バンコクにドンキホーテが初オープン 開店初日に行ってきた

2019年2月22日にバンコクにドンキホーテが初出店し、早速オープン初日に行ってきました。

ドンキホーテ バンコク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクセス

ドンキホーテの場所はスクムビット通りから少し奥に入っていますが、日本人が多く住んでいるトンロー地区ににあります。最寄りの駅はBTSのエカマイ駅で、スクムビット通りのソイ63を1.2kmくらい進んだところの左手にあります。

私は夕方の時間帯でバイタクに乗れずエカマイ駅から歩きましたが、15分くらいで着きました。タクシーなら50バーツ、バイタクなら20バーツくらいでいけるのかと思います。

店舗とオープンニングの様子

ドンキホーテは5階建ての建物で、ショッピングエリア以外にも多数の日系テナントが入居しております。私が行ったときはオープン初日でかなり混雑しており、1階入り口は入場制限(エスカレーターに乗ればフリーで入れる)を行っているほどでした。

1階と2階の半分くらいのスペースにドンキホーテのショッピングエリアがあり、他のスペースは様々なテナントが入っています。現在は3階までしかテナントが入居おらず、タイでよくあるプレオープンといったところです。オープン初日はテナントに入っていない4階で、オープニングイベントを行っていました。

■ドンキホーテ ソイ63側からドンキホーテ

■店舗正面 5階建てでそこそこ大きなビルドンキホーテ

■入場制限中 長蛇の列ドンキホーテ

■正面の様子 エスカレータに乗れば入場制限を回避可能ドンキホーテ

■日系のテナントドンキホーテ

■グランドオープニングドンキホーテ

■オープニングイベントドンキホーテ

ドンキホーテ

ドンキホーテがのショッピングエリアですが、基本的には日本と同じ陳列スタイルです。商品は日本語のラベルのついているものがほとんどで、バンコクでここでしか売っていない日本の商品がかなりあるようでした。

また、食品コーナーは日本の食材が充実しており、美味しそうなお惣菜、海鮮、肉などが並んでいました。日本の食品コーナーはかなり力を入れているようで、伊勢丹やフジスーパーの強力なライバルになりそうです。

■肉コーナー 和牛もありドンキホーテ

■海鮮コーナー 刺し身をつまみに一杯飲みたいドンキホーテ

■お惣菜コーナー 美味しそうな惣菜がたくさんありドンキホーテ

■レジ 長蛇の列で改善を求む ← 日本のドンキホーテも同様ドンキホーテ

バンコクに初オープンしたドンキホーテですが、日本に特化した特徴的なショップで今後の発展に期待がもてます。バンコクでここでしか売っていない日本のものがかなりあるようなので、日本の商品をお探しの際にはチェックすべきだと思います。また、日本の食材コーナーもかなり充実しているので、お近くの方は行かれてみたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント