを購入することもできますが、スペックが1世代前のものであったり、OSがインストールされておらず、価格は日本で購入するのと大差なくなります。いろいろ調べた結果、ハンドキャリーできるコンパクトサイズのパソコンを日本で購入し持ち帰りました。

リンクはこちらから:タイのパソコン事情について

選定条件

パソコンの選定に当たり、以下を選定条件にしました。

スペックでこだわったのはモニターを2台接続ができるのとSSD搭載でした。CPUやメモリーなどは現在売られているパソコンであれば、ほとんど問題ありません。グラフィックはアナログのVGA接続でなくデジタル接続にしたかったため、GPU搭載のパソコンが選択肢になります。また、ハードディスクは信頼性に劣り、速度も遅いため、SSD搭載品を探すことにしました。

海外で使用するため、電源の220V対応とハンドキャリーできるサイズは必須です。一部の国産メーカーのコンパクトパソコンは220V未対応品があり要注意です。小型のゲーミングパソコンも魅力的でしたが、価格が高く断念しました。

CPUCore™ i5以上
メモリー8GB以上
ストレージSSD内蔵
無線LAN5Ghz対応
モニターフルHD×2
電源220V対応
形状ハンドキャリー可能
価格10万円程度

HP Pavilion Wave 600

日本で流通しているパソコンを一通り調べた結果、HPのPavilion Wave 600を購入することにしました。コンパクトサイズながら、私の求めた機能は殆ど満たしております。

リンクはこちらから:HPのウェブサイトへ

小型筐体にスピーカーが内蔵されているのが特徴です。ディスプレイのインターフェースはHDMIとDisplay portを内蔵しており、フルHDモニターを2台接続できます。SSDはM.2の128GBで少し容量が少ないのですが、データーはクラウドストレージを利用するため実質的には問題ないと判断しました。

仕様はHPのダイレクトモデルの他に量販店モデルもあります。ヨドバシカメラモデルの方がコストパフォーマンスが良さそうでしたので、これを購入しました。値段は10%のポイント還元でほぼ同額になり、CPU性能とHDD容量が1スペック上位になります。

HP Pavilion Wave 600※.写真はHPウェブサイトより

ヨドバシモデルHPダイレクト
OSWindows 10 Home (64bit)Windows 10 Home (64bit)
CPUCore™ i7-7700TCore™ i5-7400T
メモリー8GB8GB
GPUAMD Radeon™ R9 m470AMD Radeon™ R9 m470
SSD128GB M.2128GB M.2 SSD
HDD2TB1TB
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/acIEEE 802.11a/b/g/n/ac
価格107,780円(ポイント10%)99,900円

ヨドバシカメラで購入

今回は在庫をヨドバシカメラの店舗に用意してもらい、店頭で受け取ることにしました。ヨドバシカメラのオンラインストアで在庫を確認すると名古屋店になかったため、電話で取り置きを依頼しました。約3週間前にパタヤからヨドバシカメラに電話し、名前と電話番号を告げるだけで簡単に手続きができました。送料などは無料で、キャンセルしても手数料は掛からないようです。

消費税の還付 失敗

オンラインでなくヨドバシカの実店舗で購入したのは、消費税の払い戻しを受けるのが目的でした。私は日本の非居住者なので、商品を海外に持ち出せば日本で消費税を支払う義務がありません。店舗で消費税還付の手続きをすれば、出国時に空港で8%の消費税の払い戻しを受けることができます。

ヨドバシカメラで消費税還付を申し入れるとパスポートがあれば可能とのことでした。しかし、消費税の還付を受けると、ヨドバシのポイントが付かなくなるとのことでした。つまり、8%の消費税を取り戻すために、10%のポイントを失うことになります。よって、今回は不本意ながら消費税の還付を受けることは断念しました。

このように日本の非居住者であれば、出国時に8%の消費税を取り戻すことができます。反対に日本の居住者がタイで買い物をした時には、7%のタイ消費税の還付を受けることができます。パスポートを持っていれば、VAT refundなどと書いてあるカウンターで消費税還付の手続きできます。

パソコンのレビューについては後日する予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
携帯・パソコン
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント