ハードロックカフェ・パタヤでビッグハンバーガー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハードロックカフェ・パタヤでビッグハンバーガー

本日はパタヤにあるハードロックカフェの紹介をします。

ハードロックカフェ パタヤ 行き方

ハードロックカフェは大きなハンバーガーで有名なアメリカンレストランです。世界中に120店舗以上を展開しており、日本にも6店舗展開しています。

リンクはこちらから:ハードロックカフェ日本ウェブサイトへ

パタヤのハードロックカフェはハードロックホテルの敷地内にあり、2001年にオープンしました。ビーチロード沿いでソンテウで簡単に行くことができます。少し頑張ればパタヤ中心地から徒歩でも行くことができます。営業時間は昼の12時から深夜1時で、金・土曜日は深夜2時までオープンしています。

日によって夜9時頃からライブ演奏が始まりバーの雰囲気になりますが、それまでは普通のレストランで食事をゆっくり楽します。(静かです)レストランの隣ではハードロックカフェの各種グッズを売っています。

■地図

■店舗正面ハードロックカフェ パタヤ

■店舗正面ハードロックカフェ パタヤ

■店内ハードロックカフェ パタヤ

ハードロックカフェ パタヤ 食事

メニューは典型的なアメリカンメニューで、サイズもアメリカンサイズです。値段は少し高目ですが、激高というほどでもありません。

リンクはこちらから:ハードロックカフェパタヤのメニューウェブサイトへ

今回は3人で行ったのですが、初めにアペタイザーとしてジャンボコンボとハイネケンのピッチャービールを頼みました。値段はうろ覚えですがジャンボコンボが800バーツくらいだったと思います。

いつものようにビールを片手にジャンボコンボをつまんで、長いパタヤの夜が始まります。中央にあるホウレンソウのパルメザンチーズのディッピングソースがとても美味しかったです。他にもチキンウィングやオニオンリングなどがありますが、至って普通のジャンクフードです。量はかなり沢山あります。

私はスターターのジャンボコンボだけでお腹いっぱいになりましたが、日本から来ている友人は名物のハンバーガーに挑戦しました。ハンバーガーは500バーツくらいからで、クラブサンドイッチは300バーツくらいだったと思います。

ハンバーガーの名前は忘れましたが、ブルーチーズが入っていると言っていたように思います。写真では分かりにくいのですが、ハンバーガーのパテが厚く、見たまんまのアメリカンバーガーです。脂っこいジャンボコンボを食べた後ですので、食べるのを見ているだけで少し気持ち悪くなるくらいです。

既にお腹一杯の私はもうひとりの友人とクラブサンドイッチをシェアしました。中身はスライスしたチキンが何層にも重ねてあり、こちらもボリューム満点で、ヘルシーなクラブサンドイッチといった概念はないようです。

会計は全部でハイネケンのピッチャーを3杯飲んで、3,000バーツ強だったと思います。少し値段は高めですが、たまにはビーチリゾートでコテコテのアメリカンフードも楽しいのかと思います。

■ジャンボコンボハードロックカフェ パタヤ

■ハンバーガー ブルーチーズのハンバーガーでメニューになしハードロックカフェ パタヤ

■クラッシック・クラブサンドイッチハードロックカフェ パタヤ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Shepardをフォローする
シェパードの東南アジア放牧記 from パタヤ

コメント