50代でオンライン英会話を5年やったら、英語力が上達するのか?

最近、5年以上続けてきたオンライン英会話を辞めました。現在私は50代前半ですが、どのくらい英語が上達したか振り返ってみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もともとの英語力

社会人時代に英語力はほとんどなく、TOEICで200点台を連発していたので、相当酷いものでした。30代後半からは中国語の勉強をずっと行っていましたが、中国から香港に転勤になり、45歳くらいから必要に迫られて英語の勉強を始めました。

英語の勉強は香港から帰国後も独学で続けてきて現在に至っています。始めは初級者向けの本を読んだり、単語を覚えたり、NHK(テレビ・ラジオ)の語学番組で学習していましたが、ある程度基礎力が身についた段階でオンライン英会話を始めました。

オンライン英会話

オンライン英会話は2013年10月から始め、25分のコースを1日2回行ってきました。フィリピンの英会話会社でフィリピン人の講師がマンツーマンでレッスンをしてくれます。オンライン英会話は旅行などの期間を除いてほぼ毎日レッスンを受けてきて、全部で3千回以上のクラスを受講しました。

始めの3ヶ月位は発音を教えてもらい、日本語では同じ発音の「R-L」、「V-B」、「S-SH」の違いがなんとなく分かるようになりました。いまでもはっきりと違いがよく分かりませんが、先生に聞くとそれなりの区別した発音はできているようです。

発音のレッスンが終了すると時事のニュースをお題にしてレッスンを受けてきました。毎回興味のある英語のニュースを準備をして音読し、その後フリートークで会話の練習をしていました。シドロモドロでもマンツーマンで毎日レッスン繰り返していると、なんとなく会話のリズムが身についてきました。いまだに文法などや品詞の使い方などはデタラメですが、質問をしたり言いたいことを伝えることは少しずつできるようになってきました。また、毎日英語のニュースを読んできたので、読解力も上がり辞書なしでもニュースの大意はつかめるようになりました。

一方で、フィリピンのオンライン英会話は、文法よりも会話重視なので文法はあまり上達していません。また、ヒアリングやスピーキングについても年齢的なこともあるせいか、思ったよりも上達しませんでした。現在は惰性で毎日やっているだけで、あまり進歩が感じられなくなったので、退会をしています。

現在の英語力

40代後半から英語学習を始めた私ですが、現在はタイのパタヤで英語のみで生活しています。しかし、身振り手振りを総動員しての結果で、スムーズな会話には程遠い内容です。タイではタイ人にも英語力の問題があるので、フルセンテンスの文よりも単語を連発して短い文で会話するようにしています。ちなみに、映画やネイティブの話す早口の英語は、いまでもあまり聞き取れません。

会話以外の部分では英語で書かれた注意書きや看板はだいたい理解できます。英文のウェブサイトはそのまま読んだり、Google翻訳を使用したりしてして、時間は掛かりますが80%くらいは理解できていると思います。また、メールやSNSも時間は掛かりますが、それなりに書くことはできます。語彙力はWeblioのサイトで語彙力診断すると、1万語を少し超えたくらいです。語彙力は1万から1万5千語くらいあると、ノンネイティブとしてある程度英語を話せる人と言われるようなので、あと一歩といったところです。

40代後半からゼロから英語学習を始め、なんとか最低レベルの英語力には到達できたのかと思います。一方で、始めに思い抱いていたレベルには程遠のも現実で、この辺りは年齢的なことも一因にあるのかと思います。しかしながら私の不自由な英語でも、日常生活に役立っているので、ここまで諦めずにやってきてよかったと思っています。

ちなみに海外に住んでいれば語学が上達するというのは子供か上級者のみなので、幻想は捨ててコツコツ勉強するのがいいのかと思います。また、語学は若ければ若いほど上達するので、思い立ったらすぐに始めるのがいいと思います。(年を取っても諦めないでください。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント