Twitterを始めました。よろしければフォローください。

つれづれ放牧記64 毎週土曜日はパタヤ雑感記を書いています

本日は土曜日なのでいつものようにつれづれな話題をブログに書いていこうと思います。お時間のある方は最後までお付き合いください。

日本ではゴールデン・ウィークの終盤を迎えており、そろそろ現実回帰が頭によぎる頃かと思います。私もこのような習慣を勤め人として30年近く続けて来ており、長期連休最終盤の憂鬱な時期を懐かしく思います。今週のパタヤは前半は雨がよく振りましたが後半から持ち直し、まずまずの連休になったのかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

怒:バイクがペンキまみれに

思い出すだけで腹立たしい出来事なのですが、バイクがペンキまみれになってしまいました。ショッピングモールの駐輪場に停めておいたら、付近の鉄柱にペンキが塗られており、その時のペンキがバイクに飛散したものと思われます。赤色のペンキの飛沫が数十箇所、私のバイクに降り掛かっていました。気づいたときにはペンキ業者はおらず、泣き寝入りの状態でした。

幸いにもペンキは塗りたてのため、ガソリンで拭いて除去できたのですが、シートなどは落ちにくく苦労しました。タイのペンキ塗布は日本のように養生を行わないようで、思わぬところから流れ弾が飛んできますので皆様もご注意ください。

日本行きのエアチケットを予約

6月末の日本行きのエアチケットを予約しました。ベトナム航空のハノイ経由で10,765バーツでした。オフシーズンとはいえ4万円以下でレガシーキャリアのチケットを予約でき満足しています。ちなみに昨年は8月末に8,365THBで予約しているので、燃料サーチャージのせいか少し値上がりしているようです。

ハノイ空港はプライオリティーパス・ラウンジが使えないため、今回はホーチミン空港経由を予約しようと思っていました。しかし、あとで予約を確認するとなぜかハノイ経由を予約しており、自分の勘違いに気づいた次第です。予約時にかなりボケていたようで、自分のアホさ加減に失望しています。

エアチケット

ダイエット

現在2回目のダイエットに取り組んでおり、ほぼ6週間を経過しました。先週末からは0.1kgの体重減少に留まり、停滞期気味の1週間でした。ダイエット方法は間違っていないと思うのですが、モチベーションの低下に繋がります。

先週は食事の内容を見直し、1日の摂取カロリーを約100kcal減らしました。パスタの麺の量を減らし、代わりに同じ分量のブロッコリーとしめじを食べるようにしました。ダイエット開始当初よりだいぶ代謝が落ちていると思われ、食事の見直しにより再び体重減少が加速することを期待しています。

体型はだいぶスリムになりましたが、お腹周りの皮下脂肪が思うように落ちてくれずに苦しんでおります。少し停滞していますが予定の範疇ですので、焦らずにこのままダイエットを続けたいと思います。ダイエット期間中は引きこもりが続いており、あまりブログの更新ができておらずお詫びいたします。

 日付体重減少ウエスト
3/2569.6kg88cm
3/3167.4kg-2.2kg86cm
4/767.1kg-2.5kg86cm
4/1466.6kg-3.0kg85cm
4/2166.1kg-3.5kg83cm
4/2864.8kg-4.8kg82cm
5/564.7kg-4.9kg82cm
目標64.0kg-5.6kg82cm

ダイエット

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。今後ともブログの応援をよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
つれづれ放牧記
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント

  1. みき より:

    シェパードさんはじめまして。
    初コメントになります。

    いつも楽しく為になるブログありがとうございます。
    私は年に3回ほどパタヤ旅行に行っており
    1回の滞在は大体、2週間~3週間くらいです。
    バンコクにはないパタヤ独特の雰囲気に魅力されて5年くらいになります。

    私は現在アラフィフでいつかパタヤ移住したいと考えておりシェパードさんのプログを興味津々と読ませて頂いております。

    ダイエット大変そうですが、どうぞ御自愛ください。
    これからもブログ楽しみにしてます。

    長々と失礼しました。

    • Shepard より:

      みき様
      コメントいただきありがとうございます。

      私も以前はバンコクに通い詰めていましたが、移住の場所としてはパタヤを選びました。
      パタヤは小さな街ですが、移住先としてはバンコクより良かったと思っています。

      ブログを読んでいただいている人のなかに、意外に将来の海外移住を考えている人が多いように感じます。
      どうせ一度しかない人生ですので、お互い悔いのない日々を過ごしましょう。

      今後とも応援をよろしくお願いします。