Twitterを始めました。よろしければフォローください。

パタヤの歯医者で歯石除去 800バーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パタヤの歯医者で歯石除去 800バーツ

パタヤのデンタルクリニックで歯石除去をしてきましたので、その時の様子をお知らせします。

デンタルハリウッド(Dental Hollywood)

今回、治療を受けた歯医者は、ソイレンキーのデンタルハリウッドです。歯石除去だけですので、特に評判などは確かめずに、近くの歯医者に決めました。パタヤに歯科医はたくさんあるので、すぐに見つかると思います。


歯医者 パタヤ

歯石除去に関する英語

医学用語は専門用語が多いので、簡単に英単語をチェックしていくようにしています。普段使用しない分野の英語なので、いきなりでは英文が出てきません。

歯石は英語で「Tartar」と言う、専用の英単語があるみたいです。歯石除去は「remove」、「scaling」などと組み合わせますが、一般的な「cleaning」でも通用します。フルセンテンスでは「I’d like to have teeth cleaned.」くらいで問題ないと思います。

予約

パタヤの歯医者は勝手が分からいので、まずは訪問して歯石を取りたいことを告げました。受付けで予約が必要と告げられ、明日ならキャンセルされたスロットがあると言われました。予約時間を確認して名前をメモ用紙に書いて、予約完了しました。保険適用外の自費治療なので、保険証やパスポートなどは必要ありませんでした。

値段を確認すつと歯石除去は500から800バーツで、歯石の付き方によって値段が異なるようです。表の看板と同価格なので明朗会計のようです。

初日は予約のみでしたがそこそこ繁盛しているようで、ガラガラの歯科よりは少しは安心しました。

歯医者 パタヤ

治療

翌日予約時間に歯科に行きました。受付けでしばらく待つように伝えられ、5分後くらいすると治療室に入るように促されました。

歯科の治療設備はパット見ですが日本と遜色ないように感じました。30歳位の男性歯科医と女性のアシスタントで対応してくれました。歯科医に「Teeth cleaning」とだけ伝えると、歯石除去は始まりました。

歯石除去は日本と同じ要領でバキュームクリーナーで吸いながら行っていきます。歯石を取った後にクレンザーでポリッシングして完了です。ただし、デンタルフロスによる歯間のクリーニングはありませんでした。

20分くらいで歯石除去が完了し、カルテには800バーツと書き込まれていました。その後は受付で支払いをして歯石除去は完了で、次回は6ヶ月後に来るのがお勧めと行っていました。

パタヤで始めて歯石除去をしましたが、ほぼ日本と同様の手順で問題なく終了しました。少し、歯石除去が荒く感じましたが、大きな痛みはありませんでした。少し驚いたのは、歯石除去からポリッシングまでノンストップで進み、少しアゴが疲れました。歯石除去くらいなら大きな違いはないと思いますが、次回は他の歯医者を探してみようかとも思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント