ジョムティエンビーチ JTナイトマーケットは毎日開催

ジョムティエンビーチ JTナイトマーケットは毎日開催

バイクでジョムティエンビーチを走っっていたら、ナイトマーケットを見つけましたの写真でレポートします。

行き方

場所はジョムティエンロードのソイ9の少し手前です。パタヤからはジョムティエンビーチの海沿いの道にでてから、約1.1kmの距離です。パタヤからはセカンドロードとサウスパタヤロードの交差点で客待ちしているソンテウで10バーツで行けます。時間は道路状況にもよりますが、20分くらいだと思います。帰りはナイトマーケットの前から流しのソンテウを拾えば、10バーツでパタヤ中心地まで帰ってこれます。ジョムティエンビーチ行きのソンテウは頻繁に走っておりますので、パタヤから簡単に行くことができます。

JTナイトマーケット

あまり大きくはないのですが風車が目印になります。パタヤから行くと左手に見えます。広さはグーグルマップで測定すると、60m×160mくらいです。飲食物から衣類までいろいろな屋台がでております。

ナイトマーケットは毎日開かれているようで、開催時間は夕方から10時から11時ごろまでのようです。ビーチ沿いの夜間ですので、比較的涼しく過ごせるのかと思います。

ジョムティエンビーチは観光スポットのため、意外に物価が高いのですが、ナイトマーケットはパタヤの露天よりは安いように感じました。テーブル席がありますので、食べ物と飲み物を買って食べることができます。ステージもありましたので、日によってはショーが開かれるのだと思います。

私はバイクのため、残念ながらビールを飲むことができませんでしたが、屋台の食べ物はビールのつまみには事欠かないと思います。

■風車が目印のJTナイトマーケット 風車は中サイズです

■ナイトマーケットの様子 よくある露店群です

■道沿いの飲食テーブル もちろん無料です

■飲食テーブル前のミニステージ

■ナイトマーケット隣りのシーフードレストラン群

■ビーチバレーのコート 道を挟んで真ん前です 小規模ながら観客席もあります

■子供の遊技場  ビーチバレーのコートの隣です

■フルーツジュース ビーチで飲むのもお勧めです

屋台各種

■フルーツジュース 25バーツ ジューサーでジュースにしてくれます

■イカ焼き 20バーツから 安くて美味しそうなイカ バイクのためイカをつまみにビールを飲めなかったのが心残り

■焼き鳥 10バーツ タイで一般的な焼き鳥でビールが飲みたくなります

■BBQ串焼き 20バーツ 私は焼き鳥より、こちらのBBQのほうが好きです

■ソーセージ 10バーツから タイソーセージのため味にクセあり

■エビフライ 40バーツ エビフライは日本とそっくりです

■洋食系スナック 50バーツから いわゆるジャンクフード

■チキンピラフ 20バーツ ロシア語の値札なのでロシア人が多いのだと思います

■チキンケバブ 60バーツ ソイブッカオと同じ値段です

■ハンバーガー 60バーツから フライドポテトやホットドッグもあります

■寿司 10バーツ 寿司屋台はしっかりタイに認知されています

■ドーナツ 値段不明 デザートに甘いものでもいかがでしょうか

スポンサーリンク

シェアする

フォローする