パタヤの温泉スパ 湯の森でリラックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤの温泉スパ 湯の森でリラックス

本日はパタヤの温泉スパ、湯の森を紹介します。値段は少し高めですが、きれいで快適な設備で一日中リラックスして過ごすことができます。

温泉スパ 湯の森

湯の森は2016年秋にパタヤにオープンした日系資本のスパリゾートです。パタヤの他にバンコク、シンガポールにも進出しているようです。日本のサウナと同様に入浴以外にも、飲食、マッサージ、休憩などができます。2016年建設だけに施設は新しく、快適に過ごすことができます。

リンクはこちらから:湯の森ウェブサイトへ

パタヤ市内からは若干距離があり、ジョムティエンビーチ方面に行き、途中からビーチと反対側に曲がったところにあります。パタヤ中心部から約3kmの距離でバイクで10分位だと思います。ソンテウを乗り継いでも行けると思えますが、帰りに汗だくになると思いますのであまりお勧めできません。バイクかタクシーで行くのがベターだと思います。

■地図

■入り口1湯の森 パタヤ

■入り口2湯の森 パタヤ

入館・入場料

入場料は大人450バーツ、子供250バーツです。割引として、3,900バーツで10回の回数券や1年29,000バーツの年間会員などもあります。また、平日の火・水・木曜日の9:00から14:00までに限り、2名で450バーツの割引もあります。同性2名の利用でも問題ないようです。

タイマッサージは1時間で450バーツ、アロママッサージは90分で1,050バーツと少し高めの料金設定です。入浴とマッサージを組合せた、割引クーポンもあります。

館内に入ると右手にシューズロッカーがあり、靴を預けます。その後はフロントで入浴料を支払います。従業員はしっかり教育されており、英語でコミュニケーションは問題なくとれます。入場券とWiFiパスワードをもらい、受付は完了です。

■受付湯の森 パタヤ

■料金表 温泉450バーツ湯の森 パタヤ

■割引 2名で450バーツ 火・水・木曜日の9:00-14:00に限り有効湯の森 パタヤ

館内

館内は複数の建物で構成されており、1階がエントランス、2階が入浴設備、3階がレストラン、マッサージ、休憩施設です。

2階に上がると浴室の前にカウンターがあり、入場券を渡すとロッカーキーとタオルと館内着をもらえます。男湯・女湯の各脱衣場にロッカーがあります。再入浴の際にタオルを交換してもらうと、たしか50バーツを追加請求されたと思います。

入浴施設は日本とほぼ同様で、露天風呂、ジャグジー、水風呂、サウナなどがあります。どれも施設が新しいため気持ちよく入浴することができます。少し、お湯の温度が熱すぎるように感じましたが、半年ぶりに気持ちよくバスタブに浸かり、気持ちよかったです。日中炎天下の露天風呂が暑かったのは愛嬌だと思っております。

入浴のあとは、3階に向かい、レストラン、マッサージ、休養室でリラックスしましょう。若干値段は高くなりますが、施設利用料が含まれていると思えば、納得できる価格の範囲です。マッサージやレストランの料金はロッカーキーで支払いでき、退館時にフロントで精算します。WiFiは入館時に発行してもらった、24時間有効のワンタイムパスワードで利用できます。

館内の利用が終わったら、フロントで館内利用料金の精算して、シューズロッカーのキーを受取り完了です。

私が行った時は平日の昼過ぎでしたが、チラホラの客で混雑感はありませんでした。客層は日本人、韓国人、中国人らしき人とタイ人がおりました。

値段が少し高いため、頻繁に行くことはないと思いますが、たまに気分転換に利用してもいいのかと思いました。値段はキレイな施設利用料に見合ったもので、不当に高い金額ではないと思います。ツーリストの方で昼間やることがやることがなく困ったら、湯の森に行くのもお勧めかもしれません。

■温泉入り口 タオルと館内着を貸してくれます湯の森 パタヤ

■温泉入口湯の森 パタヤ

 

■ドリンクバーのカウンター湯の森 パタヤ

■休憩室湯の森 パタヤ

■マッサージの受付湯の森 パタヤ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. param より:

    いつも有意義な情報、楽しく拝見しています。
    ここの湯船は日本のように裸で入るのですか?それとも下着着用ですか?

    • Shepard より:

      param様

      コメントいただきありがとうとざいます。

      私はもちろん裸で入っています。
      タイではあまり裸で入浴する習慣がないせいか、水着着用の方と半々くらいだったかと思います。
      館内着と一緒に水着らしきものを貸してくれたかと思います。

  2. param より:

    どちらでもいいということですか、タイらしいですね。
    私も夏場は北海道、冬はパタヤで過ごしたいと思っていますが、早くても2年後ですね。
    それまでパタヤは待ってくれるでしょうが、私の気力・体力が、、、

    • Shepard より:

      param様
      管理人のシェパードです。

      全裸でも少し控えめに入浴すれば、まったく問題ないかと思います。

      1年中パタヤにいると生活がグウタラするので、複数の場所で生活することは私も憧れます。
      と思いつつも最近パタヤで荷物が多くなってきて、移動が困難になっています。
      気力、体力、そして健康には十分にご留意ください。