バンコク・スワンナプーム空港からパタヤへの行き方

バンコク・スワンナプーム空港からパタヤへの行き方を2018年度版としてお伝えします。

スワンナプーム空港ーパタヤのアクセスの方法

バンコクのスワンナプーム国際空港とパタヤのアクセスは、以下の4種類になるかと思います。今回はもっともリーズナブルなエアポートバスを利用する方法を紹介します。

1.エアポートバス(公共バス)  120バーツ
2.ベルトラベル社のエアポートバス(予約制) 250バーツ(ホテルまで送迎込み)
3.タクシー 1,500バーツ程度
4.バンコク経由

ベルトラベル社のバスはパタヤのホテルまでの送迎を含んでいるので、初めての場合や大きな荷物がある時はお勧めです。また、タクシーでも1500バーツ程度で行けるので、旅行日程が限られているツーリストには悪くない選択肢だと思います。

リンクはこちらから:ベルトラベル社(Sheared Transferのページ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港からパタヤ

バス乗り場とチケット購入

エアポートバス乗り場はレベル1のゲート8の横にあり、到着フロアーから1階下に降り、左に曲がった突き当りにエアポートバスのチケットカウンターがあります。

空港からパタヤは7時から22時まで1時間間隔の運行ですが、混み具合により臨時バスが発車するので乗れないことはありません。バスチケットの購入にパスポート提示は不要で、120バーツです。バスの待ち時間は、15分から60分くらい(たまに2時間待ち)で乗れることが多いです。

■エアポートバス乗り場 一階下に降りて8番ゲートを目指すエアーポートバス

■チケットカウンター 120バーツ・予約不要

■運行時刻表 上がパタヤ行き 下は空港行き 1時間間隔で運行

■チケット 120バーツ 座席番号は26エアーポートバス

バス乗車

バスの乗車場所は少し分かりにくいのですが、出発の少し前に8番ゲートの前で待っていると係員がバスまで呼びに来てくれます。看板表示はなく分かりにくいアナウンスなので、他の乗客についていくのがいいのかと思います。バスの乗車場所は8番ゲートから外に出て、道路を1本渡り、左に30mくらい行ったところにパタヤ行きのバスが停車しています。

バスへの乗車は荷物があれば係員に荷物を預け、引換票をもらいます。その後はバスチケットを提示し、バスに乗り、指定されたシートに座ります。パタヤのバス・ステーションまでは130kmくらいの距離で、2時間半くらいで到着します。車内は以前に比べると、極端に寒いということはなくなりましたが、心配な方は長袖を持ち込むことをお勧めします。

■パタヤ行きバス バス停の看板なしエアーポートバス

■荷物の引換票 荷物と引き換えにもらうエアーポートバス

バス降車

エアポートバスはテップラヤロードのバス・ステーションまで行きますが、途中のバス停でも停車できます。どこで降りればいいのか迷うのですが、セントラルパタヤロードか終点のバスターミナルで降車するのが分かりやすいのかと思います。

最短でパタヤ中心地に到着するのがセントラルパタヤロード降車ですが、降車後に乗り合いソンテウが走っていないことが難点です。降車所に待機している、バイタクか乗り合いソンテウに乗れば100バーツ(少し割高)でホテルまで連れて行ってくれると思います。また、道路を歩いて渡ってセントラルパタヤロードからバイタクに乗れば、60バーツでソイブッカオまで行けると思います。ちなみみ、中型のキャリーケースなら、不安定ながらバイタクでも移動できます。

一方で時間は掛かりますが格安でパタヤに移動するには、終点のバスターミナルまで行ってしまうのがいいのかと思います。バスを降りて、大通りを渡るとソンテウ乗り場があり、10バーツでパタヤ中心地まで行くことができます。パタヤのセカンドロードを走るソンテウ(貸し切り以外はどれでも可)が頻繁に走っており、手を挙げれば止まってくれます。20分くらいソンテウに乗ればセカンドロードに出るので、好きなとこでブザーを鳴らしてソンテウから降りて、徒歩かバイタクでホテルに向かいます。

両方法ともに土地勘がないと少し難しいと思うので、始めてであれば空港でSIMカードを買ってスマホで現在地を確認行くことをお勧めします。なお、終点のバスターミナルまで行くと40分くらいホテル(ソイブッカオ)への到着が遅くなると思います。

■バスの停留所 実際の停留所は微妙に変わる

パタヤからスワンナプーム空港

バス・ステーション テップラヤロード

パタヤのエアポートバス乗り場はジョムティエンビーチに行く途中の、テップラヤロード沿いにあります。ツーリストには馴染みのない場所かもしれませんが、ソンテウかバイタクで簡単に行くことができます。

乗り合いソンテウで行くには、セカンドロードとサウスパタヤロードの交差点がソンテウの出発場所になります。運賃は10バーツで乗客が集まり次第発車します。バスターミナルには20分くらいで到着しますが降車場所が分からなければ、乗る時に運転手に伝えておけば降ろしてくれます。

バイタクで行くの出れば、パタヤ中心地から100バーツが相場だと思います。正式名称とは違いますが、ジョムティエン・バスステーション・エアポートなどと言えば理解してくれると思います。

■バスターミナル地図 ジョムティエンビーチ行きの途中で降車

■ソンテウ乗り場地図 交差点の30m位先に客待ちソンテウ多数

■バス・ステーション 大通り沿いだが停車場所が少し分かりくいエアーポートバス

■バス・ステーション 停車中のエアポートバスが目印

■バス・ステーション 中にチケットカウンターと待合室

チケット購入

チケット購入もできますが、可能であれば事前に購入することをお勧めします。混雑に応じて臨時バスが出ており、当日購入でもほとんど問題ないと思いますが、たまに満員で1本後のバスに回されることがあります。当日購入の場合は、バスに1本乗り遅れても飛行機に間に合う時間にするか、最終手段としてタクシーに乗る覚悟は持っていたほうがいいと思います。

エアポートバスは7時から21時まで1時間間隔で出発しており、チケットの価格は120バーツで、前売りチケットは3日前から購入できます。パタヤ滞在中にレンタルバイクを借りるのであれば、その時に下見を兼ねて前売りチケットを購入することをお勧めします。

リンクはこちらから:パタヤエアポートバスのウェブサイトへ

■チケットカウンター 朝7時が次の発車時間

■前売りチケットの案内 3日前から購入可能エアーポートバス

■前売りチケット 払い戻し不可のスタンプ

バス乗車

定刻になったら、往路と同じ要領でバスに乗り乗り込みます。空港行きのバスは自由席なので好きなシートに座れば問題ありません。空港まではノンストップでよほどのことがない限り、2時間弱で到着します

■旅程 約130km ほとんど渋滞なし

参考:ベルトラベル社のバス送迎サービス

ベルトラベル社のバスもパタヤと空港間の便利な移動方法で、特に大きな荷物がある場合や土地勘のない場合には第1候補にしてもいいと思います。価格は250バーツでエアポートバスの倍以上しますが、ワゴン車でホテルへの送迎込みなのでそれほど割高ではありません。

ベルトラベルのバスは原則予約が必要のため、飛行機の遅延リスクを考えると、空港からパタヤは普通のエアポートバスの方が利便性が高いと思います。帰路については、ホテルまで迎えに来てくれるので、ベルトラベルのサービスも利用価値(特に大雨時)は高いです。

ベルトラベルのバスはオンラインか、直接オフィスで予約することができます。オフィスはノースパタヤバスターミナル(バンコク行きのバスターミナル)内の中央右手辺りにあります。

リンクはこちらから:ベルトラベル社のウェブサイトへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
交通手段
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント