Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤ観光:サンクチュアリー・オブ・トゥルース 定番スポット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤ観光:サンクチュアリー・オブ・トゥルースへの行き方

サンクチュアリー・オブ・トゥルースはアジアのサグラダ・ファミリアとも呼ばれ、1981年の建造が開始されています。巨大な木造建築で現在も建設が続けられています。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース 行き方

場所はナクレア地区にあり、パタヤ中心部から6kmくらいの距離になります。セカンドロードから北に向かい、ドルフィン・ロータリーをまっすぐ抜けた先にあります。

交通の便はあまりよくなく、ソンテウは降車後に2kmくらい歩く必要がありますのでお勧めできません。タクシー、バイタク、ソンテウチャーター、レンタルバイク、レンタカーが主な交通手段になると思います。タクシーは交渉が必要でパタヤ中心部から200バーツ位(詳細不明)だと思います。受付にUberは利用地域外と貼り紙がしてありましたので、帰りのことを考えてタクシーやソンテウを待機させたほうがいいと思います。

私はレンタカーを借りて、グーグルマップの誘導に沿って到着しました。パタヤ中心部から15分くらいの距離で、駐車場は無料です。

リンクはこちらから:パタヤでレンタルバイクの借り方

リンクはこちらから:パタヤでレンタカーの借り方

■地図

サンクチュアリー・オブ・トゥルース 料金

基本入場料は少し高めの、大人500バーツです。タイの運転免許証による割引は不可でした。チケットカウンターで購入し、入場ステッカーを胸に貼ってもらいます。

他にもいくつかの有料のアトラクションがあります。

項目1項目2料金
入場料大人500バーツ
子供250バーツ
オプションスピードボート400バーツ
手こぎボート250バーツ
乗馬300バーツ
馬車250バーツ
4輪バギー300バーツ
ガン・シューティング200バーツから
象乗り400バーツ

■アトラクション料金サンクチュアリー・オブ・トゥルース

サンクチュアリー・オブ・トゥルース 観光

園内は少し広く、娯楽性の施設が沢山あります。順路に沿ってサンクチュアリー・オブ・トゥルースに向かいます。途中、馬、象、ヤギなどがおり、有料で餌付けできるようになっています。更に奥に進むとサンクチュアリー・オブ・トゥルースが見え、急な階段を降ります。階段を下りた先でヘルメットを貸してくれ、ヘルメットをかぶり、サンクチュアリー・オブ・トゥルースへ向かいます。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースは1981年から、タイの富豪によって建築を開始され、建設は今も続いております。高さ105m、幅100mの巨大な木造建設で、いたるところに彫刻が刻まれています。内部は現在も建設中で、多くの若い職人さんが彫刻をしております。高温多湿、潮風、大雨などにさらされて、既に老朽化も始まっていますので、今後の維持管理を少し心配する所です。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの後ろ側に着きますので、壁の彫刻を見ながら、ぐるりと半周して海側に正面サイドに向かいます。正面側からは、靴を履いたまま建物の中に入ることができます。内部では日本語の簡単な説明文を貸してくれました。中には木彫りのたくさんの仏像などがあり必見です。

■ミニ動物園サンクチュアリー・オブ・トゥルース

■象乗り バナナの餌やりは100バーツサンクチュアリー・オブ・トゥルース

■白馬サンクチュアリー・オブ・トゥルース

■ヤギ ミルクの餌やりは20バーツサンクチュアリー・オブ・トゥルース

■正面から 一部工事中サンクチュアリー・オブ・トゥルース

■屋根サンクチュアリー・オブ・トゥルース

■ナクルアビーチサンクチュアリー・オブ・トゥルース

■後ろ(海)側からサンクチュアリー・オブ・トゥルース

■木造彫刻1サンクチュアリー・オブ・トゥルース

■木造彫刻2サンクチュアリー・オブ・トゥルース

■彫刻中サンクチュアリー・オブ・トゥルース

サンクチュアリー・オブ・トゥルースは値段が高い(500バーツ)と言われることもありますが、独創的で見事な木造建築であることも事実です。パタヤに着たら一度は行ってみてもいいのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パタヤ便利帳
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント